ギンザケとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > ギンザケの意味・解説 

ギンザケ

学名Oncorhynchus kisutch 英名:Coho salmon
地方名:ギンザケ、アマメ 
脊椎動物門硬骨魚綱サケ目サケ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権:仲谷 一

特徴
かつては北海道などで川にのぼった例もあったが、現在では日本近海で見ることはできない成魚は秋〜冬に母川にのぼり、中上流域101月頃に産卵が行われる。孵化後、稚魚水生昆虫などを食べ、1〜2年生まれたところで生活した後に海へ下っていく。海でシシャモニシンなどを食べ、1〜2年でまた母川へ戻る。産卵期には背の部分青みがかった緑色になり、体側はくすんだ赤色になる。近年では海水淡水両方養殖され、主な産地北海道三陸などである。また海外からも養殖輸入が増えている。

分布:サハリンカリフォルニア 大きさ:75cm
漁法:流し網養殖 食べ方:ソテームニエル塩焼き薫製

銀鮭

読み方:ギンザケ(ginzake)

サケ科遡河

学名 Oncorhynchus kisutch


ギンザケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/28 02:15 UTC 版)

ギンザケ銀鮭、学名: Oncorhynchus kisutsh)は、魚類サケ目サケ科に属する1種。






「ギンザケ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ギンザケ」の関連用語

ギンザケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ギンザケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのギンザケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS