サケとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > サケの意味・解説 

石桂魚

読み方:サケ(sake

サケ科遡河


サケ

学名Oncorhynchus keta 英名:Chum salmon
地方名:サケ、オオスミビン 
脊椎動物門硬骨魚綱サケ目サケ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権:尼岡 邦夫 生態写真はこちら

特徴
サケ類の中で一般にサケと呼ばれているのがシロザケである。成魚夏の終わりごろから冬に生まれた川をさかのぼり河川中流域砂礫底に産卵床を掘って卵径5〜9.5mmの卵を2千〜5千個産む。産卵期に雌雄ともになるとお腹部分紋状の赤みがかった紫色斑点現れ、雄は下あご口先伸びる産卵を終えると一週間ほどで死んでしまう。通常4年ほど海で過ごしオキアミなどを食べて成熟する。生まれた川にかえってくることについてははっきりとわかっていないが、川の味や匂い記憶しているとの説が有力である。沖合いで漁獲されるものは脂肪やうまみ成分がありおいしい。

分布:日本中部地方以北〜アメリカオレゴン州 大きさ:80cm
漁法:定置網建網合わせ 食べ方:照り焼き塩焼きムニエル筋子

読み方:サケ(sake

サケ科遡河

学名 Oncorhynchus keta


石桂魚

読み方:サケ(sake

サケ科遡河

学名 Oncorhynchus keta


読み方:サケ(sake

サケ科遡河

学名 Oncorhynchus keta


読み方:サケ(sake

サケ科海魚

季節

分類 動物


読み方:サケ(sake

サケ科海魚

季節

分類 動物


読み方:サケ(sake

作者 開高健

初出 昭和48年

ジャンル 随筆


サケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/17 07:17 UTC 版)

サケ(鮭 Oncorhynchus keta)は、サケ目サケ科サケ属の。狭義にはとしてのO. keta標準和名であるが、広義にはサケ類一般を指すことが多い。




  1. ^ Basic Report: 15079, Fish, salmon, chum, raw Agricultural Research Service , United States Department of Agriculture , National Nutrient Database for Standard Reference , Release 26
  2. ^ 『漢字百話 魚の部 魚・肴・さかな事典』 大修館書店1987年11月1日ISBN 4-469-23045-6
  3. ^ 魚介類の名称表示等について(別表1)”. 水産庁. 2013年5月29日閲覧。
  4. ^ サケ(シロサケ)/サーモンミュージアムマルハニチロ(2018年1月31日閲覧)
  5. ^ シロサケ集団におけるIDHおよびLDHアイソザイムの地理的分布 日本水産学会誌 Vol.45 (1979) No.3 P287-295
  6. ^ サケ(シロサケ)/サーモンミュージアムマルハニチロ(2018年1月31日閲覧)
  7. ^ 森田 保『千葉県 謎解き散歩』新人物往来社2011年ISBN 978-4-404-04079-4、P245-247
  8. ^ 北海道東部根室海峡周辺で採集された「サケマス」のDNA 分析による交雑判別 日本水産学会誌 Vol.77 (2011) No.5 P834-844
  9. ^ サケとカラフトマスの産卵環境 (PDF) 独立行政法人 水産総合研究センター さけますセンター
  10. ^ チリ水産養殖プロジェクト JICA、2018年1月31日閲覧
  11. ^ 出村雅晴、魚粉価格の動向と養殖漁業への影響 農林中金総合研究所
  12. ^ サケ稚魚の生態調査(5)降海期に於けるサケ稚魚の行動について 北海道さけ・ますふ化場研究報告
  13. ^ 上野康弘、石田行正、日本系シロザケ幼魚の夏季の分布と回遊経路 (PDF) Bulletin of the National Research Institute of Far Seas Fisheries (33), 139-147, 1996-03
  14. ^ a b 浦和茂彦、日本系サケの回遊経路と今後の研究課題 (PDF) さけ・ます資源管理センターニュース, 2000, No.5
  15. ^ 北西太平洋における冬季のサケ・マス分布 北海道大學水産學部研究彙報,26(1): 87-98 (PDF)
  16. ^ a b c d e サケは海で何を食べているのでしょう? (PDF) 水産総合研究センター salmon情報第6号 2012(H24)年3月
  17. ^ 北海道太平洋沿岸域におけるサケ幼稚魚の摂餌特性と餌料環境に関する研究 さけます資源管理センター研究報告第7号1-104頁(2005) (PDF)
  18. ^ シロザケ 北海道立総合研究機構水産研究本部 (PDF)
  19. ^ 南千島、エトロフ島沖合における南下回遊期のシロザケ(アキザケ)の遊泳行動 (PDF) 遠洋水産研究所報告
  20. ^ a b 長澤和也、帰山雅秀、日本沿岸水域における魚類と海鳥類によるサケ幼稚魚の捕食 北海道さけ・ますふ化場研究報告 1995, (45), p.41-53
  21. ^ 田子泰彦、降海期サクラマス幼魚によるサケ稚魚の捕食試験 富山水試研報 15号, p.1-10(2004-03)
  22. ^ “知床ヒグマ“サケ離れ” 開発で遡上減響く 栄養源のわずか5% 京大院生ら実態解明”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年7月20日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/552322.html 
  23. ^ コトバンク鮭児とは[1]
  24. ^ 鮭児(ケイジ)とは
  25. ^ 独立行政法人水産総合研究センター さけますセンー (2007年5月11日). “さけますQ&A”. 2008年4月15日閲覧。
  26. ^ プロテオグリカン応用研究プロジェクト弘前大学(2018年1月31日閲覧)
  27. ^ 萱野茂「アイヌ料理」154頁。
  28. ^ 萱野茂「アイヌ料理」159-160頁。
  29. ^ 岩手県のマーク、花、鳥、木、魚などを紹介します。”. 岩手県ホームページ. 2014年7月17日閲覧。
  30. ^ 宮古市の花、木、鳥、魚”. 宮古市ホームページ. 2014年7月18日閲覧。
  31. ^ DNAや白子を用いた レアアースの分離・回収広島大学 研究助成金事業報告書 平成26年
  32. ^ 「サケの白子」でレアアース分離・回収 広島大とアイシン・コスモス研 SankeiBiz 記事:2013.5.18 閲覧:2015.6.18






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サケ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||



5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

サケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS