煮汁とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 料理 > > 煮汁の意味・解説 

に じる [0]煮汁

物を煮た汁。
金属工芸品の着色材。緑青胆礬たんばん)・酢などをでといて作る


煮汁(にじる)

酒せ製造するとき、蒸留終了時に蒸留釜(がま)に残ったもの。煮汁、釜残(かまざん)、沖縄では糟酒(かしじぇー)ともいう。本格焼酎場合クエン酸などの有機酸タンパク質脂肪繊維分と少量アルコール微量栄養素(ピタミン・ミネラルなど)を含み、飼・肥料としての価値が高い。たとえば、これで飼育したブタは肉に赤身多く高値売れたので、かつての沖縄では泡盛製造場でブタを飼育しているところが多く、また本土でも畜産農家により利用されていた。昭和四〇年代以降配合飼料との競合焼酎生産量増加ともなって廃液の処理が問題になりつつある。焼酎甲類場合連続式蒸留機から排出される廃液の量も多く原料に糖密(とうみつ)を使用したものカラメルの色がとりにくいので、あらかじめ簡単に蒸留をすませた無色粗留アルコールクルード・ラム)を輸入している。



煮汁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「煮汁」の関連用語

煮汁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



煮汁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2020.

©2020 Weblio RSS