スッポンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > スッポンの意味・解説 

すっぽん【×鼈】

読み方:すっぽん

カメ目スッポン科爬虫(はちゅう)類。淡水産カメ甲長35センチ。甲はほぼ円形軟らかく、暗青灰色。くびが長く、吻(ふん)部は管状。あごの力が強く、よくかみつく北海道を除く日本各地朝鮮半島中国インドシナ北部河川にすむ。食用民間薬用にする。かわがめ。どろがめ。まる。

歌舞伎劇場で、本花道七三(しちさん)にある方形切り穴床板上下し多く妖怪変化などに扮(ふん)した役者出入り使用される

和船船底くみ取るためのポンプ


スッポン

作者大道珠貴

収載図書
出版社文藝春秋
刊行年月2002.10

収載図書
出版社文藝春秋
刊行年月2005.5
シリーズ名文春文庫


スッポン

作者田口ランディ

収載図書短篇ベストコレクション現代小説 2006
出版社徳間書店
刊行年月2006.6
シリーズ名徳間文庫


読み方:スッポン(suppon)

スッポン科属すカメ総称


スッポン

読み方:すっぽん

  1. 花道七三にある切穴きりあな)のこと。『千代萩』の仁木(につき)がここから現れる。〔歌舞伎
  2. 花道切穴

分類 歌舞伎演劇

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:スッポン(suppon)

作者 林芙美子

初出 昭和12年

ジャンル 小説


スッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/16 09:31 UTC 版)

スッポン(鼈・龞・鱉、丸魚、Pelodiscus sinensis)は、爬虫綱カメ目スッポン科スッポン属に分類されるカメ。「キョクトウスッポン」「アジアスッポン」「ヒガシアジアスッポン」「シナスッポン」「チュウゴクスッポン」「ニホンスッポン」の名で呼ばれることもある(ニホンスッポンとチュウゴクスッポンに亜種を分ける説もある)。


  1. ^ 肉類/<その他>/すっぽん/肉/生 - 一般成分-無機質-ビタミン類-アミノ酸-脂肪酸-炭水化物-有機酸等”. 食品成分データベース. 文部科学省. 2021年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月12日閲覧。
  2. ^ a b スッポン”. e食材辞典. 第一三共株式会社. 2021年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月12日閲覧。
  3. ^ a b c “日本で初めてスッポンの養殖を開始。カレーやサプリなど新商品を次々と開発”. しんきん経営情報-トップインタビュー (ダイヤモンド・オンライン). (2021年10月1日). オリジナルの2021年9月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210930234439/https://diamond.jp/articles/-/283064 
  4. ^ 伊庭, 功「粟津湖底遺跡の発掘調査(湖底に沈んだ縄文時代中期の貝塚)」『滋賀考古』第5号、1990年、 50-51頁。
  5. ^ a b 新美倫子「鳥獣類相の変遷」『縄文時代の考古学4 人と動物の関わりあい』(同成社、2010年)、pp.146 - 147
  6. ^ 樋泉岳二「漁撈活動の変遷」西本豊弘編『人と動物の日本史1 動物の考古学』(吉川弘文館、2008年)、p.143
  7. ^ 楊貴妃も愛した?!旬の「スッポン」”. 一般財団法人 日本educe食育総合研究所. 2021年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月11日閲覧。
  8. ^ “名料理を新たに登録/スッポン丸煮、チョウザメ冷製煮物など”. 朝鮮新報. (2021年6月7日). オリジナルの2021年12月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211212010512/https://www.chosonsinbo.com/jp/2021/06/07-33/ 
  9. ^ 土別甲 生薬学術情報”. 伝統医薬データベース. 富山大学和漢医薬学総合研究所. 2021年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月12日閲覧。
  10. ^ a b 京極夏彦他編著 『北斎妖怪百景』国書刊行会、2004年、131頁。ISBN 978-4-336-04636-9 
  11. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』毎日新聞社、2000年、198頁。ISBN 978-4-620-31428-0 
  12. ^ a b 水木しげる妖鬼化』 2巻、Softgarage、2004年、84頁。ISBN 978-4-86133-005-6 
  13. ^ 江馬務 『日本妖怪変化史』中央公論新社中公文庫〉、1976年、37頁。ISBN 978-4-12-200349-1 


「スッポン」の続きの解説一覧

スッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 15:24 UTC 版)

精力剤」の記事における「スッポン」の解説

古代中国では階級者たちの食膳として用いられ古くから滋養強壮疲労回復効果謳われてきた。亜鉛カリウム、、セレンリンマンガンなどミネラル類を多く含む。

※この「スッポン」の解説は、「精力剤」の解説の一部です。
「スッポン」を含む「精力剤」の記事については、「精力剤」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スッポン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

スッポン

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 04:52 UTC 版)

名詞

すっぽん【鼇、

  1. 爬虫綱カメ目スッポン科属す総称
  2. 爬虫綱カメ目スッポン科キョクトウスッポン属に分類される亀。
  3. 食いついて離れないものの比喩
  4. 歌舞伎劇場七三にある切り穴
  5. 和船船底淦水汲み取るための水鉄砲式のポンプ
  6. (スッポン)排水設備詰まり直すために用い清掃用具俗称ラバーカップのこと。

関連語

翻訳


「スッポン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スッポン」の関連用語

スッポンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スッポンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスッポン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの精力剤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのスッポン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS