人体とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 名詞 > 名詞(人) > 人体の意味・解説 

じん‐たい【人体/仁体】

読み方:じんたい

【一】[名]

(人体)人間のからだ。「—に及ぼす影響」「—実験

人のようす。人柄人品にんてい

「やら—にも似合はぬ事をおしやる」〈虎明狂・雁盗人

人を丁寧にいう語。おかた。御仁(ごじん)。

ソノ里ニ名ヲバイソポト言ウテ異形思議ナ—ガオヂャッタガ」〈天草本伊曽保・イソポが生涯

御仁体(ごじんたい)

【二】[名・形動ナリ体裁悪いことまた、そのさま。

「—な事云はずと、人の来ぬ間においでいなあ」〈伎・黄金鱐〉

「人体」に似た言葉

じん‐てい【人体】

読み方:じんてい

[名・形動

人のようす。人柄

馬丁なんぞを為さるような御—じゃないね」〈鏡花義血侠血

人品のよいこと。また、そのさまや、そのような人。

「これはまた、御—な助太夫どのと申し」〈伎・霊験曽我籬


にん‐たい【人体】

読み方:にんたい

にんてい(人体)


にん‐てい【人体】

読み方:にんてい

その人外見のようす。風体また、それから受ける人として印象人品(じんぴん)。「卑しからぬ—」

からだつき容姿

「—のどかなるよそほひ」〈花鏡


人体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/22 20:04 UTC 版)

人体(じんたい、: human body)とは、人間を指す。


注釈

  1. ^ 「五体」には他の分類法もある。
  2. ^ 攻撃目標を見分けるレーダーの役割を果たす

出典

  1. ^ 赤ちゃんの身長と体重には、意外と個人差がある
  2. ^ 皮膚の色によって黄色人種白色人種などといった表現や分類もさかんに用いられた。現在では学術的にはDNA解析などを用いて分析・分類し、コーカソイドなどといった表現で定義する傾向がある。ただし慣用としては、○色人種といった類の表現は、あいかわらず世界各国で用いられている。
  3. ^ 放送大学『初歩からの生物学』第二回
  4. ^ Bianconi, Eva; Piovesan, Allison; Facchin, Federica; Beraudi, Alina; Casadei, Raffaella; Frabetti, Flavia; Vitale, Lorenza; Pelleri, Maria Chiara et al. (2013-11). “An estimation of the number of cells in the human body” (英語). Annals of Human Biology 40 (6): 463–471. doi:10.3109/03014460.2013.807878. ISSN 0301-4460. http://www.tandfonline.com/doi/full/10.3109/03014460.2013.807878. 
  5. ^ 人体を「ミクロコスモス」、宇宙を「マクロコスモス」などと呼んだりする。
  6. ^ a b c d e 米山公啓『自然治癒力のミステリー』pp.130-131
  7. ^ 桜井弘氏講演 生体元素と医薬品の開発(第一回) 講演録 「桜井 弘 : 化学と教育 48、459-463(2000)」[リンク切れ]


「人体」の続きの解説一覧

人体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/05 07:55 UTC 版)

緩衝剤」の記事における「人体」の解説

人体において、体液pH一定維持するためにある種緩衝剤利用されている。人体の緩衝剤にはその作用範囲細胞外のもの(炭酸水素塩アンモニアなど)と細胞内のもの(大多数タンパク質有機リン酸塩など)とがある。

※この「人体」の解説は、「緩衝剤」の解説の一部です。
「人体」を含む「緩衝剤」の記事については、「緩衝剤」の概要を参照ください。


人体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/16 06:06 UTC 版)

三フッ化窒素」の記事における「人体」の解説

時間加重平均限界値(TLV-TWA)は10ppmである。NF3は短時間なら皮膚接触して危険性無く粘膜や眼に与え影響小さい。肺に吸い込んだ場合には窒素酸化物並み毒性があり、ひどい場合には血中ヘモグロビンメトヘモグロビン変化させてメトヘモグロビン血症となる。

※この「人体」の解説は、「三フッ化窒素」の解説の一部です。
「人体」を含む「三フッ化窒素」の記事については、「三フッ化窒素」の概要を参照ください。


人体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 16:38 UTC 版)

火山灰」の記事における「人体」の解説

火山噴火による火山弾火砕流到達圏外であっても火山灰だけでも健康被害発生し得る。 火山灰吸入してしまうと呼吸器影響与え慢性気管支炎肺気腫喘息悪化させるおそれがある火山灰眼球を傷つけるおそれもあり、コンタクトレンズ着用している場合角膜剥離引き起こすおそれもある。清掃時にはゴーグル防塵マスク着用が望ましい。

※この「人体」の解説は、「火山灰」の解説の一部です。
「人体」を含む「火山灰」の記事については、「火山灰」の概要を参照ください。


人体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 09:03 UTC 版)

喫煙」の記事における「人体」の解説

たばこの煙には有害物質大量に含まれ健康に著し悪影響与える。たばこの喫煙、また受動的喫煙環境IARC発がん性グループ1(発がん性あり)に分類される世界保健機関 (WHO) によると、世界で喫煙による死亡者年間600万人全世界で、今日喫煙をしている人々半数である6億5千万人は、喫煙最終的に原因死亡するとし、受動喫煙ががんなどの深刻な健康被害引き起こすことに疑問余地はないと主張している。また世界医師会は、非喫煙者受動喫煙によって、毎年数十万人死亡しており、職場受動喫煙によって死亡する労働者毎年およそ20万人いるとの声明発表し、「喫煙をはじめとしたたばこ使用は、すべての臓器侵しガン心臓病脳卒中慢性閉塞性肺疾患胎児への傷害などの主要な原因となっている。」とし、また4000種以上の化学物質50種以上の発ガン物質などの有害物質を含むたばこ煙にさらされる非喫煙者は、肺ガン心臓病などの病気で命を脅かされている。」と主張した喫煙健康に有害であることを前提とし、たばこ規制取り組む国際組織は、世界医師会 (World Medical Association)、国際薬学連合 (International Pharmaceutical Federation)、国際歯科連盟 (World Dental Federation)、世界医療従事者協会 (World Health Professional Alliance)、世界理学療法連盟 (World Confederation for Physical Therapy) がある。 日本でも健康に影響する最大原因である。欧州委員会は、喫煙による死亡70万人交通事故4.3万人自殺3.3万人他殺1.8万人としている。

※この「人体」の解説は、「喫煙」の解説の一部です。
「人体」を含む「喫煙」の記事については、「喫煙」の概要を参照ください。


人体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/04 10:34 UTC 版)

元素構成比」の記事における「人体」の解説

詳細は「人体#組成」を参照 以下は、人体70キログラム含まれる元素体内存在量である。

※この「人体」の解説は、「元素構成比」の解説の一部です。
「人体」を含む「元素構成比」の記事については、「元素構成比」の概要を参照ください。


人体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 07:48 UTC 版)

股下」の記事における「人体」の解説

人体における股下股下高またしたこう)、股下長またしたちょう)ともいい、俗に言う「足の長さ」とほぼ同義である。 経済産業省2004年度から2006年度にかけて実施した人間特性基整備事業(size-JPN、委託先: 人間生活工学研究センター)による年齢層別の平均人体寸法データから引けば股下高身長対す比率老若男女いずれもがほぼ45%前後収まっていることがわかる。 日本人平均股下高身長および両者比率(size-JPN 2004-2006データから算出比率小数点以下2四捨五入年齢(歳)男性女性股下高cm身長cm比率(%)股下高cm身長cm比率(%)20-24 78.3 170.4 45.95 71.8 158.2 45.39 25-29 78.4 171.0 45.85 72.3 159.0 45.47 30-34 78.3 171.3 45.71 71.6 158.4 45.2 35-39 78.1 171.0 45.67 71.6 158.5 45.17 40-44 77.5 170.5 45.45 70.9 157.9 44.9 45-49 77.0 169.7 45.37 69.9 156.2 44.75 50-54 76.7 169.1 45.36 69.3 155.5 44.57 55-59 75.6 167.3 45.19 68.8 155.0 44.39 60-64 73.7 164.5 44.8 67.8 153.5 44.17 65-69 72.8 163.5 44.53 67.2 151.9 44.24 70-74 72.5 162.2 44.7 66.5 149.6 44.45 75-79 72.2 160.4 45.01 65.5 147.3 44.47

※この「人体」の解説は、「股下」の解説の一部です。
「人体」を含む「股下」の記事については、「股下」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「人体」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

人体

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:57 UTC 版)

名詞

じんたい

  1. 人間

発音(?)

じ↘んたい

「人体」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人体」の関連用語

1
96% |||||

2
96% |||||

3
76% |||||

人体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人体のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの緩衝剤 (改訂履歴)、三フッ化窒素 (改訂履歴)、火山灰 (改訂履歴)、喫煙 (改訂履歴)、元素構成比 (改訂履歴)、股下 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの人体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS