栗とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > > の意味・解説 

くり【×栗】

読み方:くり

ブナ科落葉高木山地生え長楕円形先がとがる6月ごろ、黄白色のにおいの強い雄花の穂をつけ、その基部雌花をつける。種子はふつう3個、いがに包まれた実を結ぶ種子食用、材は枕木建材に、樹皮・いがは染料用いる。品種多く果樹として栽培クリ属には12種があり、甘栗知られるチュウゴクグリや、ヨーロッパグリ・アメリカグリなどがある。《 実=秋 花=夏》「―食む若き哀しき背を曲げて/波郷」

栗の画像
栗の画像
栗のと実を模した紋所
栗の画像

りつ【×栗】

読み方:りつ

人名用漢字] [音]リツ(漢) [訓]くり

[一]リツ

果樹の名。クリ。「栗子(りっし)」

おののく。「股栗(こりつ)」

[二]〈くり(ぐり)〉「栗色栗飯甘栗毬栗(いがぐり)」

難読団栗(どんぐり)・栗鼠(りす)


クリ

別名:栗
【英】:Castanea crenata
(ブナ科)


北海道南部本州四国九州分布します。福島県宮城県岩手県島根県などに蓄積が多いとされています。食用にするクリを採取するために植栽されています。甘栗中国原産で、C.mollissimaから採取されものです。クリの名前から食用になるクリの果実のみを想像するかもしれませんが木材忘れてはなりません。今でもクリの多く生育している地方で、ほとんでのがクリでできている建物をみることがありますこのようなものは建築材料としての優秀性を示すよい例です。

木材
年輪境界大きな道管帯状配列して環状になっているので、年輪はっきりとしています。クリの道管日本の広葉樹のなかではもっとも大き部類入ります
このため、肌目の粗い木材となってます。心材褐色辺材はやや褐色帯びた灰白色で、両者の差ははっきりとしています気乾比重は0.44~0.60 (平均値)~0.78で重硬な木材いえます心材保存性極めて高く日本産材中では最高といえるでしょうしたがってよく湿に耐えます。上述のように重硬で、強く、しかも保存性が高いことから建築用いると非常に丈夫なものが出来ることなります。このことが昔からよく知られており、家を建てる際に最小限でも、建物土台にはクリが用いられてきていました。最近ではこのような例は少なくなったことでしょう切削などの加工難しく表面仕上がり中庸です。

用途
建築土台装飾)、家具器具車両ひきもの枕木土木などに使われます。


くり 【栗】

ブナ科落葉高木日本では栗は正月縁起物歯固め用いられ干して臼でついて渋皮取ったものを勝ち栗といって(じつは搗ち栗)、戦陣勝利縁起物ともした。だが反面屋敷内植えると栄えないとしたり、双子栗を食べると双子生まれる、などの俗信もある。

作者金井美恵子

収載図書金井美恵子短篇 3
出版社日本文芸社
刊行年月1992.4


作者林田遼子

収載図書天皇が来た日
出版社日本民主主義文学会
刊行年月2004.1
シリーズ名民主文学


読み方:クリkuri

ブナ科落葉高木で、いがに包まれ実がなる

季節

分類 植物


地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
くり
くりさき
くりざき
たかくり
たかくわ
りち
りつ

クリ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/14 00:20 UTC 版)

クリ(栗、学名Castanea crenata)は、ブナ科クリ属の一。クリのうち、各栽培品種原種山野に自生するものは、シバグリ(柴栗)またはヤマグリ(山栗)と呼ばれる、栽培品種はシバグリに比べて果実が大粒である。また、シバグリもごく一部では栽培されている。


  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Castanea crenata Siebold et Zucc.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年8月22日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Castanea crenata Siebold et Zucc. var. kusakuri (Blume) Nakai” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年8月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 田中孝治 1995, p. 139.
  4. ^ a b c d e f g h 辻井達一 1995, p. 105.
  5. ^ a b c d 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 194.
  6. ^ a b c d e f g 貝津好孝 1995, p. 30.
  7. ^ a b c d e f g h i j k 田中潔 2011, p. 78.
  8. ^ a b c d e f g h i j 川原勝征 2015, p. 91.
  9. ^ a b c d e 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2014, p. 148.
  10. ^ a b 林将之 2008, p. 48.
  11. ^ a b 林将之 2011, p. 153.
  12. ^ a b c 西田尚道監修 学習研究社編 2000, p. 222.
  13. ^ a b c 辻井達一 1995, p. 108.
  14. ^ 第11回かさま新栗まつり笠間市ホームページ
  15. ^ 齋藤 寿広,壽 和夫,澤村 豊,他 (2009). “ニホングリ新品種‘ぽろたん’” (PDF). 果樹研究所研究報告 (農研機構果樹研究所) (9): 1-9. http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010791637.pdf 2016年6月9日閲覧。. 
  16. ^ 農林水産省 作況調査(果樹)くり 平成26年版
  17. ^ a b 辻井達一 1995, p. 106.
  18. ^ 特産品/日高市公式ページ”. 日高市. 2021年12月16日閲覧。
  19. ^ 銀寄栗”. 旬の食材百科. 2020年6月23日閲覧。
  20. ^ 小野善生「酒造業経営者の変革行動─滋賀県と高知県の中小酒造メーカーの事業変革に関する研究─」『滋賀大学経済学部研究年報』第26巻、滋賀大学経済学部、2019年11月、 13-38頁、 ISSN 1341-1608NAID 120006774079
  21. ^ “『ハイピース くりほうじ茶HOT』をリニューアル発売” (プレスリリース), 盛田株式会社, (2014年9月2日), http://moritakk.com/release/140902 2021年12月16日閲覧。 
  22. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  23. ^ 国内最古、1万年以上前のクリか 長野の遺跡で発見『朝日新聞』朝刊2017年12月26日
  24. ^ 日本栗のはじまり”. 日本の栗. 岩間の栗や・小田喜商店. 2019年11月20日閲覧。
  25. ^ 平野隆久監修 永岡書店編 1997, p. 106.
  26. ^ a b c 辻井達一 1995, p. 107.
  27. ^ 「ナッツの歴史」p69-73 ケン・アルバーラ著 田口未和訳 原書房 2016年8月27日第1刷
  28. ^ a b c 伴瀬宗一「学芸員ノート 復元された弥生時代の住居」『埼玉県立歴史と民俗の博物館博物館だより』第19号、埼玉県立歴史と民俗の博物館、2012年6月27日、 7頁、2021年12月16日閲覧。
  29. ^ a b 林将之 2008, p. 49.
  30. ^ 林将之 2011, p. 139.
  31. ^ 柴田書店, ed (2006). 一〇〇の素材と日本料理〈下巻〉野菜・肉篇. 柴田書店. ISBN 4388059951 



栗(まろん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/29 09:19 UTC 版)

モモキュンソード」の記事における「栗(まろん)」の解説

天女隊一員で、地の天女三つ編み型の長い茶髪特徴服装茶色基調

※この「栗(まろん)」の解説は、「モモキュンソード」の解説の一部です。
「栗(まろん)」を含む「モモキュンソード」の記事については、「モモキュンソード」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 02:32 UTC 版)

クリ (曖昧さ回避)」の記事における「栗」の解説

クリ - ブナ科クリ属植物の一種クリ属 - 上記を含む。 栗 (駆逐艦) - 日本海軍駆逐艦

※この「栗」の解説は、「クリ (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「栗」を含む「クリ (曖昧さ回避)」の記事については、「クリ (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「栗」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/10/03 07:47 UTC 版)

発音(?)

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「栗」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



栗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「栗」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

栗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



栗のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2022 All Rights Reserved, Copyright
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2022, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2022 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのモモキュンソード (改訂履歴)、クリ (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS