ほととぎすとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > 雑誌 > ほととぎすの意味・解説 

ほととぎす


ほととぎす【時鳥/子規/杜鵑/不帰/郭公】

読み方:ほととぎす

【一】[名]

カッコウ科全長28センチくらい。全体に灰色で、胸から腹に横斑があるアジア東部繁殖し、冬は東南アジアに渡る。日本には初夏渡来。キョキョキョと鋭く鳴き、「てっぺんかけたか」「ほぞんかけたか」「特許許可局」などと聞きなし夜に鳴くこともある。自分の巣をもたず、ウグイス・ミソサザイなどの巣に托卵する。古くから春のウグイス秋の雁(かり)とともに和歌詠まれ、また冥土往来するともいわれた。別名が多く文目鳥(あやめどり)・妹背鳥(いもせどり)・黄昏鳥(たそがれどり)・偶(たまさかどり)・卯月鳥(うづきどり)・早苗鳥勧農鳥(かんのうちょう)・魂迎(たまむかえどり)・死出田長(しでのたおさ)などがある。杜宇(とう)。蜀魂(しょっこん)。しき。とけん。《 夏》「—大竹をもる月夜芭蕉

(「杜鵑草」「油点草」などと書く)ユリ科多年草本州以南山野自生。高さ約60センチはやや斜めに伸び長楕円形で先がとがり、基部を抱く。9月ごろ、6弁花を上向きに開く。花びら白地に紫の斑が散り1の胸模様思わせる。《 秋》

【二】ホトトギスが飛ぶ意から、「飛ぶ」「とば」にかかる。

「—飛幡(とばた)の浦に」〈万・三一六五〉

時鳥/子規/杜鵑/不如帰/郭公の画像

ほととぎす 【時鳥・杜鵑・不如帰・子規】

カッコウ目カッコウ科。名は鳴き声からつけられ、スはを表す接尾語昼夜ともに鳴き、その声は悲痛聞こえるので種々の伝説生んだ飢饉の時、兄が盲目の弟に先に食物食べさせ自分粗末な物で我慢していたのに、弟は邪推して兄を殺して腹を裂き腹中少しの粗物よりなかったので驚き化してホトトギスとなって悔いて鳴くのだとの伝説もその一つ兄と弟逆になっている場合もあり、東欧中国・日本にもある話。日本では死出の山から来たともし、鳴き声をまねると死ぬなどとする。→ 死出の山

ほととぎす

作者堀辰雄

収載図書昭和文学全集 6
出版社小学館
刊行年月1988.6

収載図書ザ・堀辰雄全小全一
出版社第三書館
刊行年月2004.12


ほととぎす

作者石川淳

収載図書石川淳全集 第7巻
出版社筑摩書房
刊行年月1989.11

収載図書影・裸婦変相喜寿童女
出版社講談社
刊行年月1992.6
シリーズ名講談社文芸文庫


ほととぎす

作者大庭みな子

収載図書新輯お伽草紙
出版社河出書房新社
刊行年月1990.1


ほととぎす

作者三浦哲郎

収載図書短篇集モザイク 3 わくらば
出版社新潮社
刊行年月2000.9

収載図書わくらば短篇集モザイク 3
出版社新潮社
刊行年月2003.9
シリーズ名新潮文庫


ほととぎす (杜鵑)

ユリのほかの用語一覧
ヘッセア:  ヘッセア・ゼリヘリ
ホトトギス:  山杜鵑  山路の杜鵑  杜鵑  玉川杜鵑  白杜鵑  高隈杜鵑

ほととぎす


子規

読み方:ほととぎす

  1. 禿げ頭をいふ。子規の鳴く声は「てつぺん禿げたか」といふより、それにかけたる洒落
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ホトトギス

(ほととぎす から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/15 03:00 UTC 版)

ホトトギス学名Cuculus poliocephalus)は、カッコウ目カッコウ科分類される鳥類の一種[注釈 1]。特徴的な鳴き声とウグイスなどに托卵する習性で知られている。日本では古来、様々な文書に登場し、杜鵑、杜宇、蜀魂、不如帰[注釈 2]、時鳥、子規、田鵑など、漢字表記や異名が多い。季語では夏を示す。


注釈

  1. ^ 「ホトトギス目ホトトギス科」と書かれることもあるが、カッコウ目カッコウ科と同じものである。
  2. ^ 「杜鵑」「杜宇」「蜀魂」「不如帰」などは、中国の故事「杜鵑の啼血」にちなむ。故事の節で説明。
  3. ^ 家康の句にある郭公(ホトトギス)とは前田利家のことを指し、家康は利家が死ぬのを待っていたとする説がある[要出典]
  4. ^ ただしこの句は、根岸鎮衛の著になる『耳嚢』にある紹巴の句「なかぬなら鳴かぬのもよし郭公」と同趣向である。また織田信長の七男・織田信高の系統の旗本織田家の末裔であると自称している(彼が織田信高の子孫にあたるという第三者視点での明確な証拠は本人家族どちらからも全く明示されていない)フィギュアスケート選手の織田信成も、テレビ番組のインタビューにおいて、信長を詠んだ句への返句として「鳴かぬなら それでいいじゃん ホトトギス」と、松下と同じような句を詠んで話題になった。なお種田山頭火は「鳴かぬなら鳴かなくてよいホトトギス」のパロディを作っている。(『草木塔』所収)

出典

  1. ^ 加藤徹 『怪力乱神』中央公論新社、2007年8月10日、161-164頁。ISBN 978-4-12-003857-0 
  2. ^ 「夜話のとき或人の云けるは、人の仮托に出る者ならんが、其人の情実に能く恊へりとなん」として、「「郭公を贈り参せし人あり。されども鳴かざりければ、 なかぬなら殺してしまへ時鳥 織田右府  鳴かずともなかして見せふ杜鵑 豊太閤  なかぬなら鳴まで待よ郭公 大権現様」
  3. ^ “普通切手の一部券種で使用している書体の変更” (PDF) (プレスリリース), 郵便事業株式会社, (2010年11月29日), https://www.post.japanpost.jp/whats_new/2010/1129_01_c01.pdf 2022年6月9日閲覧。 
  4. ^ 普通切手の一部券種の販売終了 (PDF)”. 日本郵便株式会社 (2015年9月1日). 2022年6月10日閲覧。 “別紙1”
  5. ^ 都道府県の鳥について”. 日本鳥類保護連盟. 2013年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月27日閲覧。


「ホトトギス」の続きの解説一覧

ほととぎす

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:43 UTC 版)

名詞:鳥

ほととぎす不如帰, 霍公鳥, 沓手鳥, 子規, 時鳥, 杜宇, 杜鵑, 橘鳥, 田鵑, 蜀魂, 郭公

  1. カッコウ目カッコウ科特徴的鳴き声有しウグイスなどに托卵する。(夏の季語)
  2. 地名「飛幡(とばた 現北九州市戸畑区)」にかかる枕詞

翻訳

関連語

鳥のホトトギス異称

名詞:貝

ほととぎす杜鵑

  1. ほととぎすがい俗称

名詞:植物

ほととぎす時鳥, 杜鵑草, 油点草

  1. ユリ科ホトトギス属、またはそれに属す植物総称学名Tricyrtis
  2. ユリ科ホトトギス属多年生草本植物の代表的な種山野林下林縁、崖や傾斜地などの、日当たり弱いところに自生する。花は初夏から秋にかけて、雌雄同花上向きに咲き花弁は 6直径cm程度のものが 2〜4日程度咲くことが多い。学名Tricyrtis hirta (秋の季語)

語源



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「ほととぎす」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ほととぎすと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ほととぎすのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ほととぎすのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2022 shu(^^). All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホトトギス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのほととぎす (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS