小鮒草とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 小鮒草の意味・解説 

こ ぶなぐさ [3]小鮒

イネ科一年草草地道端などに多い。高さ約30センチメートルは狭卵心形。夏から秋にかけ、頂に紫色をおび、茶筅ちやせん)状に分枝した花穂をつける。全黄八丈染料に用いる。カイナグサカイナカリヤスアシイ藎草じんそう)。

コブナグサ

コブナグサ
科名 イネ科
別名: -
生薬名: -
漢字表記 小鮒草
原産 東南アジア
用途 湿地原野自生する一年草葉の形フナ見たててこの名がありますカリヤスとともに黄色染料として、黄八丈染めるのに用います。中国では全咳止めなどに用います。
学名: Arthraxon hispidus Makino
   

こぶなぐさ(小鮒草)

Arthraxon hispidus

Arthraxon hispidus

Arthraxon hispidus

わが国各地をはじめ、アジア各地広く分布しています。田んぼの畔や野原生え、高さは3050センチほどになります。名前はのかたちが「フナ)」に似ていることから。9月から11月ごろ、先に長い柄を伸ばして、数本の紫褐色花穂掌状につけます。八丈島では「カリヤス刈安)」と呼んで黄八丈染料に使われています。秋のはじめ穂先のでかかったものを刈り取り乾燥して使用するそうです
イネ科コブナグサ属の一年草で、学名Arthraxon hispidus。英名は Jointhead arthraxon
イネのほかの用語一覧
クサヨシ:  草葦
コバンソウ:  姫小判草  小判草
コブナグサ:  小鮒草
コムギ:  小麦
コルタデリア:  パンパスグラス
ササ:  伊吹笹

小鮒草

読み方:コブナグサ(kobunagusa)

イネ科一年草

学名 Arthraxon hispidus


小鮒草

読み方:コブナグサ(kobunagusa)

山野に普通に自生しているイネ科一年草

季節

分類 植物




小鮒草と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小鮒草」の関連用語

小鮒草のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小鮒草のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2020, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS