Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > FXのボラティリティとは

FXのボラティリティとは

 

FX(外国為替証拠金取引)のボラティリティ(volatility)とは、為替レートの過熱度を調べるために用いられるテクニカル指標の1つです。

ボラティリティでは、高値圏や安値圏、売りポイントや買いポイントのように売買につながる数値は算出しません。

ボラティリティは為替レートが上下に大きく値動きすると上昇し、小動きになると下降して推移します。そのため、ボラティリティの数値が大きい時の売買はハイリスクハイリターンになる傾向にあります。


上の図は、ボラティリティを描画したものです。黄色の丸で囲んだ部分が為替レートが過熱している状態になります。

ローソク足の青色の丸で囲んだ部分は、チャートの高値になりますが、ボラティリティでは過熱していないことを表しています。

ローソク足の緑色の四角で囲んだ部分は、為替レートが横ばいに推移しています。ボラティリティでも過熱していないことが確認できます。
(2012年05月22日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

©2022 GRAS Group, Inc.RSS