子規とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > ホトトギス > 子規の意味・解説 

し‐き【子規】


ほととぎす【時鳥/子規/杜鵑/不帰/郭公】

【一】[名]

カッコウ科全長28センチくらい。全体灰色で、胸から腹に横斑があるアジア東部繁殖し、冬は東南アジアに渡る。日本には初夏渡来。キョキョキョと鋭く鳴き、「てっぺんかけたか」「ほぞんかけたか」「特許許可局」などと聞きなし夜に鳴くこともある。自分の巣をもたず、ウグイス・ミソサザイなどの巣に托卵する。古くから春のウグイス、秋の雁(かり)とともに和歌に詠まれ、また冥土往来するともいわれた。別名が多く文目鳥(あやめどり)・妹背鳥(いもせどり)・黄昏鳥(たそがれどり)・偶(たまさかどり)・卯月鳥(うづきどり)・早苗鳥勧農鳥(かんのうちょう)・魂迎(たまむかえどり)・死出田長(しでのたおさ)などがある。杜宇(とう)。蜀魂(しょっこん)。しき。とけん。《 夏》「—大竹をもる月夜芭蕉

(「杜鵑草」「油点草」などと書く)ユリ科多年草本州以南山野自生。高さ約60センチはやや斜め伸びは長楕円形で先がとがり、基部を抱く。9月ごろ、6弁花を上向きに開く。花びら白地紫の斑が散り1の胸模様思わせる。《 秋》

【二】ホトトギスが飛ぶ意から、「飛ぶ」「とば」にかかる。

「—飛幡(とばた)の浦に」〈三一六五〉

時鳥/子規/杜鵑/不如帰/郭公の画像

ほととぎす 【時鳥・杜鵑・不如帰・子規】

カッコウ目カッコウ科。名は鳴き声からつけられ、スはを表す接尾語昼夜ともに鳴き、その声は悲痛聞こえるので種々の伝説を生んだ。飢饉の時、兄が盲目の弟に先に食物を食べさせ、自分粗末な物で我慢していたのに、弟は邪推して兄を殺して腹を裂き、腹中に少しの粗物よりなかったので驚き、化してホトトギスとなって悔い鳴くのだとの伝説もその一つ兄と弟逆になっている場合もあり、東欧中国日本にもある話。日本では、死出の山から来たともし、鳴き声をまねると死ぬなどとする。→ 死出の山

子規

読み方:ほととぎす

  1. 禿げ頭をいふ。子規の鳴く声は「てつぺん禿げたか」といふより、それにかけたる洒落
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

子規

読み方:ホトトギスhototogisu

ホトトギス科の

季節

分類 動物


子規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/11/17 07:38 UTC 版)

子規





子規と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「子規」の関連用語

子規のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



子規のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの子規 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS