第三書館とは? わかりやすく解説

第三書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 03:39 UTC 版)

第三書館(だいさんしょかん)は、文芸ノンフィクションを中心とした日本出版社


  1. ^ 1990年12月2日付朝日新聞
  2. ^ BII Princess Masako|Ben Hills、ベン・ヒルズ公式サイト、2016年3月25日閲覧。
  3. ^ 「プリンセス・マサコ」(ベン・ヒルズ)に関する宮内庁書簡(日本語仮訳) - 宮内庁
  4. ^ 浜名純「『プリンセス・マサコ』日本版出版中止事件と皇室タブー」、『』、2007年5月号。
  5. ^ 2007年8月2日付産経新聞
  6. ^ a b “流出の警視庁データ?出版、実名・住所を掲載”. 読売新聞. (2010年11月27日). オリジナルの2019年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101130073316/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101127-OYT1T00342.htm 
  7. ^ “流出データ本、怒る掲載人物…店頭から撤去も”. 読売新聞. (2010年11月27日). オリジナルの2010年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101130043815/https://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101127-OYT1T00716.htm 
  8. ^ 流出文書の本 出版・販売禁止決定”. NHK (2010年11月29日). 2010年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月2日閲覧。
  9. ^ 30代~90代の日本エンペラー論 模索舎、2018年3月8日更新。


「第三書館」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

第三書館のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第三書館のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第三書館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS