カラスミとは?

カラスミ

ぼらの卵巣などを塩漬けにして干した食べ物珍味として珍重される。ひらがなで「からすみ」と表記した場合には、唐由来の墨を指す「唐墨」、米粉から作る中部地方銘菓からすみ」を指す場合もある。

鱲子

読み方:カラスミ(karasumi

ボラ・タイ・サワラ・メナダなどの魚卵を塩づけにして、塩がまわったころ適当な重石をのせて身を堅くしめ、形をととのえ乾燥したもの

季節

分類 人事


カラスミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/28 05:56 UTC 版)

からすみ(唐墨、鰡子、鱲子)は、ボラなどの卵巣を塩漬けし、塩抜き後、天日干しで乾燥させたもの。名前の由来は形状が中国伝来の「唐墨」に似ていたため。


  1. ^ 小林弘、『読む食辞苑 日本料理ことば尽くし』p276、1996年、東京、同文書院、ISBN 4-8103-0027-7
  2. ^ 日本おさかな雑学研究会 『頭がよくなる おさかな雑学大事典』 p.36-37 幻冬舎文庫 2002年
  3. ^ 伊藤克磨・松嶋はるか・野崎征宣・大迫一史、2006.長崎産ボラ卵巣およびからすみの成分評価.日本水産学会誌 72: 70-75.
  4. ^ Choiou, T. K., and S. Konosu, 1988. Changes in extractive components during processing of dried mullet roe. Nippon-Suisan-Gakkaishi 54: 307-313.
  5. ^ Choiou, T. K., Matsui, T., and S. Konosu, S., Proteolytic activities of mullet and alaska pollack roes and their changes during processing. Nippon-Suisan- Gakkaishi 55: 805-809.
  6. ^ 長崎県の日本一・世界一 / はじまりは長崎(事始め編) - 長崎県公式ウェブサイト内
  7. ^ 小林弘、『読む食辞苑 日本料理ことば尽くし』p217、1996年、東京、同文書院、ISBN 4-8103-0027-7
  8. ^ 東港三寶之油魚子”. 東港鎮文史學會. 2013年5月2日閲覧。


「カラスミ」の続きの解説一覧



カラスミと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カラスミ」の関連用語

カラスミのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カラスミのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカラスミ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS