飲み方とは? わかりやすく解説

飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 05:54 UTC 版)

奄美黒糖焼酎」の記事における「飲み方」の解説

他の焼酎と同様に、ストレートオンザロック水割りお湯割りソーダ割りサワーウーロン茶割りなどにする。また、一部では、沖縄における泡盛と同じように牛乳割りコーヒー割りなども行われている。水割りの場合、前日割りをして、冷蔵庫冷やしておく方が、その場で作るよりもアルコールなじんでまろやかになるという意見もある。お湯割りでは、芋焼酎などと同様に、先に湯を入れてから焼酎を注ぐ方が香りがよいとされる鹿児島県栽培盛んなタンカンスモモなどの果汁加えることもある。喜界島では特産花良治みかんをスライスして沿えたり、果汁割ったりもされるまた、奄美群島独特の飲み方として、パッションフルーツの実を切って猪口代わりにし、中の果汁や種とともに飲む方法行われている。他にミントパプリカトウガラシシソなどを添える飲み方も提案されている。

※この「飲み方」の解説は、「奄美黒糖焼酎」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「奄美黒糖焼酎」の記事については、「奄美黒糖焼酎」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 09:45 UTC 版)

爆弾酒」の記事における「飲み方」の解説

ボイラー・メーカーほぼ等しい基本的なスタイルは、ビアタンブラージョッキ注いだビール爆薬)の中にウイスキー入れた小さなコップ(「雷管」)を落とす。サケ・ボムと同じで、指で突付いたりテーブル叩いたりして落とす。また、単純に両者混ぜるだけのこともある。通常はこれを一気飲みする。飲み干した後、ジョッキ頭上に掲げて振りカラカラと音をさせて残ら飲み干したと座に示すこともある。アルコール度数比較高くビール炭酸アルコール吸収早めるので酔いすいとされる。後述するように酒宴余興として多くのバリエーションが生まれている。ウイスキー代わりにソジュ韓国焼酎)で作るものは“焼麦ソメク、소맥、somaek)”と呼ばれて英語ではsoju bomb”と呼ばれるこのほかビールかわりにワインを使うものも登場している。 爆弾酒は、ナイトクラブルームサロンなどの個室カラオケ系の店で行われる二次会多く見ることができる。特に上司先輩大学教授など目上の人作って飲ませる場合には、無条件で一気飲み干なければならない儒教秩序による上下関係と、韓国特有の文化両方影響しあって生まれた飲酒文化といえるが、飲ませるの節度しだいで容易にアルコールハラスメントとなる大変危険な飲み方である。爆弾酒興ずるあまり泥酔した議員高級官僚軍人らによる舌禍事件乱闘事件なども起きている

※この「飲み方」の解説は、「爆弾酒」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「爆弾酒」の記事については、「爆弾酒」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/22 05:06 UTC 版)

パーリンカ」の記事における「飲み方」の解説

オン・ザ・ロック水割りなど、冷やしたり薄めたりする飲み方は香り立たないため、一般的にはストレートで飲まれることが多い。ハンガリーではショットグラス注いだパーリンカ一気に飲む飲み方がよく見られる。ただしアルコール度数強いため、グラス室温同程度パーリンカ少量入れ香りとともに楽しむ飲み方も一般的である。適度に温度が上がる香りが立つので、グラス手のひら包み込むようにして温めながら味わうことでより香り楽しむことができる。ただし注いだ時から充分に香り強いため、ブランデーとは違い香り変化少なく温めずとも果物香り楽しめるので温める必要はない

※この「飲み方」の解説は、「パーリンカ」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「パーリンカ」の記事については、「パーリンカ」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/16 04:35 UTC 版)

球磨焼酎」の記事における「飲み方」の解説

で2合5勺(450ミリリットル)を量ってガラ呼ばれるカラカラのような酒器入れて直火で燗を(直燗=じきかん)し、杯ではなく猪口で飲むのが伝統的な飲み方であったお湯割りにするケースもあり、冷蔵庫普及するオン・ザ・ロック飲まれることも増えていった。球磨拳しながら飲むこと多く1回戦につき10勝負行って1本ごとに敗者猪口焼酎飲み干す

※この「飲み方」の解説は、「球磨焼酎」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「球磨焼酎」の記事については、「球磨焼酎」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/16 09:56 UTC 版)

シンガニ」の記事における「飲み方」の解説

ボリビア代表するアルコール飲料として、特にタリハポトシチュキサカ作られるものが有名で、主にアンデス地域中心に庶民親しまれているそのままや湯で割って飲むこともあるが、多くカクテルにして飲まれるシンガニ炭酸飲料混ぜたものはチュフライ (chuflay) と呼ばれるスプライトのような透明な炭酸飲料を使うこともあれば、ジンジャーエールコカ・コーラのような色のついたものを使うこともある。ボリビア居酒屋ほぼ確実チュフライ提供しており、これを飲みながらカチョ呼ばれるサイコロゲーム興じている姿をよく見かけるシンガニオレンジジュース割ったものはユンゲーニョ (yungeño) と呼ばれる天然オレンジ絞って作るのが本物であるが、簡易的には果汁味のシロップ入れて作ることもある。「ユンゲーニョ」とは「ユンガス出身という意味である。ユンガス地方アンデス山脈東に下った暖かい地域で、そこの人たちが好んでこの飲み方をしていたといわれるシンガニ暖かい紅茶混ぜたものはテコンテ ( con té) と呼ばれるラパスなどのアルティプラーノ地域寒冷な気候を持っているが、寒い夜などはこの暖かいシンガニ飲むことが多い。

※この「飲み方」の解説は、「シンガニ」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「シンガニ」の記事については、「シンガニ」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/23 07:11 UTC 版)

ジェズヴェ」の記事における「飲み方」の解説

トルココーヒーは以下のように飲まれるコーヒー飲み終わった後には、カップの底に残るコーヒー粉の形状から占う「トルココーヒー占いが行われる。 ジェズヴェに約6-8グラムコーヒー粉、角砂糖1-2個、約60-100ミリリットル入れてかき混ぜるジェズヴェを火にかけて煮立たせ、泡を残した態でカップ注ぎ入れるコーヒーの粉がカップ底に沈むのを待ってから飲む。

※この「飲み方」の解説は、「ジェズヴェ」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「ジェズヴェ」の記事については、「ジェズヴェ」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 06:21 UTC 版)

ルオウ・カン」の記事における「飲み方」の解説

発酵完了したルオウ・カンを飲む際には、蓋を開けて上部籾殻除去し注いで米粒浸透するまで30分ほど待つ。主人試飲して状態を確認した後、客などに勧めて飲み始める吸管酒として壺に差した竹管から直接飲んで良いが、正客勧める場合サイフォンの原理竹製コップ移し、家のと同じ数である4杯を飲むよう求める。主として男性が飲むが、作り手ある女性にも注いで勧めるのが礼儀とされる壺の中身が少なくなったら足して飲み続け翌日には残さない。客は帰る前に改め1杯飲み礼を述べる。

※この「飲み方」の解説は、「ルオウ・カン」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「ルオウ・カン」の記事については、「ルオウ・カン」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 07:03 UTC 版)

電気ブラン」の記事における「飲み方」の解説

基本的にはよく冷やしてストレートで飲む。神谷バーでは、注文する口直し氷水グラスと共に運ばれてくる。さらに同店では生ビールチェイサーにして交互に飲むこと勧めている。人によっては、黒ビールをあわせる場合もある。 肴には冷た魚介類料理が合うとされるまた、酸味のあるスナックなどがおすすめである。

※この「飲み方」の解説は、「電気ブラン」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「電気ブラン」の記事については、「電気ブラン」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 12:36 UTC 版)

スコッチ・ウイスキー」の記事における「飲み方」の解説

スコッチ・ウイスキーに限らずウイスキーにはストレートニート)、オン・ザ・ロックハーフロックハイボール水割りカクテルミストホットウイスキーなど様々な飲み方が存在するストレートは「ウイスキー本来の風味堪能できる」飲み方とされるストレートで飲む場合チェイサーとしてなどを用意しウイスキー交互に飲むことが多い。 「香り芸術品」と呼ばれるモルトウイスキーの場合、常温飲むこと望ましく、氷を入れると香り損なわれてしまう。水割りについては否定的な見解もあるが、土屋守によると「割ってバランスの崩れないしっかりとしたモルト選び適度の水を加える」ことで風味堪能しやすくなることもある。ただしモルトウイスキー比率重要で、1:1(エタノール濃度20%ほどになる)以上に水の量を増やす風味損なわれてしまう。1:1で割ることをトワイスアップといい、ウイスキーの香り堪能するのに最適な割合とされる。ただし水道水で割ると、そのカルキ臭などのせいで風味損ねるため推奨されない低温濾過行っていないウイスキー水を加える成分析出し濁りが出ることがあるモルトウイスキー入れ容器は、多様な飲み方ができるチューリップ型グラス最適とされる。薄いグラス用いると口当たり柔らかくなりモルトウイスキー本来の風味感じることができる。そのため風味堪能した場合材質ガラスよりも薄いクリスタル推奨され、さらに手から体温伝わらないよう、ステム(脚)のあるグラス望ましい。 スコッチ・ウイスキー一般的にカクテルの材料としては不向きとされる原因の一つとして果汁や甘いリキュール加えることピート香などの特徴殺されてしまうことが挙げられる。 なお、スコッチ・ウイスキー伝統的に食前酒食後酒として飲まれてきたが、食中酒としても注目を集めるようになった

※この「飲み方」の解説は、「スコッチ・ウイスキー」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「スコッチ・ウイスキー」の記事については、「スコッチ・ウイスキー」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 03:02 UTC 版)

オン・ザ・ロック」の記事における「飲み方」の解説

氷が徐々に溶けるにつれ風味変わっていくのが楽しめる。また氷の見た目目で楽しみ、氷どおしのふれあう音を耳で楽しむ。ただし、あまりゆっくり飲むと氷が溶けて水割りになってしまう。アルコール度数の高い酒を楽しむ場合チェイサー用意しておくとよい。

※この「飲み方」の解説は、「オン・ザ・ロック」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「オン・ザ・ロック」の記事については、「オン・ザ・ロック」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 00:51 UTC 版)

ウイスキー」の記事における「飲み方」の解説

飲み方は多様そのままでストレート)、または水で割り水割り)、もしくは氷を入れてオン・ザ・ロッククラッシュ>)飲むほか、カクテルの材料として加えられることもある。 ウイスキーアルコール濃度高く最低でも37%以上)、ストレートで飲む場合をともに用意しウイスキーとを交互に飲む作法がある(このチェイサー呼ばれる)。風味ストレートで嗜(たしな)んだ後の重厚な舌触り圧倒的な香気覆い包まれ口中含み呑むことで、清涼感拡がる中に香味余韻際立ち、また消化器への刺激軽減できる水割りでは、ウイスキーの比によって、様々に変化する味わいまろやかさ堪能できる。特にウイスキー常温とを1対1で割る「トワイス・アップ」(氷は加えない)は、ブレンダー調合師)がウイスキー試飲際に用い飲用法であり、適度にアルコールの強い香気丸めウイスキー含まれる味や香り引き出し堪能する飲み方として、愛飲家重んじている。そしてオン・ザ・ロックは氷が融けるにつれて変化する味を楽しむことができる。 このほか日本においては口当たり良い食中酒としてウイスキー親しんできた独特の飲用文化から、水の比を多くした水割り好まれる。 もちろんカクテルの材料としてもウイスキー楽しめるが、その中で最もポピュラーなのは炭酸水割りハイボールウイスキー・ソーダ)である。その他のウイスキーベースのカクテルとしてはカクテルの女王呼ばれているマンハッタンウイスキーコーラ割ったコークハイウイスキー・コーク)、バーボン・ウイスキー牛乳割ったカウボーイなどがある。 ステーキなどの肉料理フランベにもブランデーなどと同様使われ方をする。

※この「飲み方」の解説は、「ウイスキー」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「ウイスキー」の記事については、「ウイスキー」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/18 03:09 UTC 版)

オールド・ファッションド」の記事における「飲み方」の解説

飲み手マドラーフルーツ角砂糖潰し好みに合わせて味を調整しながら楽しむ。

※この「飲み方」の解説は、「オールド・ファッションド」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「オールド・ファッションド」の記事については、「オールド・ファッションド」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 02:12 UTC 版)

紹興酒」の記事における「飲み方」の解説

通常常温か少し温めて飲むが、冷やしても飲むようにもなった。近年ではコーラなどの炭酸飲料で割る『ドラゴンハイボール』も提唱されている。中国南部台湾でよく見られる話梅」(ファメイ、広東語:ワームイ)と呼ばれる甘く完全に乾燥した干し梅入れる飲み方も、広く行われている。また、紹興酒油濃い中国料理に合うが、酸味苦味が強いので砂糖角砂糖入れて飲む人もある。

※この「飲み方」の解説は、「紹興酒」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「紹興酒」の記事については、「紹興酒」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 20:19 UTC 版)

ビール」の記事における「飲み方」の解説

20世紀以降の冷蔵技術の進歩により、ビール冷やして飲む風習加速度的に広まった常温ビールを飲む慣習であった中国でも、日本のコンビニエンスストア企業進出乗り出した際に冷蔵ビール提供したところ人気となり、冷たビール需要上がったという現象起きているタイ王国では、冷やしたうえに氷を入れるのも一般的である。一方エールビール常温飲まれることが多い。また、ドイツベルギーなどでは温めて飲まれるホットビールもあり、グリュークリークのように温めて飲むこと主流ビールもある。 ビールカクテルにして飲むビアカクテル英語版)では、トマトジュース入れたレッド・アイレモネード入れたパナシェドイツではラドラーイギリスではシャンディ)、ジンジャーエール入れたシャンディ・ガフなどが知られるそのほかピルスナースタウトなど、異な種類ビール混ぜるハーフ&ハーフ広く知られる飲み方である。

※この「飲み方」の解説は、「ビール」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「ビール」の記事については、「ビール」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 00:26 UTC 版)

マッコリ」の記事における「飲み方」の解説

一般的にマッコリ暑い夏場に冷やした態で飲むのが好まれる大きなのような器によそい、パガジというヒョウタン作った柄杓各自の器に取分けて飲む。この時小指でよく混ぜてから大振りの陶器製の豪快に飲むのが通で伝統的な飲み方とされる他方発泡性あるため意図的に温めて飲むことは、まずない。 また、韓国においてマッコリは、特に雨の日に好んで飲まれる。これは、もともと農民たちが、農耕出来ない雨天日にマッコリ飲んだことに由来するとされ、現在でも雨の日になるとマッコリ飲みたくなるという韓国人は多い。 韓国ではおしゃれなフュージョンバーが増えるとともにマッコリ酒場(デポチプ / 대폿집、マッコリチプ / 막걸리집)では、ボコボコ潰した真鍮製のやかん(ko:주전자、酒煎子)でマッコリ提供したり、ディスプレー使ってノスタルジックな風情演出するなど、近年マッコリ復権とともに様々な広がり見せている。

※この「飲み方」の解説は、「マッコリ」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「マッコリ」の記事については、「マッコリ」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 23:49 UTC 版)

ブランデー」の記事における「飲み方」の解説

飲み方として最も知られているのは、ストレートである。ブランデーグラスに、室温ブランデー少量入れて香りとともに味わう。適度に温度が上がる香りが立つので、グラスの底を手のひら包み込むようにして揺らし手の体温温めながら味わうのが良いとされる。ただし、体温温めるのはブランデー品質低く香り弱かった時代名残であり、現在のブランデー温める必要がないとも言われるまた、最初にごく少量のブランデー注いでグラス内側薄く濡らすようにしてからマッチの火でアルコール飛ばし、そこにあらため少量のブランデー注いで飲む方法があるが、これはあくまで目を楽しませる演出一種考えてよいオン・ザ・ロックなど冷やして飲むのは香り立たないため推奨されない。特に、上質のブランデーに氷を入れ行為は、味の分からない人がやることだと取られることがある水割りは、アメリカ合衆国では一般的に行われ、特に、酒に弱い女性などが水割りで飲む傾向があり、ウイスキーの水割りよりも上品な飲み物とされるフランスを始めとするヨーロッパロシアなどでは、基本的に水で薄めて飲む習慣は無い。また、ヨーロッパでは、ブランデーに限らず上質の蒸留酒ストレートで安物蒸留酒ソーダ割りもしくはカクテルに使うため、ブランデーソーダ割り一般的でない。これに対して英国ではブランデーソーダ割り王侯貴族知識人嗜みとして好まれた。

※この「飲み方」の解説は、「ブランデー」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「ブランデー」の記事については、「ブランデー」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/15 00:55 UTC 版)

ニコラシカ」の記事における「飲み方」の解説

輪切りにされたレモンの上に乗せられ砂糖の量が多過ぎるようであれば、ペーパーナプキンや灰皿などに捨てて砂糖の量を調整する次に砂糖乗っているレモン輪切り手で二つ折りにして、果肉部分を口に入れて噛み搾り出されるレモン果汁砂糖口内混合するこの時好みによって、レモン果肉噛み切って、果肉混合してしまって構わない。なお、レモン果皮など、余ったレモンはペーパーナプキンや灰皿などに捨てる。 そして、甘酸っぱい味が口内広がったらグラスの中のブランデー一気口に入れる。ここでニコラシカは、ようやく完成する後はそのまま飲めば良い

※この「飲み方」の解説は、「ニコラシカ」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「ニコラシカ」の記事については、「ニコラシカ」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 05:23 UTC 版)

ベトナムコーヒー」の記事における「飲み方」の解説

ベトナム語コーヒーは、フランス語と同じようにphê(カフェと呼ぶように、ベトナムでは基本的に植民地支配受けたフランスの手法を取り入れた飲み方をする。 アルミニウムまたはステンレス製の、底に細かい穴を多数開けたフランスで伝統組み合わせフィルター(カフェ・フィン、cà phê phin)を使って淹れる。このフィルターは、通常カップ乗せる平た部分、湯を受ける筒状部分、筒の中に入れるフィルターという3重の構造で、それぞれに細かい孔を開けて、粉がカップ落ちないように作られているが、どうしても粉が孔を塞ぐ形となって簡単には湯が通らないこのため抽出には5分から10分程度時間がかかり、また、たくさんの湯を受ける大きさとなっていないため、濃く抽出されるぽたぽたコーヒーが落ちる様子から、このスタイル淹れ方を、中国語滴滴咖啡(ディーディーカーフェイ)と呼ぶことがあるそのままでは非常に苦いため、cà phê sữa(カフェ・スア)と呼ぶミルクコーヒーにして飲む飲み方がある。この際生乳ではなくコンデンスミルク用いる。また後で加えるのではなくカップの底にコンデンスミルクを底が見えなくなる量あらかじめ敷いておき、その上からコーヒー淹れ、飲む際にスプーンかき混ぜる濃厚で甘く、コーヒーキャンディーを舐めている時に近い味を覚える首都ハノイでは、ヨーグルト加える飲み方が流行しているベトナム喫茶店などでコーヒーを頼むと、口直しにポット入りジャスミン茶ハスついてくる場合があるまた、別途ケーキ米の粉作った餅菓子の類を注文して食べ事もあるまた、ベトナム南部ではbạc xỉu(バクシウ、チュノム白小」)と呼ばれる広東系の飲み方がある。よりコーヒー少なくし、コンデンスミルク多めに入れるか、生乳代わりに用いるもので、女性人気がある

※この「飲み方」の解説は、「ベトナムコーヒー」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「ベトナムコーヒー」の記事については、「ベトナムコーヒー」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 18:19 UTC 版)

ジャスミン茶」の記事における「飲み方」の解説

取っ手付き陶磁器製のカップの底にジャスミン茶茶葉入れ熱湯注ぎ蓋をするしばらくしての出るのを待ってから飲む。 マツリカ香り付けた茶葉球状しばったり、さらにセンニチコウ等の花をドライフラワーしたもの包み込んだ工芸茶作られている。これらは湯を注ぐことで、茶葉開き、形の変化見て楽しむことができるので、耐熱ガラス製コップポット用いるのが一般的である。

※この「飲み方」の解説は、「ジャスミン茶」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「ジャスミン茶」の記事については、「ジャスミン茶」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/03 08:36 UTC 版)

チャイ (トルコ)」の記事における「飲み方」の解説

トルココーヒー長い歴史有するが、トルコ喫茶文化において重要な要素のひとつであり、もっとも一般的に飲まれるホットドリンクである。トルコでは客をもてなす際にふるまわれる家庭でお店で、特に男性集会(raathane)で消費されるカフェレストランできまって飲まれ場合によっては一日20杯から30杯も飲まれるチャイダンルック英語版)と呼ばれる2段重ねポット用いて淹れられる。下段ポットで湯を沸かし上段ポット抽出するは非常に濃く抽出され、飲む際に好み濃さに湯で薄めて角砂糖入れて飲む。を飲むのには特有の小さなチューリップ型グラス用いられるトルコでは年間1人あたり6個、計4億個のグラス販売されている。イスタンブールのような大都市では、イギリスアメリカ合衆国のように、陶器カップ飲むこともある。

※この「飲み方」の解説は、「チャイ (トルコ)」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「チャイ (トルコ)」の記事については、「チャイ (トルコ)」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 14:14 UTC 版)

八宝茶」の記事における「飲み方」の解説

ポット湯吞用意するお湯沸かし茶葉に注ぐ。(注ぐお湯90良いという説もある。) 3分から4分煮出し湯吞に注ぐ。(注ぐ前に湯吞沸騰したお湯温めておくと、より香りが立つ。)

※この「飲み方」の解説は、「八宝茶」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「八宝茶」の記事については、「八宝茶」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 16:01 UTC 版)

マテ茶」の記事における「飲み方」の解説

伝統的な飲み方は茶器容量の1/2ないし3/4程度茶葉直接入れ水または70 - 80℃程度お湯を注ぐ。ここに先端茶漉しがついた専用ストロー差し込み抽出液を飲む。容器ヒョウタン製のものはマテクイアまたはポロンゴなどといい、木製や角製のものはグアンパ(グァンパ、グァンポ)と呼ばれるマテストローボンビーリャ呼ばれ金属製先端膨らみ茶葉漉し取るための無数の小穴空いている。なお、現地での飲み方については、クロード・レヴィ=ストロースが『悲しき熱帯』のパンタナルの章で詳しく解説している。 近年ではティーポット淹れ抽出液のみをカップ注いで飲む場合も多い。ティーバッグ普及している。しかし、マテ茶淹れ方としては伝統的な方法が最も理に適っている。ボンビーリャで飲む場合、細かい茶葉漉しきれずに抽出液一緒に口に入ってくる。このため茶葉一部食べることになり、マテ茶栄養成分を最も効率よく取り込むことが可能となっている。湯が90より熱い場合は、金属製ストローでは唇が熱く飲むことできない気温が高い地域では水出しマテ茶飲むこと多くパラグアイではマテ茶薬草ハーブ混ぜて水出ししたテレレ呼ばれる飲み方が一般的である。単に「マテ茶というと温かいものを指しテレレ区別している人もいる。 茶葉に湯を注ぎそのまま飲むのが伝統的な方法であるが、現地でも砂糖入れ甘み加える飲み方が一般的になっている。また、スパイス薬草ハーブ等を混ぜて風味変えたり牛乳加えたりした飲み方も広く行われている。 パラグアイ・アルゼンチン・ウルグアイ・ブラジル南部では、一組茶器使い複数人マテ茶回し飲みする習慣がある。ホスト役茶器ボンビーリャ使いマテ茶をたて、一煎めは自分で飲む。二煎目からは順番に参加者回していき、各人満足するまで何杯でも回し続ける。客はホストから茶器受け取り自分ですべて飲んでホスト返す。客から別の客に直接茶器を渡すことはせず、受け取った自分ですべて飲みきりホスト返すのが作法である。茶器ホスト返すときにGraciasありがとう)と言うと「もう満足しましたという意味なるので、次からは自分に回ってこない。客から茶器戻されホストは湯を注ぎ場合によってはボンビーリャ差している位置調整した茶葉追加したりして味を調えた上で次の客に渡す。ボンビーリャ位置動かすと茶漉し部分目詰まりしたり、味の濃さ変化したりするので、客は勝手にボンビーリャ動かしてならない

※この「飲み方」の解説は、「マテ茶」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「マテ茶」の記事については、「マテ茶」の概要を参照ください。


飲み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 14:46 UTC 版)

ホッピー」の記事における「飲み方」の解説

アルコール度数25度の焼酎分量1に対してホッピー分量5となるように割ると、アルコール度数約4.166%の飲料ができる。店によっては、焼酎分量が多いなどの理由でアルコール度数公式ウェブサイト述べられている数値よりも高くなる場合がある。また焼酎甲類焼酎使用することは「美味しい飲み方」と紹介されている。 東京近郊居酒屋立ち飲み屋では、場合によっては焼酎入れたグラスジョッキと瓶入りホッピー提供され、客がグラスジョッキホッピー注ぎ入れて飲むようになっている。その場合、焼酎を「ナカ」、ホッピーを「ソトと呼ぶことがあるホッピー残っているといった場合焼酎追加注文する際には「ナカおかわり」と注文しホッピー追加注文する際は「ソトおかわり」と注文する。なお、店によってはホッピーサーバー提供しており、その場合はナカ」や「ソト」という注文できないまた、ホッピー輪切りレモン浮かべ店やシャーベット状に凍らせ焼酎用いる店、焼酎代わりにジンジョニー・ウォーカーウィスキー)、泡盛古酒クース)などを用いたりホッピーベース作ったカクテル供する店も存在するテレビ朝日系『タモリ倶楽部』2013年4月19日深夜放送分(テレビ朝日での放送日)では、「ホッピー浮気相手探そう!!」をテーマ焼酎外でホッピー相性のいい酒は何かを検証する企画放送されイタリア原産レモンリキュールリモンチェッロ」が「浮気相手」に認定された。ちなみにこの回収録場所となった居酒屋では、後にリモンチェッロ使用したホッピーメニューに加えられた。 ホッピービバレッジ公式ウェブサイトには、以下のホッピーの飲み方が掲載されている。 アルコール度数25度の甲類焼酎使用する。(東京式:90ml 横須賀式:120〜180ml使用ホッピー焼酎冷蔵庫で、グラスあるいはジョッキ冷凍庫冷やす。これを「三冷」と表現している焼酎ホッピー順で泡立つように注ぎかき混ぜない。 氷はホッピー風味悪くするため使用しない他に下の飲み方がある。 そのまま飲む(ホッピーの場合)。 冷やしてそのまま飲む(55ホッピーの場合)。 ホッピー使用する甲類焼酎として、三重県四日市市宮崎本店キンミヤ焼酎」が相性が良いとされている。これは昭和20年代東京都内飲食店向けにホッピー販売していた酒類販売会社が、ホッピー一緒の使用勧めたことが由来とされ、2000年代以降東京下町界隈キンミヤ焼酎はその強さ維持している。またこの焼酎呑兵衛漫画ホロ酔い酒房」(長尾朋寿)で取り上げられている。

※この「飲み方」の解説は、「ホッピー」の解説の一部です。
「飲み方」を含む「ホッピー」の記事については、「ホッピー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「飲み方」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「飲み方」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「飲み方」の関連用語

飲み方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



飲み方のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの奄美黒糖焼酎 (改訂履歴)、爆弾酒 (改訂履歴)、パーリンカ (改訂履歴)、球磨焼酎 (改訂履歴)、シンガニ (改訂履歴)、ジェズヴェ (改訂履歴)、ルオウ・カン (改訂履歴)、電気ブラン (改訂履歴)、スコッチ・ウイスキー (改訂履歴)、オン・ザ・ロック (改訂履歴)、ウイスキー (改訂履歴)、オールド・ファッションド (改訂履歴)、紹興酒 (改訂履歴)、ビール (改訂履歴)、マッコリ (改訂履歴)、ブランデー (改訂履歴)、ニコラシカ (改訂履歴)、ベトナムコーヒー (改訂履歴)、ジャスミン茶 (改訂履歴)、チャイ (トルコ) (改訂履歴)、八宝茶 (改訂履歴)、マテ茶 (改訂履歴)、ホッピー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS