田んぼとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 田んぼの意味・解説 

たん‐ぼ【×圃/田んぼ】

読み方:たんぼ

《「たのも(田面)」あるいは「たおも(田面)」の音変化か。「田圃」は当て字》田。水田


田んぼ

行政入力情報

団体名 田んぼ
所轄 宮城県
主たる事務所所在地 大崎市田尻大貫荒屋敷29番地
従たる事務所所在地
代表者氏名  玲二
法人設立認証年月日 2006/03/09 
定款記載され目的
宮城県北部にある蕪栗沼田尻町)は伊豆沼内沼とともに我が国マガン数少ない主要な越冬地である。一方で全国的な湿地減少によってマガン蕪栗沼過度に集中するようになり,伝染病蔓延環境悪化マガン群におよぼす影響心配されており,この問題回避するためには,ねぐらの分散必要であるそのために蕪栗沼周辺で冬に田んぼに水を張るふゆみずたんぼ」が,農家の方々,田尻町NPO法人蕪栗ぬまっこくらぶ本法人の前身であるNPOふゆみずたんぼプロジェクト支援協力によって行われてきた。また,これが後押しとなって2005年11月には「蕪栗沼周辺水田」としてラムサール条約湿地登録され水田蕪栗沼一体化した賢明な利用について具体化することが求められている。
同時に農業由来環境負荷減ずる環境保全型農業考え方を超えて,田んぼの健全性回復するための活動として「田んぼの生きもの調査」が全国広がりつつあり,NPOふゆみずたんぼプロジェクトは,調査方法開発実施方法などでその中心的な役割担ってきた。さらに,ふゆみずたんぼ生きもの調査を通じて日本を含むモンスーンアジアの田んぼが地域環境文化風土再生する始まりの場として大切なこと認識され2005年には,田尻町が国大学の提唱している「持続可能な開発のための教育の10年」の拠点地域指定されNPOふゆみずたんぼプロジェクト活動期待されている。
(中略)
そこで,NPOふゆみずたんぼプロジェクト発展的に解消し,「ふゆみずたんぼプロジェクト」,「自然共農業プロジェクト」,「食・くらしプロジェクト」の3つの柱を持つ特定非営利活動法人田んぼを設立することにした農家の方々,都市住民の方々,行政関わる方々関連するNPO法人研究者などすべての人達の協働による人と生きもの共生し大切にされる安心で楽し農業地域作り貢献することを目的とする。 
活動分野
保健・医療福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術・文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

(田んぼ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 05:43 UTC 版)

(た)は、穀物を栽培するための農地日本では主に栽培について使われる[1]田圃(たんぼ:でんぼ・でんぽと読む場合は田と畑を表す[2][3])や、水を張った田は水田(すいでん)ともいう。


注釈

  1. ^ 検丹里遺跡、南山遺跡等。

出典

  1. ^ 広辞苑』第3版、p.1433。
  2. ^ 神永暁. “日本語、どうでしょう?「たんぼ」か?「田んぼ」か?「田圃」か?”. Japanknowledge. 2021年11月21日閲覧。
  3. ^ 「田圃・田畝」 精選版 日本国語大辞典、コトバンク、2021年11月21日閲覧
  4. ^ 農業・農村の有する多面的機能 農林水産省(2021年3月28日閲覧)
  5. ^ 『広辞苑』第3版、p.1679。
  6. ^ a b Tsude, Hiroshi. Yayoi Farmers Reconsidered: New Perspectives on Agricultural Development in East Asia. Bulletin of the Indo-Pacific Prehistory Association 21(5):53-59, 2001.
  7. ^ Fujiwara, H. (ed.). Search for the Origin of Rice Cultivation: The Ancient Rice Cultivation in Paddy Fields at the Cao Xie Shan Site in China. Miyazaki: Society for Scientific Studies on Cultural Property, 1996. (In Japanese and Chinese)
  8. ^ Fujiwara 1996
  9. ^ Expansion of Chinese Paddy Rice to the Yunnan-Guizhou Plateau”. 2007年8月6日閲覧。
  10. ^ Barnes, Gina L. Paddy Soils Now and Then. World Archaeology 22(1):1-17, 1990.
  11. ^ Ongpin Valdes, Cynthia, "Pila in Ancient Times", Treasures of Pila, Pila Historical Society Foundation Inc..
  12. ^ Vietnam Embassy in USA information page vietnamembassy-usa.org
  13. ^ 日本考古学協会 1954 pp.66~98
  14. ^ 日高遺跡 | 高崎市”. www.city.takasaki.gunma.jp. 高崎市. 2020年4月13日閲覧。
  15. ^ 若狭 2013 pp.68~71
  16. ^ 多賀譲治. “石狩平野・米作りの歴史”. 2020年5月13日閲覧。
  17. ^ 日本最北の水田 遠別町役場(2020年5月19日閲覧)
  18. ^ 今に伝わる「病田」の怪 甲斐市玉川 田之神”. 株式会社新聞センター. 山日YBSグループ (2006年8月15日). 2012年7月24日閲覧。インターネットアーカイブによる記録)
  19. ^ (研究成果) 水田は、周辺地域の気温の上昇を緩和しているが、その効果は大気CO2の増加により低下する 農研機構北海道大学プレスリリース(2021年3月12日)2021年3月16日閲覧
  20. ^ 「農の治水機能生かせ 豪雨禍受け福岡・熊本/田んぼダム、用水路の排水 住民参加で検討加速」日本農業新聞』2021年3月26日1面(2021年3月28日閲覧)


「田」の続きの解説一覧

田んぼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/04 00:07 UTC 版)

蟹江町立学戸小学校」の記事における「田んぼ」の解説

2002年平成14年)に学校敷地内南側学校敷地学校をほぼ囲むように流れている用水路)の近くに完成田植えなど稲の生長授業活用している。

※この「田んぼ」の解説は、「蟹江町立学戸小学校」の解説の一部です。
「田んぼ」を含む「蟹江町立学戸小学校」の記事については、「蟹江町立学戸小学校」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「田んぼ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「田んぼ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「田んぼ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||


6
90% |||||

7
76% |||||

8
76% |||||

9
76% |||||

10
76% |||||

田んぼのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



田んぼのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2022 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの田 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの蟹江町立学戸小学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS