着色とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 着色 > 着色の意味・解説 

ちゃく‐しょく【着色】

読み方:ちゃくしょく

[名](スル)物に色をつけること。また、その色。「—した食品


着色料

(着色 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/20 09:40 UTC 版)

着色料(ちゃくしょくりょう)とは、食品医薬品口紅などの化粧品などに色をつけるためのものである。化学合成のタール色素や、原材料から抽出した色素などがある。




「着色料」の続きの解説一覧

着色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 07:12 UTC 版)

月世界旅行 (映画)」の記事における「着色」の解説

メリエス作品フィルム少なくとも4%(1903年公開の『妖精たち王国英語版)』や、1904年公開の『不可能を通る旅(英語版)』『セビリアの理髪師英語版)』のような大作を含む)と同様に、本作いくつかのプリントは、パリにあるエリザベス・テュイリエ(英語版)の着色現像所個別に手作業で着色がなされた映画の着色化)。ガラスセルロイド製品の着色技師という経歴を持つテュイリエは、200人の女工がいる現像所指揮し自分で色を選んで決め、それをフィルムブラシ1コマずつ直接塗るよう指示した女工たち一人一人にひとつの色が割り当てられフィルム1本20色以上使われたこともあったという。着色の材料にはアルコール薄めたアニリン染料使用し、それにより透明で鮮やかな色調出したテュイリエ現像所では、平均して60の手彩色プリント作成した

※この「着色」の解説は、「月世界旅行 (映画)」の解説の一部です。
「着色」を含む「月世界旅行 (映画)」の記事については、「月世界旅行 (映画)」の概要を参照ください。


着色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 08:18 UTC 版)

ガラス」の記事における「着色」の解説

詳細は「ガラスの着色を参照en:Dichroic glass」および「en:Smoked glass」も参照 ガラスそのもの着色する方法は、金属イオン非金属イオンコロイドなどを溶かしたガラス添加することによって行う。添加物発色する色の対応は以下の通り酸化鉄(II) - 緑。ワインボトルによく使われるちなみにソーダ石灰ガラス不純物化合物除去しきれないため本来は緑色しており他の発色材を混ぜて透明に見せかけている事がほとんどである。 硫黄 - 茶色塩化鉄炭素(還元剤)を混ぜて使用するホウ素濃度が高いホウケイ酸ガラスでは青色になる。カルシウムと共に添加すると深い黄色になるマンガン - 黒。ソーダ石灰ガラス緑色取り除く添加物である。但し、時間経過と共にマンガン過マンガン酸ナトリウム変化するため退色する。 過マンガン酸ナトリウム - 暗い紫。 コバルト(0.025 から 0.1%) - 深い青。炭酸カリウム併用することが多い。コバルトガラスを参照脱色のために非常に微量添加することがある銅 - 化合物使用して2から3%の添加率の場合トルコ石色。純銅の場合は青や緑、暗い赤になるニッケル - 添加率によって青やヴァイオレット、黒になる。コバルトと共にクリスタルガラス脱色使用することがあるクロム - 暗い緑色添加率が高いと黒。 硫化カドミウム - 黄色。 硫セレン化カドミウム - 明る赤からオレンジチタン - 黄色っぽい茶色他の発色材の補助として使われる事が多い。 ウラン - 黄色紫外線黄緑色変換するウランガラスを参照セリウム - 紫外線フィルター使用ネオジムホルミウム - それぞれ固有の波長吸収するため、分光光度計波長校正光学フィルター用いる。 セレン - 赤硫化カドミウムと共に添加した物は「セレニウムルビー」と呼ばれる鮮やかな赤になる。 金 - 明るい赤。赤の発色材としては最もよく用いられるクリスタルガラスではスズ添加して使用される。 銀 - 黄色から赤の間の色。化合物温度によって変化するPhotochromic lensやPhotosensitive glassは銀を使っている。 酸化スズ - アンチモン砒素含有する場合乳白色(en:Milk glass)。 他にフッ化カルシウムフッ化ナトリウムリン酸カルシウム乳白色

※この「着色」の解説は、「ガラス」の解説の一部です。
「着色」を含む「ガラス」の記事については、「ガラス」の概要を参照ください。


着色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/19 22:33 UTC 版)

変性ポリフェニレンエーテル」の記事における「着色」の解説

m-PPE白色容易に多様な着色が可能。

※この「着色」の解説は、「変性ポリフェニレンエーテル」の解説の一部です。
「着色」を含む「変性ポリフェニレンエーテル」の記事については、「変性ポリフェニレンエーテル」の概要を参照ください。


着色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 08:54 UTC 版)

古代ギリシアの彫刻」の記事における「着色」の解説

古代ギリシア彫刻は元々明るい色で塗られていたが、元の色素劣化したため今日では白い状態で現れる着色された彫刻への言及は、エウリピデス著『ヘレネをはじめ古典文献全体を通して見つかっている。一部良好な保存状態彫像には、元々の彩色痕跡残っており、考古学者はそれらを元々あったように再現することが可能である19世紀初頭までに、古代ギリシア遺跡体系的な発掘は、表面多彩な痕跡残した彫刻数多くもたらし、その一部今でも見ることができるそれにもかかわらずヨハン・ヨアヒム・ヴィンケルマンをはじめ影響力を持つ美術史家たちがギリシア彫刻着色されていたとの見解強硬に反対し、塗装され彫像支持者たちを変人だとして追放してしまった。そして彼らの(着色されていたとの)見解は、1世紀以上にわたってほぼ完全に却下されてしまった。大英博物館にあるエルギン・マーブルでは色の痕跡研磨して真っ白にしてしまう行為まで行われ1939年彫刻スキャンダルとしてBBC報じられた。 20世紀後半から21世紀初頭になってようやく、ドイツの考古学者ヴィンツェンツ・ブリンクマン(英語版)によって発表されたことで、古代ギリシア彫刻の着色が確定され事実になった高輝度照明紫外線、特殊カメラ石膏鋳型特定の粉末鉱石使ってブリンクマン建物構造彫像を含むパルテノン神殿全体が、かつて塗装されていたことを証明した彼は元の塗料色素分析して、その組成突き止めたブリンクマン着色したギリシア彫刻レプリカ幾つか作って世界各地巡ったまた、その中にはギリシア・ローマ彫刻以外の作品レプリカもあり、彼はギリシア・ローマ美術例外なのではなく、彫刻着色する作業普遍的であることを示して見せた。この展覧会主催した博物館には、ミュンヘンのグリプトテク美術館ヴァチカン美術館アテネ国立考古学博物館などがある。この着色像たちは、2007年秋ハーバード大学でも公開されたブリンクマンは「古代芸術他の側面は、神殿多彩な絵画彫刻ほど理解されてはいない」と述べ表向きはギリシア彫刻触発されたとする塗装現代彫刻は「全く新しいもの」だと語った

※この「着色」の解説は、「古代ギリシアの彫刻」の解説の一部です。
「着色」を含む「古代ギリシアの彫刻」の記事については、「古代ギリシアの彫刻」の概要を参照ください。


着色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/14 01:36 UTC 版)

マッシーピー」の記事における「着色」の解説

しばしば色付け緑色の着色がなされ、黄色タートラジン青色ブリリアントブルーFCF加えられる。着色なしの場合は灰色がかった緑色であるが、着色料加えることにより、明る緑色仕上がる。豆を柔らかくするとともに発色良くし、浸漬中の発酵を防ぐため、炭酸水素ナトリウム加えることがあり、食べた後の屁も抑制される2008年4月28日英国食品基準庁は、人工食品着色料自主的な禁止求め2009年末までにその禁止実行に移すことを示唆した。これは、マッシーピーのような特定の食品は、着色料のないものでなければ販売できなくなることを意味した大臣は、食品製造業者が食品着色料廃止しない場合は、法的に禁止する可能性がある述べた2018年時点で、この禁止続いている。 特にマッシーピーの場合はベータカロテン等の天然代替色素では色が弱く不鮮明でタートラジン置き換えることは難しい。そのため、製造業者可能であればタートラジン使いたがる。着色料なしでは、料理は鈍い灰色になってしまう。2010年7月EU指令により、タートラジン含む食品には「子供活動注意影響を与えるかもしれない旨の警告貼ることが義務付けられた。

※この「着色」の解説は、「マッシーピー」の解説の一部です。
「着色」を含む「マッシーピー」の記事については、「マッシーピー」の概要を参照ください。


着色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 09:19 UTC 版)

ルーン石碑」の記事における「着色」の解説

彫刻された石に書かれルーン文字塗り施されており、考古学的分析から多く赤色だったことが分かっている。赤は見やすいからである新たに発見される石は侵食激しく、色が失われていることが多いため、近年管理者によって読みやすく塗りなおされたものも多い。また、銘が彫られた背景に、字が映えるような色(黒、白、茶色が多い)が施されることも多い。表面風化劣化したのであり、近年では色を塗りなおしたものこそが本来の姿であったといわれることも多い。

※この「着色」の解説は、「ルーン石碑」の解説の一部です。
「着色」を含む「ルーン石碑」の記事については、「ルーン石碑」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「着色」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

着色

出典:『Wiktionary』 (2021/10/21 11:58 UTC 版)

名詞

ちゃくしょく

  1. 着けること。また、色が着いていること。

動詞


「着色」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



着色と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

着色のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



着色のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの着色料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの月世界旅行 (映画) (改訂履歴)、ガラス (改訂履歴)、変性ポリフェニレンエーテル (改訂履歴)、古代ギリシアの彫刻 (改訂履歴)、マッシーピー (改訂履歴)、ルーン石碑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの着色 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS