イクラとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > イクラの意味・解説 

イクラ【(ロシア)ikra】

読み方:いくら

魚の卵の意》サケ・マスの卵を塩漬けにした食品日本では筋子に対し成熟した卵を一粒ずつ離したものをいう

イクラの画像

いく‐ら【幾ら】

読み方:いくら

【一】[名]

数量値段不明不定なときにいう語。どれほどどのくらい。「重さは―あるか」「この本は―ですか」「―経費がかかるかわからない」

(「いくらも」「いくらでも」の形で不定ではあるが、ある程度数量をいう。

㋐相当多い程度どれほどでも。たくさん。「品物なら―もある」「―でも持ってきてください

㋑(あとに打消しの語を伴って用いる)それほど多くない程度。ほとんど。「その後―もたっていない」「残りは―でもない

接尾語的に用いて)その数値下の位の数値大まかにいう。「定価一万―の靴」

【二】[副](あとに「ても」「でも」を伴うことが多い)量や程度はなはだしいさま。どれほどどんなに。「―捜して見つからない」「―子供でもわかるだろう」


井倉

読み方:イクラ(ikura

所在 岡山県新見市


伊倉

読み方:イクラ(ikura

所在 山口県下関市


伊倉

読み方:イクラ(ikura

所在 宮崎県児湯郡新富町


居倉

読み方:イクラ(ikura

所在 岐阜県瑞穂市


生倉

読み方:イクラ(ikura

所在 福井県三方上中郡若狭町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

井倉

読み方:イクラ(ikura

所在 岡山県(JR伯備線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

イクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/15 07:04 UTC 版)

イクラロシア語: икра, ラテン文字転写: ikra〈イクラー〉)とは、サケマスなどの魚卵である。筋子卵巣膜(を包む薄い膜)を取り除き、産卵前の熟した卵を1粒ずつに分けたものを指して呼ぶ。バラ子とも呼ばれる。一般的には加熱加工せず、塩漬け醤油漬けにして食べる。


  1. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  3. ^ 五訂増補日本食品標準成分表
  4. ^ 五訂増補日本食品標準成分表 脂肪酸成分表編
  5. ^ 日本おさかな雑学研究会 『頭がよくなるおさかな雑学大事典』〈幻冬舎文庫〉幻冬舎、2002年、70頁。ISBN 4-344-40294-4 
  6. ^ 「イクラ」の語源はロシアにある!?” (日本語). 鮭のさんつね (2019年12月9日). 2021年12月5日閲覧。
  7. ^ a b c 田村隆幸、ワイン中の鉄は,魚介類とワインの組み合わせにおける不快な生臭み発生の一因である 日本醸造協会誌 Vol.105 (2010) No.3 P 139-147, doi:10.6013/jbrewsocjapan.105.139
  8. ^ J Agric Food Chem. 2009 Sep 23;57(18):8550-6. doi:10.1021/jf901656k
  9. ^ 紙尾康作「何をどうしてつくるか--化学がつくるコピ-食品の精粋--人造イクラ」『化学』第39巻第1号、化学同人、1984年、 35-38頁、 ISSN 0451-1964NAID 40000389810
  10. ^ 紙尾康作「人造イクラ」『化学と教育』第35巻第4号、日本化学会、1987年、 309-311頁、 ISSN 0386-2151NAID 110001826562
  11. ^ 紙尾康作「海草から作った人工イクラ」『高分子』第47巻第1号、高分子学会、1998年、 33頁、 doi:10.1295/kobunshi.47.33ISSN 0454-1138NAID 100025616822013年7月17日閲覧。
  12. ^ OVOオーヴォ (2019年10月28日). “クリスマスツリーのようなドリンク 3色のコーティングジュースをトッピングしたラテ”. エキサイトニュース. 2019年10月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年10月31日閲覧。
  13. ^ タピオカの次!? イクラ食感の新スイーツ『ボバボバ』食べてみた!”. アップバンク. 2019年10月31日閲覧。
  14. ^ 「かわいすぎるイクラ」 韓国発の「ポッピングボバ」、日本でもブーム目前?”. ニコニコ. 2019年10月31日閲覧。
  15. ^ Naoki Kanda; et al. (1995). “Preparing "Chameleon Balls" from Natural Plants: Simple Handmade pH Indicator and Teaching Material for Chemical Equilibrium”. Journal of Chemical Education (American Chemical Society) 72 (12): 1131-1132. doi:10.1021/ed072p1131. ISSN 0021-9584. 
  16. ^ 宮田光男編著 編「赤くなる粒・青くなる粒を作る」 『作って楽しむ理科遊び』〈ポピュラー・サイエンス〉裳華房、1999年、88-92頁。ISBN 4-7853-8713-0 
  17. ^ 十河信二 著「人工イクラづくりと色玉浮沈子」、左巻健男・内村浩編著 編 『おもしろ実験・ものづくり事典』東京書籍、2002年、400-402頁。ISBN 4-487-79701-2 



イクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 16:05 UTC 版)

イクラ (曖昧さ回避)」の記事における「イクラ」の解説

サケ魚卵のこと。詳細は「イクラ」を参照 『サザエさん』登場人物波野イクライクラ駅 - ロシア鉄道鉄道駅

※この「イクラ」の解説は、「イクラ (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「イクラ」を含む「イクラ (曖昧さ回避)」の記事については、「イクラ (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「イクラ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

イクラ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 12:01 UTC 版)

名詞

イクラ

  1. ばらばらの粒にして、塩漬け醤油漬けにした食品

語源

発音(?)

い↗くら

関連語


「イクラ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イクラ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||


10
90% |||||

イクラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イクラのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイクラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイクラ (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのイクラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS