サケとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > サケの意味・解説 

さけ【×梟】


さけ【酒】

エチルアルコールを含んだ飲料総称製造法から、醸造酒蒸留酒混成酒大別され、また、原料違いによって世界中多く種類がある。

清酒通称。英語でもsake通用する。「辛口の酒を好む」

酒を飲むこと。飲む度合い飲み方についていう。「酒が強い」「あの人はいい酒だ」

酒盛り酒宴。「酒の席」

[補説]  
2017年実施した「あなたの言葉辞書に載せよう。2017キャンペーンでの「酒」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆人に寄り添い、そっと励ますもの。
nodokaさん

酌み交わす相手や、自分の心のガードを少し緩めてくれる道具
きんぎょさん

飲み方によっては天使にも悪魔にもなるもの。
あっかさん

賢者はこれをに変え、愚者はこれを毒に変える
詩のぶさん

◆飲む時は翌朝は毒に変わる飲み物
ネコキャットさん


さけ【×鮭/×鮏】

サケ目サケ科海水魚全長約1メートル。体は長い紡錘形側扁し、尾びれ近く脂びれがある。背側は暗青色腹側銀白色北太平洋広く回遊し、河川に上って産卵する。産卵期の雄は吻(ふん)が鉤(かぎ)状に曲がるので、俗に鼻曲がりよばれる。肉は淡紅色美味。卵は筋子(すじこ)・イクラとして賞味される。シロザケ。しゃけ。《 秋》「—のぼる古瀬のなほまとふ/秋桜子

サケ科海水魚総称。サケ・ベニザケ・ギンザケ・カラフトマス・サクラマス・ビワマス・マスノスケの7種がある。産卵期には遡河(そか)し、孵化(ふか)した幼魚は河を下り、海に出て回遊し、母川に戻る。


さけ【鮭】

洋画家高橋由一による油絵縦長画面に、縄で吊るされ身を欠き取られた新巻鮭を描いたもの明治8年から12年1875〜1879)頃の作。東京芸術大学所蔵国指定重要文化財鮭図


石桂魚

読み方:サケ(sake

サケ科の遡河性


サケ

学名Oncorhynchus keta 英名:Chum salmon
地方名:サケ、オオスミビン 
脊椎動物門硬骨魚綱サケ目サケ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権尼岡 邦夫 生態写真はこちら

特徴
サケ類の中で一般にサケと呼ばれているのがシロザケである。成魚夏の終わりごろから冬に生まれた川をさかのぼり河川中流域砂礫底に産卵床を掘って卵径5〜9.5mmの卵を2千〜5千個産む。産卵期に雌雄ともになるとお腹部分雲紋状の赤みがかった紫色斑点現れ、雄は下あご口先伸びる産卵を終えると一週間ほどで死んでしまう。通常4年ほど海で過ごしオキアミなどを食べて成熟する。生まれた川にかえってくることについてははっきりとわかっていないが、川の味や匂い記憶しているとの説が有力である。沖合い漁獲されるものは脂肪やうまみ成分がありおいしい。

分布:日本中部地方以北〜アメリカオレゴン州 大きさ:80cm
漁法:定置網建網合わせ 食べ方:照り焼き塩焼きムニエル筋子

読み方:サケ(sake

サケ科の遡河性

学名 Oncorhynchus keta


石桂魚

読み方:サケ(sake

サケ科の遡河性

学名 Oncorhynchus keta


読み方:サケ(sake

サケ科の遡河性

学名 Oncorhynchus keta


読み方:サケ(sake

サケ科海魚

季節

分類 動物


読み方:サケ(sake

サケ科海魚

季節

分類 動物


読み方:サケ(sake

作者 開高健

初出 昭和48年

ジャンル 随筆


サケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/08 13:57 UTC 版)

サケ(鮭、石桂魚、 Oncorhynchus keta)は、サケ目サケ科サケ属の。狭義にはとしてのO. keta標準和名であるが、広義にはサケ類一般を指すことが多い。




  1. ^ Basic Report: 15079, Fish, salmon, chum, raw Agricultural Research Service , United States Department of Agriculture , National Nutrient Database for Standard Reference , Release 26
  2. ^ 『漢字百話 魚の部 魚・肴・さかな事典』大修館書店、1987年11月1日。ISBN 4-469-23045-6
  3. ^ 魚介類の名称表示等について(別表1)”. 水産庁. 2013年5月29日閲覧。
  4. ^ サケ(シロサケ)/サーモンミュージアムマルハニチロ(2018年1月31日閲覧)
  5. ^ フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 1』講談社、2003年。
  6. ^ 沖森卓也ほか『図解 日本の文字』三省堂、2011年、52頁
  7. ^ シロサケ集団におけるIDHおよびLDHアイソザイムの地理的分布 日本水産学会誌 Vol.45 (1979) No.3 P.287-295, doi:10.2331/suisan.45.287
  8. ^ サケ(シロサケ)/サーモンミュージアムマルハニチロ(2018年1月31日閲覧)
  9. ^ 森田 保『千葉県 謎解き散歩』新人物往来社2011年ISBN 978-4-404-04079-4、P245-247
  10. ^ 市村政樹、柳本卓、小林敬典 ほか、北海道東部根室海峡周辺で採集された「サケマス」のDNA 分析による交雑判別 日本水産学会誌 Vol.77 (2011) No.5 P.834-844, doi:10.2331/suisan.77.834
  11. ^ サケとカラフトマスの産卵環境 (PDF) 独立行政法人 水産総合研究センター さけますセンター
  12. ^ チリ水産養殖プロジェクト JICA、2018年1月31日閲覧
  13. ^ 出村雅晴、魚粉価格の動向と養殖漁業への影響 農林中金総合研究所
  14. ^ サケ稚魚の生態調査(5)降海期に於けるサケ稚魚の行動について 北海道さけ・ますふ化場研究報告
  15. ^ 上野康弘、石田行正、日本系シロザケ幼魚の夏季の分布と回遊経路 (PDF) Bulletin of the National Research Institute of Far Seas Fisheries (33), 139-147, 1996-03
  16. ^ a b 浦和茂彦、日本系サケの回遊経路と今後の研究課題 (PDF) さけ・ます資源管理センターニュース, 2000, No.5
  17. ^ 島崎健二, 中山信之, 「北西太平洋における冬季のサケ・マス分布」『北海道大學水産學部研究彙報』 26巻 1号 p.87-98 1975年, 北海道大学水産学部。
  18. ^ a b c d e サケは海で何を食べているのでしょう? (PDF) 水産総合研究センター salmon情報第6号 2012(H24)年3月
  19. ^ 関二郎, 「北海道太平洋沿岸域におけるサケ幼稚魚の摂餌特性と餌料環境に関する研究」『さけます資源管理センター研究報告』 7号 p.1-104 2005年, 水産庁さけ・ます資源管理センター。
  20. ^ シロザケ 北海道立総合研究機構水産研究本部 (PDF)
  21. ^ 南千島、エトロフ島沖合における南下回遊期のシロザケ(アキザケ)の遊泳行動 (PDF) 遠洋水産研究所報告 昭和50年11月
  22. ^ a b 長澤和也、帰山雅秀、「日本沿岸水域における魚類と海鳥類によるサケ幼稚魚の捕食」『北海道さけ・ますふ化場研究報告』 1995, (45), p.41-53
  23. ^ 田子泰彦、「降海期サクラマス幼魚によるサケ稚魚の捕食試験」『富山水試研報』 15号, p.1-10(2004-03)
  24. ^ “知床ヒグマ“サケ離れ” 開発で遡上減響く 栄養源のわずか5% 京大院生ら実態解明”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年7月20日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/552322.html 
  25. ^ コトバンク鮭児とは[1]
  26. ^ 鮭児(ケイジ)とは
  27. ^ 独立行政法人水産総合研究センター さけますセンー (2007年5月11日). “さけますQ&A”. 2008年4月15日閲覧。
  28. ^ サーモン寿司30周年に際してのご挨拶”. 大日本水産会. 2020年7月19日閲覧。
  29. ^ 「鮭(サケ)」と「サーモン」。呼び方の違いを説明できますか?”. TBS Topics (2019年10月21日). 2020年7月19日閲覧。
  30. ^ プロテオグリカン応用研究プロジェクト弘前大学(2018年1月31日閲覧)
  31. ^ 萱野茂「アイヌ料理」154頁。
  32. ^ a b c サケ 北海道の食文化・サケ”. 国土交通省 北海道開発局. 2019年10月5日閲覧。
  33. ^ 北海道の釣具屋になぜ金属バット? 「サーモンメタルバット」の使い道にネット民が震える - ねとらぼ
  34. ^ 萱野茂「アイヌ料理」159-160頁。
  35. ^ 岩手県のマーク、花、鳥、木、魚などを紹介します。”. 岩手県ホームページ. 2014年7月17日閲覧。
  36. ^ 宮古市の花、木、鳥、魚”. 宮古市ホームページ. 2014年7月18日閲覧。
  37. ^ 高橋嘉夫,「DNAや白子を用いた レアアースの分離・回収:によるメカニズムの解明」 広島大学 研究助成金事業報告書 平成26年
  38. ^ 「サケの白子」でレアアース分離・回収 広島大とアイシン・コスモス研 SankeiBiz 記事:2013.5.18 閲覧:2015.6.18



サケ

出典:『Wiktionary』 (2018/08/04 04:57 UTC 版)

名詞

サケ

  1. 分類学、最広義一種サケ目(wp)サケ (familia Salmonidae) に分類される魚類サケ類。川で産卵おこない孵化した幼魚多くは川を下って海を回遊(wp)する。成長した産卵のために自分生まれた川へ戻って遡上する。
  2. 分類学広義)]1のうち、サケ (genus Oncorhynchus) に分類される魚類総称
  3. 分類学狭義)]( 同 上 ) サケ属の1である、サケ(wp)通称シロザケ学名(wp)Oncorhynchus keta)のみを指す。
  4. 一般](表記規定なし) 基本的に語義3、ときに語義2もしくは語義1に相当する動物の、分類学に依らない日本語名称俗称で「しゃけ(シャケ)」とも呼ばれる
  5. 季語] 語意は 4と同じ。季語三秋季語)で、分類動物

発音

東京アクセント

サ↘ケ(頭高型

翻訳

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サケ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||



5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

サケのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのサケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS