人工着色料とは?

じんこう‐ちゃくしょくりょう ‥チャクショクレウ 【人工着色料】

〔名〕 食品着色し、見た目よくするために使われる有色物質タール系色素カロチン水溶性アナトーなどが使われている。


合成着色料

(人工着色料 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/14 00:44 UTC 版)

合成着色料(ごうせいちゃくしょくりょう)とは、化学的に合成された色素で、着色の目的で食品化粧品等に添加されるために作られたものである。また、粘膜の検査に用いられるインジゴカルミンのように医療でも用いられるものもある。




「合成着色料」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人工着色料」の関連用語

人工着色料のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人工着色料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの合成着色料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS