小指とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > > 小指の意味・解説 

こ‐ゆび【小指】

手足のいちばん外側にある、最も小さい指。こよび。

妻・妾愛人などを俗にいう語。小指を立ててその意を示すこともある。

[補説] 書名別項。→小指


こゆび【小指】


こ‐さし【小指】

〔名〕 (「さし」は「さしもの指物)」の略で、箱、箪笥の類) 小さ指物(さしもの)。


こ‐ゆび【小指】

〔名〕

手足第五指。最も小さい指。

落窪(10C後)一「しろき色紙に、こゆびさして口すくめたるかたを書きたまひて」

② 妻または妾、情婦などをいう。

洒落本五臓眼(1789‐1801)六「一日なりともこいつを小指(コユビ)にして見てへと」

遊女が客への心中立てに①を切ること。また、その指。→小指を切る

雑俳柳多留五二(1811)「傾城の小指でへ穴を明け

遊里で、客や女郎女将をいう。

洒落本仕懸文庫(1791)四「ぢょせへはあるめへが、小ゆひにさとられねへやうによ」

(5) きわめてわずかなことのたとえ小指の先

大本神諭‐火之巻(1920)〈出口ナオ大正七年三月五日乙姫殿の御働きは、世に出て居れる方の守護神では、小指の真似出来せんから

[語誌](1)「季指」の訓として「十巻本和名抄」に「古於与比」、「観智院本名義抄」に「コオヨヒ」、「色葉字類抄」に「コユヒ」とあるところから、小指の呼称は「コオヨビ」「コオユビ」「コユビ」と変化してきたことがうかがわれる
(2)色葉字類抄以後現代にいたるまで「コユビ」が小指の呼称中心となっているが、中世には、指の古い呼称オヨビ」の意味が分からなくなり、「オ」を「小」と解して、小指の意味であるとした例が見られ近世には「小指」を音読した「ショウシ」や、俗語的な「コイビ」もあるが、一般的な呼称にはならなかった。


しょう‐し セウ‥ 【小指】

〔名〕 手足のゆびの第五指。五指のうちの最小指。こゆび。季指。〔十巻本和名抄(934頃)〕

解体新書(1774)一「便耳者、謂之小指。又云耳指


小指

作者山本周五郎

収載図書昭和文学全集 18
出版社小学館
刊行年月1987.8

収載図書花杖記 改版
出版社新潮社
刊行年月2003.9
シリーズ名新潮文庫


小指

作者曽野綾子

収載図書アレキサンドリア
出版社文藝春秋
刊行年月2005.5
シリーズ名文春文庫


小指

作者御堂彰彦

収載図書付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います 4
出版社アスキー・メディアワークス
刊行年月2008.7
シリーズ名電撃文庫


小指

作者三浦哲郎

収載図書三浦哲郎自選全集 第7巻 野・拳銃と十五の短篇
出版社新潮社
刊行年月1988.3

収載図書拳銃と十五の短篇
出版社講談社
刊行年月1989.2
シリーズ名講談社文芸文庫


小指

作者神吉拓郎

収載図書曲り角
出版社文芸春秋
刊行年月1988.8
シリーズ名文春文庫


小指

作者堤千代

収載図書愛の迷宮
出版社文芸春秋
刊行年月1992.11
シリーズ名文春文庫


小指

作者式貴士

収載図書鉄輪の舞
出版社出版芸術社
刊行年月1993.4
シリーズ名ふしぎ文学館


小指

作者西村望

収載図書魔戯
出版社祥伝社
刊行年月1996.12
シリーズ名ノン・ポシェット


小指

作者千人

収載図書空白の影 2 短編小説集
出版社青英舎
刊行年月1997.3


小指

作者曾野綾子

収載図書アレキサンドリア
出版社文芸春秋
刊行年月1997.7


小指

作者林真理子

収載図書みんなの秘密
出版社講談社
刊行年月1997.12


小指

読み方:こゆび

  1. 情婦をいふ。
  2. 妻又は妾をいふ隠語
  3. 妻君、妾、又は情婦のことをいふ。小指を示して「れこは留守か」といへば「妻君留守か」との意である。「れこ」に同じ。〔情事語〕
  4. 妻、妾、情人などのこと。
  5. 妻君、妾、又は情婦のことをいふ。小指を示して「れこは留守か」といへば「妻君留守か」との意である。「れこ」に同じ。
  6. (一)妻君、妾、又は情婦のこと。「れこ」ともいふ。(二)主人助ける者。
  7. 妻、又は情婦を云ふ。「れこ」とも云ふ。
  8. 妻、妾の隠語
  9. 妻、妾、情婦のこと、主人親指にたとえるのに対する語。小指を出して「れこ」ということから「れこ」ともいう。
  10. 妻又は情婦のこと。「れこ」ともいう。

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

小指

読み方
小指おざし
小指こさし
小指こざし
小指こざす

小指

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/19 16:24 UTC 版)

小指(こゆび)は、上肢の五指の内側から5番目にある。最も小さい指であることに由来している。




「小指」の続きの解説一覧

小指

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 16:03 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. こゆび漢字表記



小指と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小指」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小指のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小指 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの小指 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS