雄蘂とは? わかりやすく解説

お‐しべ〔を‐〕【雄×蕊】

読み方:おしべ

種子植物の花の雄性生殖器官(やく)と花糸からなり中に花粉形成するゆうずい。⇔雌蕊(めしべ)。

雄蕊の画像

ゆう‐ずい【雄×蕊】

読み方:ゆうずい

「おしべ」に同じ。⇔雌蕊(しずい)。


雄蕊

(雄蘂 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/09/20 13:42 UTC 版)

雄蕊(雄蘂、雄ずい [ゆうずい]、雄しべ [おしべ]; : stamen[1]は、被子植物において花粉を形成する構造であり、ふつう花被花冠)の内側、雌蕊(雌しべ)の外側に存在する。雄蕊はふつう花粉を形成する(やく; anther)[2]と、これを支える花糸(かし; filament)[3]からなる(下図1)。ふつう葯は2個の半葯からなり、それぞれの半葯は2個の花粉嚢(小胞子嚢、葯室)を含む。花粉嚢内で形成された花粉は(別の花または同じ花の)雌蕊の柱頭に付着し(受粉)、花粉は花粉管を伸ばして雌蕊内の胚珠精細胞を送り込み、胚珠内の卵細胞と受精する。1個の花の雄蕊は、まとめて、雄蕊群(雄ずい群、雄しべ群; androecium, pl. androecia)とよばれる[1][4][5]


注釈

  1. ^ または3裂した1個の雄蕊

出典

  1. ^ a b (学術用語集 1990, p. 301)
  2. ^ a b c (学術用語集 1990, p. 292)
  3. ^ (学術用語集 1990, p. 115)
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh 清水建美 (2001). “雄しべ”. 図説 植物用語事典. 八坂書房. pp. 26, 42–56. ISBN 978-4896944792 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p (生物学辞典 2013, pp. 1409–1410)
  6. ^ a b c d e 長谷部光泰 (2020). “16.6 2胞子嚢を2組もつ雄性胞子葉”. 陸上植物の形態と進化. 裳華房. pp. 223–225. ISBN 978-4785358716 
  7. ^ a b c d e f g (生物学辞典 2013, p. 1403)
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 原襄, 福田泰二 & 西野栄正 (1986). “おしべ”. 植物観察入門. 八坂書房. pp. 25–26. ISBN 978-4896944792 
  9. ^ a b c d e f 熊沢正夫 (1979). “2) 雄ずい”. 植物器官学. 裳華房. pp. 17−20. ISBN 978-4785358068 
  10. ^ a b 池内昌彦, 伊藤元己, 箸本春樹 & 道上達男 (監訳) (2018). “被子植物の生殖的適応には花と果実がある”. キャンベル生物学 原書11版. 丸善出版. pp. 739–747. ISBN 978-4621302767 
  11. ^ a b c d e f 田村道夫 (1999). “葉的ずいと茎的雄ずい”. 植物の系統. 文一総合出版. pp. 153–157. ISBN 978-4829921265 
  12. ^ a b c アーネスト・ギフォード & エイドリアンス・フォスター (著) 長谷部光泰, 鈴木武 & 植田邦彦 (監訳) (2002). “雄蕊と心皮の系統発生”. 維管束植物の形態と進化. 文一総合出版. pp. 530–540. ISBN 978-4829921609 
  13. ^ Claßen-Bockhoff, R. & Frankenhäuser, H. (2020). “The ‘Male Flower’of Ricinus communis (Euphorbiaceae) interpreted as a multi-flowered unit”. Frontiers in Cell and Developmental Biology 8. doi:10.3389/fcell.2020.00313. 
  14. ^ a b c d 原襄 (1994). 植物形態学. 朝倉書店. p. 152. ISBN 978-4254170863 
  15. ^ (学術用語集(半葯) 1990, p. 60)
  16. ^ a b c Simpson, M. G. (2019). “Stamens”. In 3rd. Plant Systematics. Academic Press. p. 170. ISBN 978-0128126288 
  17. ^ (学術用語集(花粉嚢、小胞子嚢、葯室) 1990, pp. 102, 287, 292)
  18. ^ a b c d e f g h i Bhojwani, S.S., Bhatnagar, S.P. (著), 足立 泰二, 丸橋 亘 (訳) (1995). “小胞子嚢”. 植物の発生学. 講談社. pp. 10–23. ISBN 978-4061537088 
  19. ^ (学術用語集 1990, p. 240)
  20. ^ a b (学術用語集 1990, p. 272)
  21. ^ Islam, M. S. U., Abid, R. U. B. I. N. A. & Qaiser, M. (2008). “Anther types of dicots within flora of Karachi, Pakistan”. Pak. J. Bot. 40 (1): 33-41. https://www.researchgate.net/profile/Rubina_Abid/publication/215671027_Anther_types_of_dicots_within_flora_of_Karachi_Pakistan/links/00b4952f9ce4ce249a000000/Anther-types-of-dicots-within-flora-of-Karachi-Pakistan.pdf. 
  22. ^ (学術用語集 1990, p. 42)
  23. ^ (学術用語集 1990, p. 239)
  24. ^ (学術用語集 1990, p. 164)
  25. ^ (学術用語集 1990, p. 312)
  26. ^ (学術用語集 1990, p. 132)
  27. ^ Kabeya, Y. & Hasebe, M.. “被子植物”. 陸上植物の進化. 基礎生物学研究所. 2023年8月12日閲覧。
  28. ^ Simpson, M. G. (2005). “Androecium”. Plant Systematics. Academic Press. pp. 371–374. ISBN 978-0126444605 
  29. ^ 戸部博 (1992). “ラカンドニア Lacandonia の花(雄しべと雌しべが逆転した花)の意味”. 植物分類,地理 43 (2): 167–168. doi:10.18942/bunruichiri.KJ00001078988. 
  30. ^ (学術用語集 1990, p. 268)
  31. ^ (学術用語集 1990, p. 171)
  32. ^ (学術用語集 1990, p. 270)
  33. ^ (学術用語集 1990, p. 206)
  34. ^ (学術用語集 1990, p. 51)
  35. ^ (学術用語集 1990, p. 256)
  36. ^ (学術用語集 1990, p. 106)
  37. ^ (学術用語集 1990, p. 309)
  38. ^ (学術用語集 1990, p. 117)
  39. ^ a b 多田多恵子 (2002). “ツユクサの用意周到”. したたかな植物たち ―あの手この手のマル秘大作戦. エスシーシー. pp. 54–59. ISBN 978-4886479228 
  40. ^ "ショウガ科". 日本大百科全書(ニッポニカ). コトバンクより2023年8月12日閲覧
  41. ^ Kabeya, Y. & Hasebe, M.. “アウストロベイレア目/アウストロベイレア科”. 陸上植物の進化. 基礎生物学研究所. 2021年3月28日閲覧。
  42. ^ a b c (生物学辞典 2013, p. 878)
  43. ^ L. テイツ, E. ザイガー, I.M. モーラー & A. マーフィー (編) (2017). “花芽分裂組織と花器官の発生”. 植物生理学・発生学 原著第6版. 講談社. pp. 613–622. ISBN 978-4061538962 



「雄蘂」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雄蘂」の関連用語

雄蘂のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



雄蘂のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雄蕊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS