玉とは?

ぎょく【玉】

美しい石。たま。

硬玉軟玉総称翡翠(ひすい)・碧玉(へきぎょく)など。

料理店などで、鶏卵また、すしだね卵焼き

取引所で、取引対象となる株式商品また、信用取引先物取引で、売り建てまたは買い建てをして未決済のままの約定

将棋の駒(こま)の「玉将」の略。

芸者のこと。

玉代(ぎょくだい)」の略。


ぎょく【玉】

[音]ギョク(漢) [訓]たま

学習漢字1年

[一]ギョク

美しく価値のある石の類。「玉砕玉石玉杯攻玉紅玉硬玉珠玉碧玉(へきぎょく)・宝玉

美しくすぐれているものの形容語。「玉肌(ぎょくぎ)・玉露金科玉条金殿玉楼

天子または他人敬って物事添える語。「玉音(ぎょくいん)・玉音(ぎょくおん)・玉稿玉座玉章玉体

将棋の駒の一。王将。「玉将入玉

花柳界で、芸者のこと。「玉代半玉

[二]〈たま(だま)〉「玉垣玉砂利親玉善玉手玉火玉水玉目玉槍玉(やりだま)・数珠玉鉄砲玉

名のり]きよ

難読薬玉(くすだま)・玉章(たまずさ)・玉蜀黍(とうもろこし)・勾玉(まがたま)


たま【玉/球/珠】

【一】[名]

球体楕円体、またはそれに類した形のもの。

球形をなすもの。「―の汗」「露の―」「目の―」

㋑丸くまとめられたひとかたまり。「毛糸の―」「うどんの―」

レンズ。「眼鏡の―をぬぐう」「長い―で撮る」

㋓(球)球技などに用いるボール。まり。また、投球などの種類。「遅い―」「―を打つ」「―をとる」

㋔(球)玉突きの球。転じてビリヤードや、そのゲームをいう。「友人と―を突く」

㋕(球)電球。「切れた―を取り替える

そろばんで、はじく丸い粒。そろばんだま。「帳簿を開いて―を置く」

㋗(「弾」「弾丸」とも書く)銃砲弾丸(だんがん)。「―が飛びかう」「―を込める」

鶏卵玉子。「掻(か)き―」

㋐丸い形の美しい石の総称宝石真珠など。「―を磨く」「―で飾る」

きわめて切に思う貴重なもの。「掌中の―」

張りがあって美しく清らかなもの。「―の肌」

人を丸め込むために策略の手段として使う品物現金。「ゴルフ会員権贈賄の―に使う」

美し女性また、転じて芸者遊女。「上―」

あざけり気持ちで、人をその程度人物であるときめつける語。やつ。「あいつもたいした―だよ」

《「金玉(きんたま)」の略》睾丸(こうがん)。

紋所の名。2㋐を図案したもの

【二】[接頭]名詞に付く。

神事高貴物事に付いて、それを褒めたたえる意を添える。「―垣」「―襷(だすき)」

玉のように美しいもの、玉をちりばめたものなどの意を添える。「―」「―櫛笥(くしげ)」

[下接句] 傷無き玉傷に玉・衣(ころも)の裏の珠・掌中の珠・掌(たなごころ)の玉・手内の珠・驪竜(りりょう)頷下(がんか)の珠・連城の璧(たま)


玉(ぎょく)

参照建玉 一般用語

たま【玉】


玉石玉砂利


読み方:ギョク(gyoku)

討幕派の志士の隠言で天皇のこと。


ぎょく 【玉】

中国で、美し光沢の石を玉という。古くからおもに崑崙山麓のホータンに産し、玉門関通って中原に運ばれた。人々神秘的なものを感じ、神や霊魂を呼ぶとか、邪悪を払うとか、生長再生の力があるとか信じて、呪術に用いた。

玉(たま)

刃文形態表わす言葉一つ飛び焼の一種で、小沸に包まれた焼刃円形に整った美的要素の強い刃文。刃中に現われたものを玉刃、また同様に平地に現われたものを玉を焼くという。濤乱刃名手津田助広大きな魅力一つとなっている。

たま〔玉〕

親王即ち内裏雛の略称。

読み方:タマサンゴ(tamasango)

チョウジガイ科の海産動物

学名 Notocyathus


読み方:タマサンゴ(tamasango)

ナス科常緑小低木

学名 Solanum pseudo-capsicum


読み方:ぎょく

  1. (一)芸娼妓揚ぐ一定の料金。(二)料理店にての鶏卵異名
  2. 1 ぎよくだい(玉代)の略。2 飲食店にて鶏卵異称。3 取引所にて売買取引物件
  3. 玉代の略にて芸妓揚代の事、転じて女子の事を云ふ。又、卵の事をも云ふ。
  4. ⑴〔取〕取引目的物、又は取引所納める証拠金。⑵鶏卵のこと。⑶玉代の略。
  5. 玉代の略で芸妓揚代のこと。転じて女子のことをいう。又卵のことをいう。

分類 取引所東京


読み方:たま

  1. 菎蒻を云ふ。

分類 女房詞


読み方:たま

  1. 〔花〕妓品のことに云ふ。美醜に就いて上玉」と云へば美人芸娼妓として上等なもののこと。又「玉に使ふ」とか「替玉」とか云ふのも之である。花代揚代のことは「ギヨク(玉)」と云ふ。鶏卵のことも「ギヨク」と呼ぶ。又犯罪者仲間では贓物に就いてタマ」と呼んでいる。即ち「上玉である」とか云ふ様に使はれる。

分類


読み方:ぎょく

  1. 芸娼妓線香代のことをいふ。玉代(※「ぎょくだい」)の条を見よ。〔花柳語〕
  2. 玉代と同じ。芸娼妓枕金又は線香代のこと。〔花柳界
  3. 芸娼妓線香代のことをいふ。玉代(※「ぎょくだい」)の条を見よ。
  4. 線香代玉代を云ふ。
  5. 花柳界用語。玉代とも云ふ。芸娼妓枕金又は線香代のことをいふ。
  6. 芸娼妓線香代のこと。〔花柳界

分類 花柳界花柳


読み方:ぎょく

  1. 料理屋などにて鶏卵のことをいふ。〔花柳語〕
  2. 卵。
  3. 卵を云ふ。
  4. 鶏卵清水長野 闇屋仲間
  5. 鶏卵。〔闇屋
  6. 料理屋などで鶏卵のこと。〔花柳界

分類 花柳界花柳語、闇屋仲間露店商香具師


玉(ギヨク)

読み方:ぎょく

  1. 取引所に於ける売買註文

分類 相場


読み方:ぎょく

  1. のこと又は米糸の如く現物の事をいふ。〔相場語〕
  2. 売り又は買ひ商内成立したもの即ち玉である。
  3. 商品可部 不良仲間
  4. 商品。〔香具師不良
  5. 買っている、又は売っているをいう。〔株式
  6. 商品娼妓というがその女達は単に商品扱いをされていたことから転じて。〔香〕
  7. 買つている、または売つている
  8. 売買している

分類 不良仲間会社株式経済株式相場相場語、香、香具師不良


読み方:たま

  1. 1 飯食店などにて鶏卵をいふ。2 蒟蒻のこと。宮女の詞。
  2. 被害者となる目的人物。〔詐欺師〕 或は金銀宝石類。婦女子のことを云ふ。握飯ともいふ。
  3. ⑴女をいう。⑵鶏卵、即ち玉子のこと。⑶〔犯〕被害者のこと、玉は宝を意味し目当の玉を持つている者の意。
  4. 時計被害者諜者。〔掏摸
  5. 淫売婦犯人時計被害者スパイなどを適宜に、その時その時で、指す言葉一種代名詞。〔一般犯罪
  6. 被害者犯人からはお客の意)。〔盗〕 ②芸娼妓。〔花〕 ③犯人。「たま」は宝玉のことではじめ大切なもの大事なもの代名詞であつたが、転じて目的物又は人を指し善悪良否共に用うる。〔不〕
  7. 売春婦犯人時計被害者密告者などを適当にその時その時で指す言葉一種代名詞

分類 宮中掏摸犯罪犯罪者、盗/花/不/風俗犯罪


読み方:たま

  1. 金銀宝石類。〔第七類 雑纂
  2. 金銀宝石類のことをいふ。〔犯罪語〕

分類 犯罪


読み方:たま

  1. 賍物故買者-〔鹿児島地方〕。〔第二類 人物風俗
  2. 贓物故買者。〔鹿児島県〕 或は密告者のことを云ふ。

分類 鹿児島地方鹿児島県


読み方:たま

  1. 握飯。〔第六類 器具食物
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


読み方:タマtama

所在 岡山県玉野市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/01 18:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

たま

ぎょく

  • 宝石のこと。主にヒスイを指す。玉石混淆の玉はこの意。「たま」とも。
  • 玉璽のこと。
  • 将棋の駒の1つ、玉将のこと(王将と同一)
  • 投資用語のひとつ。玉 (投資用語)を参照。
  • 「美しい」を意味する接頭辞。
  • 天子(天皇、皇帝)の身の周りのものを尊称するための接頭辞。玉体、玉音など
  • 天皇のこと。江戸時代末、薩摩藩長州藩藩士が隠語として用いたといわれる。
  • メセン(Mesembryanthemaメセンブリアンテマ亜科群)、就中「玉型メセン」の品種名に多く用いられる接尾辞。日輪玉、花紋玉、琅干玉など。
  • 玉代のこと。転じて娼妓芸妓のこと。
  • 販売用の商品、商材の俗語。
  • (おもに「ギョク」の表記で)鶏卵あるいは卵焼きの口語表現。寿司屋などで使われる。

上記どちらにも当てはまらないもの

  • 江戸時代において、数を数える、統計を取る時など勘定する場合に使用した漢字。これは、現在は「」にあたる。

関連項目

  • Unicode康煕部首(Unicode Kangxi Radicals) の「」(U+2F5F; 玉部)に酷似する。

  1. ^ 『神社有職故実』 神社本庁、昭和26年7月15日発行、8頁
  2. ^ 千家尊統 『出雲大社』 株式会社学生社、昭和43年8月25日発行、240頁

出典:『Wiktionary』 (2019/04/06 19:52 UTC 版)

発音

名詞

  1. たま又は球に類する立体
  2. ギョク又はたま又は卵に関する造語成分
  3. ギョク天皇に関する物事作る造語成分。(例)玉体玉音玉璽
  4. ギョク天皇隠語
  5. ギョク 花柳界符丁芸者(の揚げ代)。(例)玉代
  6. ギョク 相場用語)取引対象物。(例)建玉
  7. ギョク 将棋玉将王将の略。(例)自玉

熟語

成句


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



玉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「玉」に関係したコラム

  • 株式取引の板の見方

    株式取引の板とは、銘柄の価格帯ごとの売り数量と買い数量を表示した表のことです。売数量株価買数量14100341534000341021900340565200340087000339576600339...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「玉」の関連用語



3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



玉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2021 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2021 K'sBookshelf All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2021 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2021 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
社団法人日本人形協会社団法人日本人形協会
Copyright (C) 2021 社団法人日本人形協会 All rights reserved.
※このホームページに掲載されている文章・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの玉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS