お手玉とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 丁寧表現辞書 > お手玉の意味・解説 

お手玉

読み方:おてだま

名詞手玉」に、接頭辞「お」がついたもの。
丁寧表現の辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

お手玉

読み方:おてだま

(1)遊具一つ小豆などを入れた柔らかい布の玉。または、それを用いた遊び複数個を手元軽く放り投げて遊ぶ。
(2)野球ボールをつかみ損ね次の動作手間取ること。

お手玉

作者森野

収載図書お手玉
出版社新風舎
刊行年月2003.10
シリーズ名新風舎文庫


お手玉

読み方おてだま

日本で昔からある子供(とくに女の子)の遊び道具。その歴史平安時代にさかのぼるという。布の中に小豆が入っており、西洋ビーンバッグよりずっとやわらかい。

遊び方はいわゆるジャグリングだけではなく、さまざまである。お手玉をしながら歌う数え歌のようなものもある。単なる遊びではなくこれを通して行儀作法昔話伝えられていった

お手玉の伝統日本各地にあり、その形も素材地域によって多種多様おもしろい。動物果物の形をしたお手玉もある。

日本古来からのジャグリングスタイルおもしろいことに西洋ではトリックとされているシャワーである。それゆえ3つのボールカスケード練習するとき、思わずボール手渡してしまう癖が抜けきれずに苦労する事になる。お手玉で4シャワーができるおばあちゃんもいるほどで驚かされる。

関連リンク ,日本お手玉の会


お手玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/14 23:49 UTC 版)

お手玉(おてだま、御手玉)は、小さな布袋に小豆ジュズダマの実などを入れ、数個を1組にして縫い合わせた玩具のこと。また、それを使って遊ぶことを「お手玉をする」などという。 地方によって、じゅずだまおじゃみおにんく[1]いしなご(石子/石投/擲石)などと呼ぶところがある。


  1. ^ 『佐久市志民俗編上』全1706頁中1376P 発行者長野県佐久市平成2年2月20日
  2. ^ a b 読売新聞「はじまり考」2012年12月11日付、夕刊


「お手玉」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「お手玉」の関連用語

お手玉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



お手玉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2019 by JugglingDonuts
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのお手玉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS