卵とは?

かい かひ

たまご。また、そのから。かいご。 -のうちに命こめたる雁の子は/宇津藤原

かい ご かひ-

殻(かい)子の意
たまご。 うぐひすの-の中にほととぎすひとり生まれて/万葉集 1755
卵などの殻(から)。 肉団ししむら)の-開きて、女子を生めり/霊異記 訓注

たま ご [2][0]卵・玉子

などの雌性生殖細胞で、大きくなってひなや幼生となるもの。 → らん
鶏卵料理
将来、ある地位職業につくために、修業中の人 医者の-
本格的になる前の未発達のもの。 台風の-

らん [1]

雌の生殖細胞有性生殖を行う生物において減数分裂によって生ず雌性配偶子雄性配偶子合体して新個体となる。卵子卵細胞

らん[漢字]

[音] ラン
みだれる。みだす。いりみだれている。秩序をなくす。 乱行乱雑乱世乱心乱戦乱丁らんちよう)・乱闘乱筆・乱暴・乱麻・乱倫淫乱いんらん)・混乱錯乱散乱酒乱戦乱争乱騒乱動乱内乱反乱紊乱びんらん)((ぶんらん))紛乱惑乱乱気流乱調子
[音] ラン
たまご。 卵黄卵殻卵生卵白鶏卵産卵孵卵ふらん)・累卵
動物のめすの生殖細胞卵子卵巣排卵卵細胞受精卵
[音] ラン
山に立つもや。 嵐気嵐翠らんすい)・秋嵐翠嵐青嵐晴嵐
[音] ラン
見わたす。ひろく見る。 叡覧えいらん)・観覧高覧巡覧照覧上覧台覧天覧展覧博覧遊覧
目を通す。 一覧・閲覧回覧縦覧便覧
[音] ラン
があふれる。 氾濫はんらん
うかぶ。うかべる。 濫觴らんしよう
[音] ラン
の名。あい。また、あい色。 藍碧らんぺき)・出藍藍青色藍綬褒章
[音] ラン
植物の名を構成する。 木蘭
和蘭オランダ)」の略。 蘭医蘭学蘭語蘭書蘭方
[音] ラン
てすり。 欄干
印刷物紙面で、空白や線などで区切られた部分欄外空欄上欄
[音] ラン
ただれる。くさる。 糜爛びらん)・腐爛
きらめく。あざやかにかがやく。 爛爛絢爛けんらん
[音] ラン


同義/類義語:卵子, 卵細胞
英訳・(英)同義/類義語:egg, ovum

生物有性生殖で作られる異形配偶子のうち、大きく運動能力のない方の総称

たまご 【卵・玉子】

ふつう単に卵といえば鶏卵をいうことが多い。西洋では宇宙原初状態を宇宙卵(Cosmicegg)といい、錬金術でも宇宙霊が封じこめられている混沌カオス)を卵に表現させる。ギリシア神話には、女神が巨姿の男神に犯され変身して宇宙卵を産んだ話がある。エジプト神話では、鵞鳥が産んだ金の卵から太陽神ラー生まれたとし、ヒンドゥー神話黄金卵から創造神ブラフマン梵天)が生まれたとする生命再生を表す標章とする所もある。

作者松田解子

収載図書日本プロレタリア文学22 婦人作家集 2
出版社新日本出版社
刊行年月1987.10

収載図書松田解子短篇集
出版社創風社
刊行年月1989.10

収載図書女性苦
出版社沢田出版
刊行年月2005.8
シリーズ名松田解子自選


作者新津きよみ

収載図書憑き者
出版社アスキー
刊行年月2000.4
シリーズ名A-NOVELS


作者倉阪鬼一郎

収載図書夢見の家
出版社集英社
刊行年月2002.8


作者金堀常美

収載図書ジ・エキセントリック&オーディナリーテールズ
出版社新風舎
刊行年月2005.6
シリーズ名新風舎文庫


作者川端康成

収載図書川端康成片腕文豪怪談傑作
出版社筑摩書房
刊行年月2006.7
シリーズ名ちくま文庫


作者平山夢明

収載図書東京伝説 溺れる街の怖い話
出版社竹書房
刊行年月2007.5
シリーズ名竹書房文庫


作者石田千

収載図書部屋にて
出版社角川書店
刊行年月2007.6


作者Anon

収載図書アドルフの夢
出版社ブイツーソリューション
刊行年月2008.4
シリーズ名V2文庫


卵―2312年

作者田中啓文

収載図書ネコノメノヨウニ...
出版社集英社
刊行年月2001.7
シリーズ名集英社スーパーダッシュ文庫


作者三島由紀夫

収載図書三島由紀夫短篇全集
出版社新潮社
刊行年月1987.11

収載図書決定版 三島由紀夫全集 19 短編小説
出版社新潮社
刊行年月2002.6


作者村上龍

収載図書トパーズ
出版社角川書店
刊行年月1988.10

収載図書トパーズ
出版社角川書店
刊行年月1991.11
シリーズ名角川文庫

収載図書とおくはなれてそばにいて村上龍恋愛短編選集
出版社ベストセラーズ
刊行年月2003.12


作者庄野潤三

収載図書絵合せ
出版社講談社
刊行年月1989.6
シリーズ名講談社文芸文庫


作者佐佐木邦子

収載図書
出版社中央公論社
刊行年月1990.1


作者夢野久作

収載図書夢野久作全集 3
出版社筑摩書房
刊行年月1992.8
シリーズ名ちくま文庫

収載図書新・ちくま文学 2 奇想天外
出版社筑摩書房
刊行年月1994.10

収載図書推理作家になりたくて―マイベストミステリー 第5巻 鍵
出版社文藝春秋
刊行年月2004.2

収載図書マイ・ベスト・ミステリー 5
出版社文藝春秋
刊行年月2007.11
シリーズ名文春文庫

収載図書思議いっぱいあふれだす!
出版社くもん出版
刊行年月2007.12
シリーズ名読書がたのしくなるニッポン文学


作者森瑤子

収載図書東京発 千夜一夜
出版社朝日新聞社
刊行年月1996.5
シリーズ名朝日文芸文庫


作者伊集院静

収載図書昨日スケッチ
出版社講談社
刊行年月1996.10


作者皆川博子

収載図書鳥少年
出版社徳間書店
刊行年月1999.10


読み方:たまご
【英】:Egg

卵を使ってジャグリングすることもできる。失敗する事は許されないわけで、その分客に対すインパクトは強い。

その独特の形状表面ざらざらした感触、そして重心流動的に動く性質から、普通のボール比べればなれないと少しやりづらい。さらに難しいのは卵をキャッチしてパターン終わるとき。(卵を落としたくないなら終わるしかない。)2つの卵が激しくぶつかると割れてしまうので、最後の卵は指先の方で、クッション利かせて受け取るようにする。

練習ではゆで卵を使うと良い。よく考えると見た目は全く同じなのでショーでこれを使っても客にはばれない気もする。どうせ生卵でやるのなら最後に割って見せて、本物である事を証明して見せるのがいいだろう。

一度見たことがあるのが、トーチフライパンと卵でカスケードをし、最後にフライパンの上に卵を割って落とし、下からトーチの火であぶって、目玉焼き作るという芸。発想ユニーク面白かった。


読み方:たまご

  1. 握飯。〔第六類 器具食物
  2. 握飯を云ふ。
  3. 握り飯のこと。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/05 04:21 UTC 版)

(玉子)(たまご、らん)とは、動物メスが未受精卵細胞や、受精し胚発生が進行した状態で体外(外環境)へ産み出される雌性の生殖細胞と付属物の総称である。このため、生殖を目的として外部に放出(産卵)されるは、その多くが周辺環境と内部を隔てる構造を持ち、幾らかでも恒常性を保つ機能を持つ。この保護機構は種により異なる。なお、卵細胞そのものを卵という場合もある。


  1. ^ 多核体には、粘菌変形体のようにさらに大きい物もある。
  2. ^ 玉子は卵に含まれる? 〜卵と玉子の使い分け~ | 書き分け、使い分け | どれだけ知ってる?漢字の豆知識”. 日本漢字能力検定協会. 2018年6月21日閲覧。
  3. ^ たまご通信 Vol.7 「卵」と「玉子」の違い、知っていますか? (PDF)”. JA全農たまご (2014年7月28日). 2018年6月21日閲覧。
  4. ^ 卵焼き? 玉子焼き? | ことば(放送用語) - 最近気になる放送用語”. 日本放送協会 (2007年7月1日). 2018年6月21日閲覧。
  5. ^ 西山豊「卵形の数理」『理系への数学』Vol.39, No.4, 13-16, 2006.[1]


「卵」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 09:12 UTC 版)

読み

名詞

  1. らんなどの雌の生殖細胞
  2. たまご)特に、食料として一般的である、の卵。鶏卵
  3. たまご将来何かになる見込みはあるが、まだ一人前でないもの。

類義語

翻訳



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



卵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「卵」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



卵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2020 by JugglingDonuts
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの卵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS