創発とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人事労務用語 > 創発の意味・解説 

そう‐はつ〔サウ‐〕【創発】

要素間の局所的な相互作用全体影響与え、その全体個々要素影響与えることによって、新たな秩序形成される現象


創発

「創発」とは、部分性質の単純な総和とどまらない特性が、全体として現れること。物理学生物学などで使われる用語「emergence」(発現)が語源で、自律的要素集積組織化することにより、個々ふるまい凌駕する高度で複雑な秩序システムが生じる現象あるいは状態をいいます。所与条件に基づく予測計画意図を超えたイノベーション誘発されるところから「創発」と呼ばれ、組織論ナレッジマネジメント分野では、個々人能力発想組み合わせ創造的成果結びつける取り組みとして注目集めています。

創発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/27 07:34 UTC 版)

創発(そうはつ、英語:emergence)とは、部分の性質の単純な総和にとどまらない性質が、全体として現れることである。局所的な複数の相互作用が複雑に組織化することで、個別の要素の振る舞いからは予測できないようなシステムが構成される。




「創発」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「創発」の関連用語

創発のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



創発のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2020 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの創発 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS