鵞鳥とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > > 鵞鳥の意味・解説 

が‐ちょう〔‐テウ〕【×鵝鳥】

読み方:がちょう

ガン飼いならしてつくられ家禽(かきん)。中国系はサカツラガン原種で、代表的品種シナガチョウがあり、白色褐色で、くちばしの上にこぶをもつ。ヨーロッパ系ハイイロガン原種で、白色エムデン褐色トゥールーズなどの品種がある。食用愛玩用とする。

鵝鳥の画像
撮影おくやま ひさし
鵝鳥の画像
撮影朝倉秀之
「鵝鳥」に似た言葉

鵞鳥

読み方:ガチョウ(gachou)

目の家禽


がちょう 【鵞鳥】

カモ目家禽ヨーロッパでと共に最も早くから飼われていた。豊饒シンボルとして収穫儀礼使われ占いにも用いた祝福の力があるとされたり高く飛ぶと火事が起こるとか、水浴をするとになるとかの俗信や、羽毛厚くなると冬が厳しいとかの話もある。仏教では仏を鵞王ともいう。→ 鵞王

鵞鳥

作者幸田露伴

収載図書ちくま日本文学全集 027 幸田露伴
出版社筑摩書房
刊行年月1992.3

収載図書幸田露伴
出版社新学社
刊行年月2005.9
シリーズ名近代浪漫派文庫

収載図書幸田露伴
出版社筑摩書房
刊行年月2008.9
シリーズ名ちくま日本文学


鵞鳥

読み方:ガチョウ(gachou)

ガンカモ科

学名 Anser anser var.domestica


鵞鳥

読み方:がちょう

  1. 喧噪スル護衛者ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・山形県
  2. 口喧シキ戒護官吏。〔第二類 人物風俗
  3. 口喧かましき監督者。〔囚人語〕
  4. 口喧かましき監督者を云ふ。
  5. 囚人口やかましい監督者のこと。

分類 囚人囚人語、山形県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鵞鳥

読み方:ガチョウ(gachou)

作者 幸田露伴

初出 昭和16年

ジャンル 小説


ガチョウ

(鵞鳥 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/24 23:14 UTC 版)

ガチョウ(鵞鳥、鵝鳥、家雁、: Domestic goose: oie)は、カモ目カモ科ガン亜科の鳥。の仲間。家禽。白い姿はアヒルに似ているが互いに別の種。


  1. ^ Fact Check: Do Geese Have Teeth? Here’s What “Geese Teeth” Really Are” (英語). IFLScience (2022年2月16日). 2023年10月24日閲覧。
  2. ^ a b Jackowiak, Hanna (2011年9月). “Functional Morphology of the Tongue in the Domestic Goose ( Anser Anser f. Domestica )” (英語). The Anatomical Record. pp. 1574–1584. doi:10.1002/ar.21447. 2023年10月24日閲覧。
  3. ^ たまちゃん, Writer: (2019年4月28日). “子供が逃げ出すほど「衝撃的過ぎる」ガチョウの真実の写真が話題に”. 秒刊SUNDAY. 2023年10月24日閲覧。
  4. ^ Darwin, Charles (1868), The Variation of Animals and Plants under Domestication (1st ed.), London: John Murray, http://darwin-online.org.uk/EditorialIntroductions/Freeman_VariationunderDomestication.html 
  5. ^ 川上和人(文)、叶内拓哉(写真)『外来鳥ハンドブック』文一総合出版、2012年5月17日。ISBN 978-4-8299-8103-0  p.25
  6. ^ a b 高山 耕二、根元 紘史、溝口 由子、城戸 麻里、冨永 輝、田浦 一成、野村 哲也、中西 良孝「屋外放飼したセイヨウガチョウならびにシナガチョウの産卵能力の比較」『鹿児島大学農学部農場研究報告=Bulletin of the Experimental Farm Faculty of Agriculture,Kagoshima University』第33巻、2015年1月7日、9–12頁。 
  7. ^ 札幌市. “シナガチョウ”. 札幌市. 2023年6月13日閲覧。
  8. ^ 山中 良忠, 古川 徳 (1975). “主要鳥卵の各種成分に関する比較研究”. 日本家禽学会誌 12 (3): 114–119. doi:10.2141/jpsa.12.114. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpsa1964/12/3/12_3_114/_article. 
  9. ^ ガチョウのたまごはお得!?【たまごのことわざ その79】|たまごのソムリエ 小林ゴールドエッグ”. たまごのソムリエ 小林ゴールドエッグ. 2023年6月13日閲覧。
  10. ^ たまごQ&A/たまごの知識/日本養鶏協会”. www.jpa.or.jp. 2023年6月13日閲覧。
  11. ^ にわとりは1年間に何個(なんこ)卵(たまご)を産むか、おしえてください。:農林水産省”. www.maff.go.jp. 2023年6月13日閲覧。
  12. ^ 森井 啓二『ホメオパシー マテリアメディカ大全1(Abel-Agar)』エンタプライズ、2008年7月27日、288,291頁。ISBN 978-4-87291-188-6 
  13. ^ Production des oies”. 2021年5月3日閲覧。.
  14. ^ Chapitre 12. Désherbage des cultures par les oies”. www.fao.org. 2023年6月13日閲覧。
  15. ^ 21世紀研究会・編『食の世界地図』260頁 文藝春秋社
  16. ^ 吃鵝肉的徐達,這鵝肉或許不是朱元璋賜的” (中国語). https://www.facebook.com/kknews.cc.+2023年6月13日閲覧。
  17. ^ 明初大將徐達是被皇帝「賜吃鵝肉」害死?一文解密他的真實死因,朱元璋居然被黑超慘-風傳媒” (中国語). www.storm.mg. Storm.mg (2021年10月22日). 2023年6月13日閲覧。
  18. ^ 闘鶏…ではなく「闘ガチョウ」、ロシア”. www.afpbb.com (2012年3月19日). 2023年6月14日閲覧。
  19. ^ a b 鵝蛋吃多真的助孕? 營養師:雞蛋CP值較高 - 理財周刊” (英語). www.moneyweekly.com.tw (2020年8月19日). 2023年6月13日閲覧。
  20. ^ goose eggの意味・使い方”. eow.alc.co.jp. 2023年6月13日閲覧。
  21. ^ 鵞皮. コトバンクより。


「ガチョウ」の続きの解説一覧

鵞鳥

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 08:34 UTC 版)

名詞

(がちょう)

  1. 野生飼いならしてつくられ家禽

別表記

翻訳


「鵞鳥」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



鵞鳥と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鵞鳥」の関連用語

鵞鳥のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鵞鳥のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガチョウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鵞鳥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS