レッドデータブックとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 資料集 > レッドデータブックの意味・解説 

レッドデータブック [7] 【red data book】

絶滅のおそれのある野生生物についての資料集1966年国際自然保護連合( IUCN )が発行したのが最初日本では89年平成1)環境庁編集2001年より環境省改訂作業を行なっている。

RDB(レッドデータブック)

 環境省が、日本絶滅のおそれのある野生生物種について、それらの生息状況等をとりまとめたもの。全世界レベルのレッドデータブックを編纂しているIUCN(国際自然保護連合)において、より定量的評価基準に基づく新たなカテゴリー平成6年採択されたことを受け、わが国でも平成7年からレッドデータブックの見直し作業開始している。新しいレッドデータブックは、平成16年9月現在、爬虫類・両生類ほ乳類鳥類植物Ⅰ、植物Ⅱ版が刊行されている。

レッド・データ・ブック(Red Data Book)

絶滅のおそれのある野生動植物の種に関する報告書。名称はIUCN(国際自然保護連合)が初め発行したもの表紙に赤い紙が使われていたことによります。我が国では,動物について環境庁平成3年に「日本絶滅のおそれのある野生生物-レッドデータブック-」を発行しています。植物平成元年に,その他「日本自然保護協会世界自然保護基金日本委員会から「我が国における保護上重要な植物種の現状」が発行され,また水生生物については水産庁1994年1995年に「日本希少な野生水生生物に関する基礎資料(Ⅰ),(Ⅱ)」としてとりまとめています。チョウ類については学会1993年に「日本蝶類衰亡保護」としてまとめています。その他,神奈川県三重県兵庫県などの地方自治体希少な動植物について発行しています。

レッドデータブック

 国際自然保護連合(IUCN)が世界各国専門家協力によって作成した絶滅のおそれのある種リストや、生態圧迫要因等を取りまとめデータ集。日本においても、環境省専門家協力得て、「日本絶滅のおそれのある野生動物日本版レッドデータブック)」を取りまとめている。また、植物についても、(財)日本自然保護協会および世界自然保護基金日本委員会によって、同様の調査が行われ、日本版レッドデータブックを発行している。

レッドデータブック

 全世界絶滅のおそれのある野生動植物の種とその生態圧迫要因保護現状などを取りまとめ国際自然保護連合(IUCN)からの報告書

 1966年初め発行されたものの表紙が赤かったためこのように呼ばれるその後各国発行されるようになったが、わが国では、1989年日本自然保護協会世界自然保護基金日本委員会植物について、1991年動物について日本版レッドデータブックを公表した。掲載されている代表的なものは、動物ではイリオモテヤマネコ、ツシマヤマネコトキシマフクロウアホウドリなど、植物ではサクラソウラン仲間など。各地自治体でも地域レベルのものを発行している。


レッド・データブック

【英】:red data book

絶滅危機に瀕している動植物示し刊行物で,IUCNがまとめている。1966年刊行開始表紙の色に危険を表す赤を使ったことから,この名前がつけられた。日本では1989年自然保護協会世界自然保護基金日本委員会の手刊行された。

レッドデータブック Red Data Book

国際自然保護連合(IUCN)が作成出版している、希少、あるいは絶滅危機に頻している動植物に関する資料集最新2000年度版。ただし、最近では各国が独自の「レッドデータブック」を作成している。>ホームページ参照 

レッドデータブック (環境省)

(レッドデータブック から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/15 11:52 UTC 版)

レッドデータブックRed Data Book、略記:RDB)は、絶滅のおそれのある野生生物に関する保全状況分布生態、影響を与えている要因等の情報を記載した図書である。1966年IUCN(国際自然保護連合)が中心となって作成されたものに始まり、現在は各国や団体等によってもこれに準じるものが多数作成されている。日本で単に「レッドデータブック」と言うときは、環境省によるもの、あるいはIUCNによるものを指すことが多い。本項では環境省作成のものについて記す。


  1. ^ 環境省報道発表資料 『(お知らせ)レッドデータブック2014<哺乳類、鳥類、爬虫類・両生類、貝類、その他無脊椎動物>の完成・出版について』、2014年10月9日。
  2. ^ 環境省報道発表資料 『(お知らせ)レッドデータブック2014<汽水・淡水魚類、昆虫類、植物II>の完成・出版について』、2015年3月9日。
  3. ^ 環境省報道発表資料 『(お知らせ)レッドデータブック2014<植物I>の完成・出版について』、2015年3月20日。
  4. ^ 環境庁(2000、21頁)
  5. ^ a b 我が国における保護上重要な植物種及び群落に関する研究委員会植物種分科会(1989)
  6. ^ 水産庁編 (2000)
  7. ^ a b c NPO法人野生生物調査協会及びNPO法人Envision環境保全事務所「レッドデータブックの歴史」『日本のレッドデータ検索システム』(2015年5月8日閲覧)
  8. ^ 日本哺乳類学会編(1997)
  9. ^ 日本ベントス学会編(2012)
  10. ^ 京都府『京都府レッドデータブック』(2015年5月8日閲覧)
  11. ^ レッドデータブック近畿研究会編著『近畿地方の保護上重要な植物 -レッドデータブック近畿-』関西自然保護機構、1995年1月、121頁。


「レッドデータブック (環境省)」の続きの解説一覧



レッドデータブックと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レッドデータブック」の関連用語

レッドデータブックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



レッドデータブックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
農林水産省農林水産省
Copyright:2019 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
環境省環境省
Copyright © 2019 Kankyosho All rights reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2019 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2019 All rights reserved
日本ウミガメ協議会日本ウミガメ協議会
(C) 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会,2019,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレッドデータブック (環境省) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS