アヒルとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > アヒルの意味・解説 

家鴨

読み方:アヒル(ahiru)

ガンカモ科水鳥


アヒル

戦法の名称の一つ
[将棋戦法用語集参照]

アヒル

作者村上健司

収載図書幽霊学級―しんみみぶくろ 5
出版社メディアファクトリー
刊行年月2008.7
シリーズ名幽ブックス


アヒル(インディアンランナー)

アヒル
アヒル
アヒル
アヒル
名称
アヒル(インディアンランナー
飼育園館
上野動物園大島公園動物園
生息地
全世界
体の大きさ
くちばし先から尾の先端まで50~65cmくらい
えさ
養鶏配合飼料(=ニワトリのえさ)や青草青菜などをあたえています。
特徴
マガモからつくられた家禽(かきん)です。インディアンランナーは卵用の品種で、走るのがとくいです。アヒルには、ほかに「ペキン」「アイガモ」「コールダック」などの品種あります家禽とは、もとの種類改良して人間利用するために飼っている鳥のことです。ガチョウニワトリなども家禽で、学校家庭で多く飼われています。

家鴨

読み方:アヒル(ahiru)

ガンカモ科

学名 Anas platyrhynchos var.domestica


読み方:アヒル(ahiru)

ガンカモ科

学名 Anas platyrhynchos var.domestica


アヒル

読み方:あひる

  1. 罷役ノコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・京都府

分類 京都府

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/19 02:05 UTC 版)

アヒル(鶩、または家鴨)は、水鳥であるカモ科マガモを原種とする家禽で、生物学的にはマガモと同種である。ヨーロッパ中国などで飼育が始まり、飼育が容易なこともあり、世界中で幅広く飼育されている。


  1. ^ 農文協「そだててあそぼう第4集 ニワトリの絵本」ISBN 9784540981494
  2. ^ 久留聡、「筋ジストロフィーの症状とリハビリテーションについて (PDF) 国立病院機構 鈴鹿病院


「アヒル」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アヒル」の関連用語

アヒルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アヒルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
将棋タウン将棋タウン
Copyright (c)1999-2019 Shogitown. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2019 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアヒル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS