赤紫色とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 赤紫色の意味・解説 

(赤紫色 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/04 10:13 UTC 版)

(むらさき)は、純色の一種。の間色であり、典型的な紫はよりやや赤寄り。紫色(むらさきいろ、ししょく)は同義語英語ではパープル (purple) といい、菫色(すみれいろ、きんしょく)、バイオレット (violet) を紫に含む場合もある。古英語ではパーピュア (purpure) といい、紋章学で用いる。七色・紫)のうち、光の波長が最も短い(380〜430nm)。これより波長が短いものを紫外線という。


  1. ^ 『角川大字源』「紫」
  2. ^ 藥用植物圖像數據庫 - 記錄頁面
  3. ^ 小松英雄『日本語の歴史』 ISBN 4305702347
  4. ^ 『論語』陽貨第十七。ウィキソース論語/陽貨第十七
  5. ^ 『旧唐書』巻45・与服志。ウィキソース舊唐書/卷45
  6. ^ 『隋書』巻12・礼儀志7。ウィキソース『隋書』/卷12
  7. ^ 『日本書紀』巻第22、推古天皇16年8月壬子条。新編日本古典文学全集『日本書紀』2の558-559頁。
  8. ^ 冠位十二階については『日本書紀』巻第22、推古天皇11年12月壬申(5日)条。新編日本古典文学全集『日本書紀』2の540-543頁。紫とする学説をめぐっては、「冠位十二階#色」と、その脚注に記した文献を参照。
  9. ^ 『日本書紀』巻第24、皇極天皇2年10月壬子条。新編日本古典文学全集『日本書紀』3の76-77頁。
  10. ^ 『日本書紀』巻第25、大化3年是歳条。新編日本古典文学全集『日本書紀』3の166-167頁。これ以後、養老律令に至る位階と紫色の関係については、深紫浅紫の両記事を参照。
  11. ^ "Porphyrogennetos" in Oxford Dictionary of Byzantium, Oxford University Press, New York & Oxford, 1991, p. 1701. 0195046528
  12. ^ Lane, Nick, Born to the Purple: the Story of Porphyria”. Scientific American (2002年12月16日). 2008年10月19日閲覧。
  13. ^ 平成19海外輸出環境現地調査報告 タイ編 農林水産省
  14. ^ タイにおける曜日毎の色と仏像外務省
  15. ^ purple prose(ランダムハウス英和大辞典-goo英和辞典)
  16. ^ purple patch(ランダムハウス英和大辞典-goo英和辞典)
  17. ^ “Sendouts.com Ad Capitalizes on Absentee President; Rodgers Townsend Has A Projected Winner with Its Topical Ad Campaign”. PR Newswire. (2000年11月13日). http://www.thefreelibrary.com/Sendouts.com+Ad+Capitalizes+on+Absentee+President.-a066896003 2016年6月10日閲覧。 
  18. ^ 紫の朱を奪う(コトバンク)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「赤紫色」の関連用語

赤紫色のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



赤紫色のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS