経済発展とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 発展 > 経済発展の意味・解説 

経済発展

経済学者は、経済成長 1あるいは経済発展 1人口成長率および人口構造変動との動態的な諸関係を強調してきた。彼らは今日静態的な適度規模概念よりも、人口適度成長率 2、すなわち生活水準極大上昇率調和する成長率という動態的概念関心抱いている。これらの諸関係は生活水準の低い国々では格別に重要であるが、これらの国々開発発展途上国 3呼ばれるようになっている


経済発展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 10:09 UTC 版)

経済発展(けいざいはってん、Economic Development)は、資本蓄積技術力の進歩に伴って、未発達で低所得の国家経済が近代的な産業経済に生まれ変わるプロセスのことである。経済進歩や経済成長と同義に用いられることもあるが、若干意味が異なる。




「経済発展」の続きの解説一覧

経済発展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/09 14:03 UTC 版)

ゴールデンアイルズ」の記事における「経済発展」の解説

この地社会継続する経済発展はブランズウィックグリン郡開発局管理している。この部署目的新し産業誘致し既存産業発展させることである。この責任を果たすために、以下のような経済開発行動に関わっているが、これに限られたものではない。 工業と商業将来性について積極的なマーケティング活動遂行する 工業団地独立型工業用地開発し既存企業拡張新し事業用途充てる 地方、州、国会議員との法的な連携維持する ブランズウィックグリン郡開発局次のようなものを含め新し産業の誘致のために包括的刺激策運営する産業開発のために貸金手当てする債権発行する ブランズウィック港を通過する完成品に対する税の免除を行う。州の経済発展省と協業して地方と州の刺激策実行する就職機会増加促す新産業あるいは既存産業の税的優遇策を州が提供する

※この「経済発展」の解説は、「ゴールデンアイルズ」の解説の一部です。
「経済発展」を含む「ゴールデンアイルズ」の記事については、「ゴールデンアイルズ」の概要を参照ください。


経済発展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 01:50 UTC 版)

ロートガウ」の記事における「経済発展」の解説

ロートガウ市に属す旧町村は、19世紀初めまで農業で生活を立てていたが、その後次第工業化されていった。現在、農民多く近隣オッフェンバッハ・アム・マインフランクフルト・アム・マイン仕事を持っており、農耕副業として行われていた。 20世紀半ばロートガウ旧町村では皮革加工従事する中小企業数多く設立された。ハンドバッグカバンベルト財布書類カバンといった製品が主に内職作製された。1975年までに兼業農家もほとんどいなくなった2004年時点で専業農家11軒(主にアスパラガス栽培)で、兼業農家は 4軒であった皮革加工業とともにロートガウでは金属加工業も盛んになった。これは、ベルトバックルカバン持ち手などを供給する必要があったためである。ヴァイスキルヒェン、ユーゲスハイム、ニーダーローデン多くの会社設立された。しかし現在では皮革加工業金属加工業も小さな役割を担うだけになっている1954年ドゥーデンホーフェン外れに、新たな産業分野である石灰砂岩採石場造られた。ここから最盛期には 7300トンの石が切り出された。1990年代この会社は、現在 Porit の商標知られている気泡コンクリート生産重点移した1960年代初めにアダム・オペル AGは、テストセンター (TCD) の場所としてドゥーデンホーフェン選んだテストセンター1966年から運用開始した。4.8 km高速仕様周回コース中に全長 6.7 km考え得るすべての道路状況再現した耐久試験コース設けられており、2009年からオフロード仕様車のテストコースとして使用されている1960年代初めからロートガウ6つ産業地域総面積 219 ha)が整備されIBM商品配送センター2005年までその後は、Mann-Mobilia流通センター)、Atlas Rhein Main社、FEGRO卸売りマーケット、MEWAテキスタイルサービス、GEODIS、ペプシコーラ・ドイツ、パーキンエルマー・ライフ・アンド・アナリティカル・サイエンス、DHL郵送専門センターといったサービス業立地している。2005年半ばには、ロートガウには 3,871社の企業登記されており、このうち有名なスーパーマーケットチェーン店23社、ホテル16で合795であった製造業手工業からサービス業へという傾向は、1987年2003年を比較する明らかである。全企業数占めサービス業者の比率は、広域町村発足10年後1987年)には 52 % であったが、その15年後に73 % にまで増加したロートガウには約 150社のハイテク企業立地している。センサ技術測量技術計測技術分析技術応用し航空および宇宙飛行情報・通信分野担っているその他には、生産技術自動表面処理、ミクロエレクトロニクス、光エレクトロニクスといった分野の企業がある。 2005年時点でロートガウには、9,075人分社会保健支払い義務のある職場存在し、さらに約 3,000人分自営業公務員極小規模事業者があった。 ただしロートガウ住民労働者大半は周辺の大都市オッフェンバッハ・アム・マイン 15 kmハーナウ 15 kmダルムシュタット 20 kmアシャッフェンブルク 20 kmフランクフルト・アム・マイン 25 km)に職場を持っている。

※この「経済発展」の解説は、「ロートガウ」の解説の一部です。
「経済発展」を含む「ロートガウ」の記事については、「ロートガウ」の概要を参照ください。


経済発展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/07 14:21 UTC 版)

オルスベルク」の記事における「経済発展」の解説

オルスベルク地域では、工業化以前時代採掘鉄製造、加工が行われていた。様々な集落釘鍛冶存在していた。1804年からは、「ブルーフハウゼン、エレリングハウゼン、ビッゲ、オルスベルク、アシングハウゼン、ジルバッハ、シュマレンベルク恐ろしい数の釘で組み立てられている」と言われた。しかしこの地方の家内手工業による釘製造は、工業的に製造されるに対して競争力持たなかった。すでに19世紀前半にはブルーフハウゼンにおける釘製造縮小し20世紀になるまで副業として営まれた。オルスベルガー・ヒュッテはオーブン製造特化して存続した。

※この「経済発展」の解説は、「オルスベルク」の解説の一部です。
「経済発展」を含む「オルスベルク」の記事については、「オルスベルク」の概要を参照ください。


経済発展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 22:01 UTC 版)

ヴァールブルク」の記事における「経済発展」の解説

1155年パーダーボルン司教ベルンハルト1世によってシトー会のハルデハウゼン修道院創設されると、これに隣接するヴァールブルク司教領内で最大の経済力を持つようになった。ハルデハウゼン修道院1258年からヴァールブルクアルトシュタット修道院施設運営している。 ヴァールブルクでは、ツンフト組織されたリンネル織り皮革加工羊毛加工の手工業興り、アントニウス・アイゼンホイトのような全国的に重要な手工芸作家誕生した1364年アルトシュタットおよびノイシュタット両市ハンザ同盟加盟しそれに加えて隣接するシトー会修道院効果もあって経済的発展享受した

※この「経済発展」の解説は、「ヴァールブルク」の解説の一部です。
「経済発展」を含む「ヴァールブルク」の記事については、「ヴァールブルク」の概要を参照ください。


経済発展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 15:08 UTC 版)

香港の歴史」の記事における「経済発展」の解説

戦前の香港は、イギリスの植民地支配下で中国大陸諸外国間の中継貿易港として発展し香港政庁古典的なレッセフェール自由放任政策)に徹していた。しかし、朝鮮戦争勃発すると、国連による中華人民共和国への経済制裁が行われ、中継貿易への依存ができなくなったその代わり中華人民共和国から中国共産党による一党独裁避けた難民流入し、彼らが安価な労働力となり香港製造業支えた加えてベトナム戦争の終結後南ベトナムからボートピープル流入した。なお増続け香港への流入人口食い止めるために、1984年以降は、許可持たない中華人民共和国からの密入国者は全て送還する政策とられた香港政庁大量に押し寄せた難民対処する過程で、住宅供給市街地拡大に伴う開発プロジェクトを行うようになる。ただし政府規制極力押さえ、低い税率維持するなど過剰な経済への介入避けた。これが積極的不介入主義である。 1960年代には水不足危機陥り中華人民共和国東江から香港送水するパイプライン(東深供水プロジェクト中国語版))築かれた。 1970年代からは繊維産業中心とする輸出型軽工業発達し後に香港最大の財閥率い李嘉誠のような企業家輩出する。さらに1960年代以降の旅客機ジェット化大型化を受けて航空機による人と貨物輸送量急上昇し香港東南アジアにおける流通ハブ地位確立した結果1980年代から1990年代にかけて香港シンガポール中華民国台湾)、韓国とともに経済発展を遂げたアジア四小龍」あるいは「アジアNIEs」と呼ばれるうになる

※この「経済発展」の解説は、「香港の歴史」の解説の一部です。
「経済発展」を含む「香港の歴史」の記事については、「香港の歴史」の概要を参照ください。


経済発展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/21 09:39 UTC 版)

パクス・アッシリアカ」の記事における「経済発展」の解説

この時期のフェニキア人とのアッシリア人の関係は新アッシリア王国さらなる経済発展に寄与した。​当時フェニキア新アッシリア従属した付庸国であったその地域の主要な経済的要因として、フェニキア人広大な海洋ネットワーク確立した結果、彼らはワイン木材象牙金属、そして思想などとともに帝国内に貿易活動をした。資源の主要供給源となったフェニキア人はより多くの資源植民地を得るため、フェニキア拡大もたらす大規模な新アッシリア王国多量需要応えるべく新しい手段見つけねばならなかった。​フェニキア人は、キプロス島キリキアクレタ島3つの鉄の産地支配していたため、地中海全域での取引寄与した​。彼らの広範囲に及ぶ貿易網は、フェニキア人商品のみならずアッシリアの文字芸術建築西方へ普及もたらすような思想面の貿易おいてもギリシャメソポタミア結びつけることを可能にした。

※この「経済発展」の解説は、「パクス・アッシリアカ」の解説の一部です。
「経済発展」を含む「パクス・アッシリアカ」の記事については、「パクス・アッシリアカ」の概要を参照ください。


経済発展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/25 01:50 UTC 版)

ポーランドの経済」の記事における「経済発展」の解説

ポーランドは、EU最大のEUファンド融資資金恩恵を受けている国である。近年GDP成長率高く2006年は5.8%、2007年は6.6%であった今後高成長維持する予測されており、国内インフラ整備急速な進展にあわせて国内経済本格的な成長軌道にのったものと考えられている。ただし2008年に関しては、2007年サブプライム・ショックに伴う世界同時株安および世界的な一次産品価格上昇影響で2007年に比べ経済成長率はやや低めインフレ圧力強めなるのではないか、と予想されていた。しかし2007年から始まった世界金融危機影響最小限にとどめ、比較順調な成長をし、特にヨーロッパ深刻な不況陥った2009年ヨーロッパで唯一プラスの経済成長率達成し以前から行っていたポーランド独特の非常にユニークな経済政策が、世界から注目を浴びるようになった2009年ポーランド政府大きく被害受けた国内経済のために、IMFから205ドル借り入れたポーランド・ウクライナ開催UEFA欧州選手権2012では、関連施設インフラ建設準備住宅バブルに向け、西欧諸外国から大きな投資受けた、このインフラ投資事業により世界金融危機大きな被害免れた。だが世界的な金融危機反映し住宅投資バブル不発となり投資家予測反す結果終わった2010年世界中で行われている景気対策目的とした大規模な金融緩和の為、ポーランド第二四半期成長率プラス3.5%を記録したため、ポーランド政府ポーランド国立銀行景気過熱資産価格上昇可能性やそれに伴う高いインフレ可能性懸念し始め公的部門財政再建路線強化金融引き締め政策貸出規制の強化、といった対応策考慮している。2014年GDP成長は1.3%。

※この「経済発展」の解説は、「ポーランドの経済」の解説の一部です。
「経済発展」を含む「ポーランドの経済」の記事については、「ポーランドの経済」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「経済発展」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「経済発展」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



経済発展と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「経済発展」に関係したコラム

  • CFDのトウモロコシ相場の見方

    CFDのトウモロコシ相場は、生産国や消費国の情勢、気候などにより値動きが大きくなります。この値動きは、テクニカル指標では分析できないほど荒い値動きになります。ここでは、過去のトウモロコシ相場を振り返り...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

経済発展のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



経済発展のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経済発展 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゴールデンアイルズ (改訂履歴)、ロートガウ (改訂履歴)、オルスベルク (改訂履歴)、ヴァールブルク (改訂履歴)、香港の歴史 (改訂履歴)、パクス・アッシリアカ (改訂履歴)、ポーランドの経済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS