小豆とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 小豆 > 小豆の意味・解説 

あずき あづき [3]小豆

マメ科一年草古く中国から渡来し、種子食用とするため各地栽培される。高さ約50センチメートルは三小葉からなる複葉。夏、葉腋ようえき)に黄色蝶形花ようけい)を開き、花後、8センチメートル 内外円筒形豆果を結ぶ。種子は一〇個前後で、暗赤色のものが多い。ダイナゴン・キントキアズキ・ウズラアズキ・シロアズキ・リョクズなど品種が多い。種子甘納豆・あん・菓子赤飯などに使う。ショウズ[季] 秋。 取引所ではしょうずと読む

しょう ず せうづ [0]小豆

アズキの別名。

小豆


小豆

記事はさみ

小豆

読み方:ショウズ(shouzu)

古くから食用栽培されていた豆。


あずき 【小豆】

マメ科一年生作物日本人が、とくに好み、晴の日の食物とする。赤飯小豆粥は、慶祝災異除けの意味がある。→ 赤飯

あずき (小豆)

Vigna angularis

Vigna angularis

Vigna angularis

Vigna angularis

Vigna angularis

Vigna angularis

中国東北部原産です。わが国へは2千年ほど前に渡来したと考えられています。「やぶつるあずき」から品種改良されました。そのため蔓性多少残していて、地面を這う傾向あります8月から9月ごろ、葉腋黄色い花を咲かせます。花の真ん中にある竜骨弁旋回しているのが特徴です。莢果円筒形で、種子はあんやぜんざい赤飯などに利用されます。北海道から東北地方がおもな産地となっています。
マメ科ササゲ属一年草で、学名Vigna angularis。英名は Azuki bean
マメのほかの用語一覧
ササゲ:  ビグナ・カラカラ  十六大角豆  大角豆  小豆  藪蔓小豆  黒小豆
サマネア:  合歓木

小豆

読み方:ショウズ(shouzu)

マメ科一年草園芸植物薬用植物

学名 Vigna angularis


小豆

深紅色の小粒の豆。あずき。用途がもっとも広い。

小豆

読み方:アズキazuki

マメ科一年草

季節

分類 植物


小豆

読み方
小豆こまめ
小豆しょうず

アズキ

(小豆 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/06 14:39 UTC 版)

アズキ小豆、荅、Vigna angularis)は、マメ科ササゲ属アズキ亜属に属する一年草種子は広義の穀物であり、しょうずともいう。


注釈

  1. ^ 北海道の品種など[15]、"しろしょうず"と呼びならわすようになっている。

出典

  1. ^ 文部科学省、「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  3. ^ 食品成分データベース、文部科学省
  4. ^ アズキ”. 農業生物資源ジーンバンク. 植物画像データベース. 農研機構遺伝資源センター. 2019年5月24日閲覧。
  5. ^ 『新編 食用作物』星川清親、養賢堂、昭和60年5月10日、訂正第5版、p. 460
  6. ^ 日本豆類協会. “あずきとは何?”. Weblio辞書. ウェブリオ株式会社. 2019年5月24日閲覧。
  7. ^ 滋賀県湖北農業農村振興事務所 「滋賀県長浜市における小豆の生産振興について」
  8. ^ 橋本食糧工業 「あずきのいろいろストーリー」
  9. ^ 東海農政局 「あずき」 Archived 2013年3月20日, at the Wayback Machine.
  10. ^ 本草和名』下巻、日本古典全集刊行会〈日本古典全集〉、1926年。
  11. ^ 豆類協会 「国内生産」
  12. ^ デジタル大辞泉(だいなごん‐あずき / 大納言小豆) 小学館 2017年6月02日閲覧
  13. ^ 農林水産省 「小豆(あずき)の大納言の名前の由来を教えてください」 Archived 2015年1月21日, at the Wayback Machine.
  14. ^ 「大納言」 日本豆類協会
  15. ^ ホッカイシロショウズ”. アグリナレッジ. 農林水産省 (2017年). 2020年1月13日閲覧。
  16. ^ 三宅曜子 「素材の特徴から創り上げるブランド商品とは」 『旬レポ中国地域』 経済産業省 中国経済産業局、3頁、2013年3月https://www.chugoku.meti.go.jp/info/densikoho/24fy/h2503/sutekihakken.pdf 
  17. ^ ささげ」豆類協会、2015年9月15日閲覧。
  18. ^ 第3章 調理室における衛生管理&調理技術マニュアル”. 文部科学省. 2020年6月6日閲覧。
  19. ^ ささげ”. 東海農政局. 2020年6月6日閲覧。
  20. ^ 食の医学館. “アズキとは”. コトバンク. 朝日新聞社. 2019年5月24日閲覧。
  21. ^ Yoshida, Kumi; Nagai, Nobukazu; Ichikawa, Yoshiki; Goto, Miki; Kazuma, Kohei; Oyama, Kin-ichi; Koga, Kazushi; Hashimoto, Masaru et al. (2019). “Structure of two purple pigments, catechiopyranocyanidins A and B from the seed-coat of the small red bean, Vigna angularis”. Sci. Rep. 9 (1). doi:10.1038/s41598-018-37641-0. 
  22. ^ 齋藤優介, 西繁典, 小疇浩 ほか、「豆類ポリフェノールの抗酸化活性ならびにα-アミラーゼおよびα-グルコシダーゼ阻害活性」『日本食品科学工学会誌』 2007年 54巻 12号 p.563-567, doi:10.3136/nskkk.54.563, 10.3136/nskkk.54.563
  23. ^ 堀由美子, 村社知美, 福村基徳 ほか、「アズキ熱水抽出物 (アズキ煮汁) の成分とその抗酸化能」『日本栄養・食糧学会誌』 2008年 62巻 1号 p.3-11, doi:10.4327/jsnfs.62.3
  24. ^ 小嶋道之, 山下慎司, 西繁典 ほか「小豆ポリフェノールの生体内抗酸化活性と肝臓保護作用」『日本食品科学工学会誌』 2006年 53巻 7号 p.386-392, doi:10.3136/nskkk.53.386, 日本食品科学工学会
  25. ^ Mark T. Sampson, Largest USDA study of food antioxidants reveals best sources, American Chemical Society, Public Release: 16-Jun-2004, Eurek Alert, 2016年9月4日閲覧
  26. ^ EFSA Panel on Dietetic Products, Nutrition and Allergies (2010). “Scientific Opinion on the substantiation of health claims related to various food(s)/food constituent(s) and protection of cells from premature aging, antioxidant activity, antioxidant content and antioxidant properties, and protection of DNA, proteins and lipids from oxidative damage pursuant to Article 13(1) of Regulation (EC) No 1924/20061”. EFSA Journal 8 (2): 1489. doi:10.2903/j.efsa.2010.1489. http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/1489.htm. 
  27. ^ Withdrawn: Oxygen Radical Absorbance Capacity (ORAC) of Selected Foods, Release 2 (2010)”. United States Department of Agriculture, Agricultural Research Service (2012年5月16日). 2012年6月13日閲覧。
  28. ^ 小嶋道之, 西繁典, 齋藤優介 ほか「小豆ポリフェノールの単回および継続投与が血清グルコース濃度に及ぼす影響」『日本食品科学工学会誌』 2007年 54巻 1号 p.50-53, doi:10.3136/nskkk.54.50, 日本食品科学工学会
  29. ^ 小嶋道之, 西繁典, 齋藤優介 ほか、「小豆ポリフェノール飲料による高脂肪食投与雌マウスの体重増加抑制」『日本食品科学工学会誌』 2007年 54巻 5号 p.229-232, doi:10.3136/nskkk.54.229, 日本食品科学工学会
  30. ^ 小嶋道之, 西繁典, 山下慎司 ほか「小豆エタノール抽出物添加飼料によるラットの血清コレステロール濃度抑制」『日本食品科学工学会誌』 2006年 53巻 7号 p.380-385, doi:10.3136/nskkk.53.380, 日本食品科学工学会
  31. ^ 佐藤伸, 向井友花, 嵯峨井勝、「ポリフェノールを含む小豆抽出物が高血圧自然発症ラットの血圧上昇および内皮型一酸化窒素合成酵素の発現に及ぼす影響」、『日本衛生学雑誌』 2008年 63巻 2号 p.489, NAID 10024477587
  32. ^ 小西 史子ほか、「小豆焙煎粉の抗酸化能と小学校家庭科教材への活用」『日本家政学会誌』 2012年 63巻 6号 p.301-307, doi:10.11428/jhej.63.301, 日本家政学会
  33. ^ a b 伊藤智広, 伊藤裕子, 水谷峰雄 ほか、「ヒト胃癌細胞におけるアズキ熱水抽出物によるアポトーシス誘導」『日本食品科学工学会誌』 2002年 49巻 5号 p.339-344, doi:10.3136/nskkk.49.339, 日本食品科学工学会
  34. ^ 中西裕二、「民間信仰と正当性の所在: 粥占という事例から」『福岡大学研究部論集 A:人文科学編』 2006年3月 5巻 6号 p.21-37, NCID AA11584634, 福岡大学研究推進部
  35. ^ 服部純子、「農耕者と漁撈者の比較心理(2) : 神祭祀を通しての信仰心」 『国際基督教大学学報. I-A, 教育研究』 1999年 41巻 p.147-170, NAID 110007324620, 国際基督教大学
  36. ^ 水谷令子, 久保さつき, 西村亜希子、「三重県における粥占い神事」『日本食生活学会誌』 1996年 7巻 2号 p.55-61, doi:10.2740/jisdh.7.2_55, 日本食生活学会


「アズキ」の続きの解説一覧

小豆

出典:『Wiktionary』 (2020/02/12 21:33 UTC 版)

名詞

一般的な読み:あずき専門的読み:しょうず

  1. マメ科ササゲ属一年草、又はその果実

関連語

翻訳

固有名詞

しょうず

  1. 香川県の郡名。なお、小豆島は「しょうどしま」と読む。



小豆と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小豆」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||


9
100% |||||

10
100% |||||

小豆のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小豆のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2020 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
イシハライシハラ
Copyright (C) 2020 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアズキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの小豆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS