異形配偶子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 遺伝 > 配偶子 > 異形配偶子の意味・解説 

いけい‐はいぐうし【異形配偶子】

読み方:いけいはいぐうし

有性生殖において、配偶子大きさや形が異なるもの。卵のように大型運動性がない雌性配偶子と、精子のように小型運動性がある雄性配偶子接合する。⇔同形配偶子


異形配偶子

同義/類義語:異型配偶子
英訳・(英)同義/類義語:anisogamete, heterogametes

精子卵子のように、有性生殖を行う生物作る配偶子形態異な配偶子のこと。
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  生殖腺  甲状腺  異形胞子  異形配偶子  疎繊維性結合組織  瘢痕組織  発音器



異形配偶子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「異形配偶子」の関連用語

異形配偶子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



異形配偶子のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS