サンコタケとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 菌類 > キノコ > サンコタケの意味・解説 

サンコタケ

学名Pseudcolous schellenbergiae (Sumst.) Johnson
(アカカゴタケ科 サンコタケ属)
サンコタケ
梅雨時から秋にかけて庭先竹林などに発生する。

特 徴
きのこは初め白色の卵状。やがて黄色からオレンジ色の腕が伸び出す。腕は3~5本に枝分かれし、先端部は結合する。きのこには悪臭がある。

三鈷茸

読み方:サンコタケ(sankotake)

アカカゴタケ科のキノコ

学名 Pseudocolus schellenbergiae






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サンコタケ」の関連用語

サンコタケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サンコタケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会
Copyright © 1998-2018 Agriculture, Forestry and Fisheries Technical Information Society. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2018 Weblio RSS