お手盛りとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > お手盛りの意味・解説 

お手盛り

読み方:おてもり
別名:御手盛り御手盛

権力者がその地位などを利用して、利己的操作加えること。自らに利益があるように物事決定すること。

お手盛りの語は「手盛り」に丁寧の「お」をつけた表現で、もともとは、偉い人自分食べ物を器に装うことを意味する。遠慮なく、好きなだけ盛るが、周囲はそれを諌めることができない転じて権力ある地位に立つ人が特権利用して予算引き上げなどの恣意的な決定をすることをお手盛りという。

新聞はじめとするマスメディアにおいては行政機関による、第三者観点欠落た行いといった意味合いで「お手盛り」の表現が用いられる場合がある。たとえば、事業仕分けが各省庁自身判断分析行われ仕分け骨抜きになっている、といった批判がお手盛りの語で言い表される。

お手盛り

読み方:おてもり

自分自身が持つ権限などを利用して、自身やその所属する集団などにとって利益があるような決定を行うこと、または、そのよう試みること。御手盛り

お‐てもり【御手盛(り)】

自分好きなように食事盛りつける意から》自分都合がいいように物事取り計らうこと。「お手盛りの予算案


お手盛り

読み方:おてもり

名詞手盛り」に、接頭辞「お」がついたもの。
丁寧表現の辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「お手盛り」の関連用語

お手盛りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



お手盛りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2020 Weblio RSS