小とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接頭語 > の意味・解説 

お〔を〕【小】

[接頭]

名詞に付く。

小さい、細かい意を表す。「小川

語調整えたり、表現やわらげたりして、やさしい感じの意を表す。

言出(で)しは誰が言なるか—山田苗代水中淀にして」〈七七六〉

用言に付いて、少し、わずかという意を表す。「小暗い」「小やみない長雨


こ【小】

[接頭]

名詞に付いて、小さい、細かい、などの意を表す。「小馬」「小石

名詞に付いて、わずかな、少しの、などの意を表す。「小雨」「小降り

数量を表す名詞数詞に付いて、わずかに及ばないが、その数量に近いことを表す。ほぼ。だいたい。約。「小一時間」「小半時(はんとき)」

動詞形容詞形容動詞などに付いて、すこし、なんとなく、などの意を表す。「小ざっぱりしたなり」「小高い」「小ぎれい

名詞用言などに付いて、軽んじたり、ややばかにしたりするような意を表す。「小せがれ」「小利口」「小ざかしい


しょう【小】

[音]ショウセウ)(呉)(漢) [訓]ちいさい こ お さ

学習漢字1年

[一]ショウ

ちいさい。「小心小刀小児(しょうに)/狭小群小弱小縮小大小微小矮小(わいしょう)」

少し。わずか。「小異小康小成小知

とるにたりない。「小身小臣

自分や、自分に関することを謙遜(けんそん)していう語。「小社小生小弟

[二]〈こ〉「小粋(こいき)・小型小雨(こさめ)・小銭小鳥

[三]〈お〉「小川

難読小豆(あずき)・小路(こうじ)・小女子(こうなご)・小筒(ささえ)・小石(さざれいし)・小夜(さよ)・小火(ぼや)


しょう〔セウ〕【小】

小さいこと。重要さの程度少ないこと。また、そのもの。「大は小を兼ねる」「小宇宙」「小企業」⇔大。

1か月日数が、陰暦30日陽暦では31日に満たない月。「小の月」⇔大。

田畑面積の単位太閤検地以前120歩(約4アール)、以後100歩(約3.3アール)。

小学校」の略。「小・中高・大

名詞の上に付く。

似ている規模小さいものである意を表す。「小京都

同名父子のうち、息子のほうを表す。「小デュマ」⇔大。

自分に関するものについて、へりくだる意を表す。「小論」「小社」「小誌


さ【狭/小】

語素名詞に付いて接頭語的に用いられ、その物の幅が狭いという意を表す。「—物」「—織り


さ‐さ【細/小】

[接頭]《「さざ」とも》主として名詞に付いて、細かい、小さい、わずかなという意を表す。「—にごり」「—波」


【小・少】

〔接頭〕

名詞の上に付いて、「小さい」「細かい」の意を添える。

古事記(712)中・歌謡「葦原のしけしき袁(ヲ)屋に菅畳(すがだたみ)いやさや敷き我が二人寝し」

用言の上に付いて、「少し」「わずか」の意を添える。

地蔵十輪経元慶七年点(883)八「暗(オぐら)き夜分には、〈略〉都て見ゆる所无(な)くして正道を迷失しつ」

名詞の上添えて、語調やわらげる語。

古事記(712)中・歌謡「木幡(こはた)の道に 逢はしし嬢子(をとめ) 後手(うしろで)は 袁(ヲ)(だて)ろかも」

[補注]②の用法は、挙例の「をぐらき」や、また「を黒」「をやみ(小止)」など、限られた語のみである。


こ【小】

〔接頭〕 名詞用言の上に付いて、小さい、わずかな、などの意味を加える。

名詞の上に付いて、その物が、小さい、細かい、などの意を表わす親愛の情の意を含むこともある。「小島」「小山」「小屋」「小石」など。

古事記(712)下・歌謡「宮人脚結(あゆひ)の古(コ)鈴 落ちにきと 宮人とよむ 里人もゆめ」

名詞の上に付いて、その量がわずかであることを示す。いささかの。「小降り」「小銭」「小人数」など。

万葉(8C後)一一・二四五六「ぬばたまの黒髪山山菅小雨降りしきしくしく思ほゆ

③ 人、あるいは生き物表わす名詞の上に付いて、年若なものであることを表わす。若い。後輩の。幼い。「小冠者」「小犬」「小童」など。

源氏100114頃)乙女小侍従さぶらふ

数量表わす名詞数詞の上に付いて、その数量にはわずかに及ばないが、ほぼそれに近い意を表わす。およそ。ほぼ。「小半時」「小一時間」「小一里」など。

北野天満宮目代日記目代昭世引付天正一三年(1585)正月十四日の小四つ時まで待候へ共」

(5) 名詞の上に付いて、下の述語表わす動作・状態の量や程度小さいことを表現する。人体一部を示す名詞に付くことが多い。すこし。ちょっと。「小首をかしげる」「小当たりに当たる」など。

宇治拾遺(1221頃)一五「袖うちおろして、こつばきはきてゐたりけり

四河入海(17C前)二〇「くいくい小腹立て

(6) 動詞形容詞形容動詞副詞などの上に付いて、その動作・状態の量や程度小さいことを表わす。すこし。なんとなく。「小ざっぱり」「小高い」など。

古事記(712)下・歌謡「大和の この高市(たけち)に 古(コ)高る 市の高処(つかさ)」

(7) 名詞用言などの上に付いて、軽んじたり、やや馬鹿にたような意味を表わすなまはんかな。「小せがれ」「小憎らしい」など。

漢書列伝抄(145860)酈陸劉叔孫第一三「堅儒は小餓鬼めがと云やうな心ぞ」

(8) 名詞用言の上に付いて、ほとんど意味を加えることなく、語調整えたり、強めたりするために添える。「こ甘い」「小しゃく」など。


しょう セウ 【小】

1 〔名〕

① 形の小さいこと。また、長さ、幅、広さ重さなどの程度少ないこと。また、そのもの。⇔大。

菅家文草900頃)四・北溟章「挙小将均大、惟自対

露団々1889)〈幸田露伴〉八「小(セウ)を捨て大を取り給ふは、当然の事に付き」〔孟子恵王・下〕

② =しょう(小)の月

米沢沙石集(1283)五末「長能卿の三月小なりける年、名歌よみてこそ侍れとて」

破戒(1906)〈島崎藤村一六今月は君、小だらう。二十九、三十と、十一月最早二日しか無いね」

大刀の「大」に対して小刀をいう。脇差

咄本鹿の巻筆(1686)四「我が所在は刀脇差なれば、大小判じた」

④ 田積の一単位太閤検地以前一反三六〇歩(約一二アール時代はその三分の一一二〇歩、太閤検地により一反〇〇歩(約一〇アール)となってからは一〇〇歩(約三・三アール)の面積をいう。

正長元年記(1428)九月二七日田地一段三百六十歩、巨細存知者希也〈略〉小と云ふは、一段三分の一を云也」

(5) 能楽小鼓(こつづみ)のこと。

2語素

名詞の上に付いて、規模小さいもの、程度大したことのないものを表わす

花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「我邦の政事家主義の小(セウ)異同争ひ

人名の上に付けて父子関係のうちの、子であることを表わす。「小デュマ」「小ヤコブ」など。


ちいさ ちひさ 【小】

形容詞「ちいさい」の語幹から。→ちいさな

1形動小さいさま。

人情本春色恵の花(1836)二「ちいさなる声にて」

2 幼児

浄瑠璃いろは蔵三組盃(1773)二「ドレドレちいさよ。小さ刀伯父におこせと引たくれば」


ちいさ・し ちひさし 【小】

〔形ク〕 ⇒ちいさい(小)


ちいちゃ・い ちひちゃい 【小】

〔形口〕 「ちいさい(小)」の変化した語。

団栗(1905)〈寺田寅彦〉「大き団栗ちいちゃい団栗、みいんな利口な団栗ちゃん」


ちさ・し【小】

〔形ク〕 ⇒ちさい(小)


ちっこ・い【小】

〔形口〕 =ちいさい(小)

石川五右衛門の生立1920)〈上司小剣一三「あんな小ッこいもんが色事存じまへんでへうし」


ちっさ・い【小】

〔形口〕 「ちいさい(小)」の変化した語。

雑俳西国船(1702)「はいらする・をどりのいろにちッさい子」

十三夜(1895)〈樋口一葉〉下「お内儀さん御健勝(おまめ)か、小児(チッサイ)のも出来てか」


ちいさい ちひさい 【小】

〔名〕 幼児幼年

浮世草子傾城歌三味線(1732)二「お幼児(チヒサイ)を介抱してしんぜましや」


ちいさ・い ちひさい 【小】

〔形口〕 [文]ちひさ・し 〔形ク〕 体積容積面積程度度合などが、比較的に小である。

空間占め体積容積面積身長などが小である。小形である。

伊勢物語(10C前)六九「ちひさき童をさきに立てて

(10C終)一五一「なにもなにも、ちひさきものはみうつくし

年齢少ない。成熟ていない。幼い。

新撰字鏡(898‐901頃)「 小児比佐伊人也」

あらくれ(1915)〈徳田秋声〉一「稚(チヒサ)いをりから善く外へ出て」

音量比較的に小である。音、声などが低い。

順徳院御琵琶合(1220)「音勢もとよりちいさくなりたれども」

風立ちぬ(1936‐38)〈堀辰雄風立ちぬ小さく叫んだ」

抽象的ものごとについて、その程度度合価値などが比較的に小である。

(イ) 事柄価値重要性乏しい。些細である。

書紀720雄略二三七月前田本訓)「詔して賞罰支度(まつりことおきて)、事巨(おほきなる)と細(チヒサキ)と無く、並に皇太子に付(ゆた)にたまふ」

天草版金句集(1593)「Chijsai(チイサイ) アヤマリヲ ヤメネバ、ノチニワ ヲウキナ アヤマリト ナル

(ロ) 行動動作つくりなどについて、その規模が小である。また、人物気持などが卑小である。度量が狭い。

浮世草子西鶴織留(1694)一「ちいさい気からいへば一畳づり程になりて身の置所なし」

若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「江波は、〈略〉寛大微笑をたたへて、小さく頭を下げた」

(ハ) 卑下した状態にある。身を縮める思いでいる。また、つつましやかである。→ちいさくなる

真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝八八「新吉は物をも云はず小さくかたまって坐り

(ニ) 単位が下である。こまかい。

人情本春色恵の花(1836)二「ちひさき金を二つばかり」

(ホ) 数量程度がわずかである。

彼の歩んだ道(1965)〈末川博〉四「貧富の差小さく

形動

〔名〕


ちさ・い【小】

〔形口〕 [文]ちさ・し 〔形ク〕 「ちいさい(小)」の変化した語。

*経信母集(11C中か)「ちさき家」

童謡こんこん小山の(1921)〈北原白秋〉「こんこん小山お月さまついたち二日はまだ小(チ)さい」


ちっちゃ・い【小】

〔形口〕 「ちいさい(小)」の変化した語。

① =ちいさい(小)①

咄本滑稽即興噺(1794)五「とさんとさんあのちっちゃい唐子が壺わってゐるゑんまは何ぢゃ」

② =ちいさい(小)②

不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉下「卿(おまへ)が幼少(チッチャ)かった頃、よく阿爺(おとうさん)に負さって」


さ‐さ【細・小】

語素〕 (狭いの意の「さ」を重ねた語。後世は「さざ」とも) 主として名詞の上に付けて、「こまかい」「小さい」「わずかな」の意を表わす。ささら。さざれ。

書紀720神代下(兼方本訓)「汝か生子(うみのこ)の八十連属(やそつつき)の裔に、貧(まち)鉤、狭狭貧鉤(ササまちち)、と言たまひ訖て」


【英】Micro-
読み方:しょう

小さいことを意味する接頭語

【英】Nano-
読み方:しょう

小さいことを意味する接頭語

小(こ)

読み方:こ

  1. 芸妓候補者舞踊又は下方を以て客席侍する者、但し満十二才以上の義務教育修了者限り其の営業認可せらる。桃割れ友禅、衣は必ずオハシヨリとす。常に処女を装ひ巧みに差恥の態を学ぶ、客の之を手折らんと欲する者あれば時に千金唱ふ一度其の節破れば即ち一本と成る、蓋し必ずしも然らざる者あり。明治時代アラよござい』の異名を有したるも今は絶えて之を口にする者なし、好んで蜜豆を食ふ。素と玉祝儀ぎょくしうぎ)共一本半額なるを通則としたるを以て半玉と云ふ。今は高し雛妓(すうぎ)。

分類 花柳界


読み方:しょう

  1. 芸妓のこと、即ち未だ一本ならない芸妓のことをいふ。〔花柳語〕

分類 花柳


読み方:ちい

  1. 小形の釆のことを云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/31 08:40 UTC 版)

(こ、しょう)




「小」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 07:26 UTC 版)

発音(?)

接頭辞 

  1. ショウ微小
  2. ショウ凡小凡庸
  3. ショウ親子関係を持つ二人人物のうち、子供の方。
  4. ショウ小学校(の学年)。
  5. 程度体形器量小さい。
  6. ちょっとした

接尾辞

  1. ショウ小学校

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類

接頭語取っ    小    

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「小」に関係したコラム

  • FXのボラティリティとは

    FX(外国為替証拠金取引)のボラティリティ(volatility)とは、為替レートの過熱度を調べるために用いられるテクニカル指標の1つです。ボラティリティでは、高値圏や安値圏、売りポイントや買いポイン...

  • CFDの売買エントリーポイントを罫線で見つけるには

    CFDの売買エントリーポイントを見つけるには、罫線のパターンやチャートのパターン、テクニカル指標の数値などの方法が挙げられます。ここでは、CFDの売買エントリーポイントを罫線のパターンで見つける方法を...

  • FXのローソク足のパターンの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のローソク足にはさまざまなパターンがあります。ローソク足の長さや上ヒゲ、下ヒゲ、陰線、陽線などはその時の相場の動きを暗示したもので、そのパターンから今後の相場を読み取ることも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小」の関連用語



3
78% |||||

4
78% |||||

5
78% |||||

6
78% |||||

7
78% |||||

8
78% |||||

9
78% |||||

10
78% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS