アブラナとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 薬用植物一覧 > アブラナの意味・解説 

ナタネ

ナタネ
科名 アブラナ科
別名: アブラナ・ナノハナ
生薬名: タネアブラ種油
漢字表記 菜種
原産 ヨーロッパアジア
用途 古くから日本栽培されてきました。果実から絞った油がナタネ油に、残りかす肥料として利用されています。軟膏基剤オリーブ油代用とします。
学名: Brassica campestris L.
   var. nippo-oleifera DC.

油菜

読み方:アブラナ(aburana)

アブラナ科越年草園芸植物

学名 Brassica campestris


芸薹

読み方:アブラナ(aburana)

アブラナ科越年草園芸植物

学名 Brassica campestris


油菜

読み方:アブラナ(aburana)

アブラナ科二年生作物

季節

分類 植物


アブラナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/01 01:08 UTC 版)

アブラナ油菜)は、アブラナ科アブラナ属二年生植物。古くから野菜として、また油を採るため栽培されてきた作物で、別名としてナノハナ(菜の花)、ナタネ(菜種は正式な作物名である)などがあり、江戸時代には胡菜または蕓薹と呼ばれた。




「アブラナ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アブラナ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||



5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

アブラナのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アブラナのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2019, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアブラナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS