アブラツノザメとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > アブラツノザメの意味・解説 

あぶら‐つのざめ【油角×鮫】


アブラツノザメ

学名Squalus acanthias 英名:Spiny dogfish
地方名アブラザメムキザメ 
脊椎動物門軟骨魚綱ツノザメ目ツノザメ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権尼岡 邦夫

特徴
第1背びれ第2背びれ前につよいトゲがある尻びれがない。尾びれ下葉小さい。体は黒灰色で小白点が散在する卵胎生で、10数尾の子生む妊娠期間1822ヶ月で、サメ類中もっとも長い。底曳き(そこびき)や延縄はえなわ)で漁獲され肝臓から肝油をとるのに利用される。肉は練製品原料などになる。産業的重要種。

分布:全世界寒帯温帯海域 大きさ:1.5m
漁法:底曳き(そこびき)、延縄はえなわ 食べ方:練製品原料乾物肝油

油角鮫

読み方:アブラツノザメ(aburatsunozame)

ツノザメ科海水魚

学名 Squalus acanthias


アブラツノザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/24 20:33 UTC 版)

アブラツノザメ (油角鮫、英: North pacific Spiny dogfish、学名:Squalus suckleyi) は、ツノザメ目ツノザメ科に属するサメ


  1. ^ Ebert, D. A., White, W. T., Goldman, K. J., Compagno, L. J., Daly-Engel, T. S., & Ward, R. D. (2010). "Resurrection and redescription of Squalus suckleyi (Girard, 1854) from the North Pacific, with comments on the Squalus acanthias subgroup (Squaliformes: Squalidae)". Zootaxa 2612: 22–40.
  2. ^ 仲谷一宏 (2011). サメ-海の王者たち-. ブックマン社. pp. 152 
  3. ^ Compagno, L.J.V. 1984. FAO species catalogue. Vol. 4. Sharks of the world. An annotated and illustrated catalogue of shark species known to date. FAO Fish. Synop. No. 125, vol. 4. pp.111-113.
  4. ^ Squalus acanthias Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2011.FishBase. World Wide Web electronic publication. www.fishbase.org, version (06/2011).
  5. ^ a b c d e f Biological Profiles:Piked dogfish Florida Museum of Natural History Ichthyology Department.
  6. ^ ナショナルジオグラフィック日本語公式サイト 動画‐動物‐魚類‐衝撃映像サメVSタコ
  7. ^ 国際漁業資源の現況 -平成26年度現況- 水産総合研究センター
  8. ^ 303ページの合計値 FAOによる2009年度漁業養殖年報
  9. ^ 絶滅危機のウナギは庶民の食卓に戻るのかーニホンウナギの完全養殖に希望の光、JB PRESS、2015年6月12日、同年10月3日閲覧


「アブラツノザメ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アブラツノザメのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アブラツノザメのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアブラツノザメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS