花弁とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 薄片 > 花弁の意味・解説 

か‐べん〔クワ‐〕【花弁/花×瓣】


はな‐びら【花弁/花片/×瓣】

花の、(がく)の内側にあって雄しべ雌しべ保護する小片。ふつうより大きく薄く葉緑素を含まず、さまざまな色彩をもつものが多い。かべん。


か‐べん クヮ‥ 【花弁・花瓣】

〔名〕 花を構成する一要素で、(がく)と雄しべの間に位置する。ふつう、一花には三〜五、またはその倍数あり、一枚ずつ離れているもの(離弁)と、癒合しているもの(合弁)に大別される。一般萼片(がくへん)に較べ大形で、白、赤、黄など緑色以外のものが多い。はなびら。〔植学啓原(1833)〕〔群芳譜‐花譜四〕


はな‐びら【花弁・花瓣・花片・葩・花平】

〔名〕

① かべん。特に、桜の花びらをさして季語として用いことがある。《季・春》 〔十巻本和名抄(934頃)〕

源氏100114頃)紅葉賀「たたちりばかりこの花びらにときこゆるを」

② 「はなびらもち花弁餠)」の略。〔日葡辞書(1603‐04)〕

法事時にまき散らす紙製五色蓮の花弁。散華(さんげ)。

御湯殿上日記文明一四年(1482)一一月二四日むろまち殿より御はなひら百まゐ、きんきんふちそのほかことをつくして色々にまいる」


花弁

英訳・(英)同義/類義語:petal

ら変化した、植物の花を構成する組織で、花冠構成する1つ1つ葉状組織はなびら
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  花冠  花器官  花序  花弁  花柱  花粉4分子  花粉

花冠

(花弁 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 17:32 UTC 版)

花冠(かかん、: corolla[1])とは、複数の花弁(花瓣、かべん、: petal[1]、いわゆる「花びら」)からなる、器官のことである。花冠は花弁の集まりであるが、花として花粉媒介者の標的になるだけではなく、と同じく、雄しべ雌しべを保護する役割をもっている。


  1. ^ a b 文部省日本植物学会編『学術用語集 植物学編』丸善、1990年、増訂版。ISBN 4-621-03376-X


「花冠」の続きの解説一覧

花弁

出典:『Wiktionary』 (2017/12/12 05:54 UTC 版)

名詞

 (かべん、はなびら

  1. 花びら

関連語




花弁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「花弁」の関連用語

1
100% |||||

2
96% |||||

3
76% |||||

4
76% |||||

5
58% |||||

6
58% |||||

7
58% |||||

8
58% |||||

9
58% |||||

10
58% |||||

花弁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



花弁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの花冠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの花弁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS