推進力とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 推進 > 推進力の意味・解説 

すいしん‐りょく【推進力】

読み方:すいしんりょく

物を前へおし進める力。「―の強いエンジン

物事おし進め実行させる力。「市民運動の―となる」

「推進力」に似た言葉

推進力

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

推力

(推進力 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/02/11 07:46 UTC 版)

推力(すいりょく、スラスト: thrust)とは、


  1. ^ a b c d e 平凡社『世界大百科事典』 第2版 「推力」
  2. ^ AMT-USA jet engine product information”. 2006年12月13日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 石井喜八,西山哲成編『スポーツ動作学入門』市村出版, 2002 p.120


「推力」の続きの解説一覧

推進力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/22 19:24 UTC 版)

NS級軟式飛行船」の記事における「推進力」の解説

本級では当初一対250馬力(190 kW)ロールス・ロイス イーグルエンジンが装備されどちらも流線形覆いのついた動力室据えられた。これは両方とも精巧なトランスミッションを介して動力伝え独立したシャフト上の直径2.7m、4翅ブレードプロペラ駆動した。

※この「推進力」の解説は、「NS級軟式飛行船」の解説の一部です。
「推進力」を含む「NS級軟式飛行船」の記事については、「NS級軟式飛行船」の概要を参照ください。


推進力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 05:37 UTC 版)

X-15 (航空機)」の記事における「推進力」の解説

最初の24回の動力飛行では、2つのリアクションモーターXLR11液体推進ロケットエンジン使用され単一のXLR11提供した6,000重量ポンド (27 kN)と比較して合計16,000重量ポンド (71 kN)の推力提供するように拡張された。ベルX-1音速よりも速く飛行する最初の航空機するために1947年提供され単一のXLR11エチルアルコール液体酸素使用していた。 1960年11月までに、リアクション・モーターズXLR99ロケットエンジン納入し57,000重量ポンド (250 kN)の推力発生させた。X-15残りフライト175は、単一のエンジン構成XLR99エンジン使用していた。XLR99は、推進剤として無水アンモニア液体酸素使用し過酸化水素使用して推進剤エンジン供給する高速ターボポンプ駆動80秒で15,000ポンド (6,804 kg)の推進剤燃焼させることができた。ジュールズ・バーグマン(英語版)は、航空機の総動力飛行時間説明するために、プログラムNinety Seconds to Spaceに関する本にタイトル付けたX-15姿勢制御システムRCS)は、低圧/密度環境操縦するために、触媒存在下で酸素分解し140秒の比推力提供できる高濃度過酸化水素(HTP)を使用した。HTPは、メインエンジン補助動力装置APU)のターボポンプにも燃料供給したヘリウム液体窒素用の追加タンク他の機能として、胴体内部ヘリウムガスパージ (ガス)(英語版)され、液体窒素さまざまなシステム冷却材として使用された。

※この「推進力」の解説は、「X-15 (航空機)」の解説の一部です。
「推進力」を含む「X-15 (航空機)」の記事については、「X-15 (航空機)」の概要を参照ください。


推進力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 07:30 UTC 版)

ボーグ・キューブ」の記事における「推進力」の解説

多くの宇宙船船首方向にしかワープ航行進めないに対し船体各部複数のワープフィールド・コンジットが分散配置されているため、上下前後左右あらゆる方向向かってワープ可能である通常のワープドライブでも最大でワープ9.99という速度を出すことができるが、ボーグ艦にはトランスワープチューブを作り出すトランスワープコイルが搭載されており、光速百万倍以上の速度を出すことができる。トランスワープチューブはボーグ艦が自分自身で能動的に作る形式と、惑星マニフォルド使ってあらかじめ設置してく形式があるが、ボーグはおもに後者を好む。これはトランスワープコイルが2 - 3万光年の推進摩耗するめである

※この「推進力」の解説は、「ボーグ・キューブ」の解説の一部です。
「推進力」を含む「ボーグ・キューブ」の記事については、「ボーグ・キューブ」の概要を参照ください。


推進力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 15:01 UTC 版)

遺産と創造性」の記事における「推進力」の解説

文化多様性に関する世界宣言』において、「創造性源泉としての文化遺産」が掲げられており、文化多様性遺産と創造性推進する原動力となっており、「ポスト2015開発アジェンダ文化」が具体的な行動指針となっている。 伝統文化創造産業継承活用するためには、次世代の育成後継者養成伝統文化関心をもつ郷土愛教育)が重要で持続可能な開発のための教育(ESD)に循環する2014年名古屋市開催された「持続可能な開発のための教育に関するユネスコ世界会議」で採択された「あいち・なごや宣言」で、「ESD実践は、持続可能な開発への文化貢献文化多様性地域伝統的な知識のような普遍的原則の必要性と、地元国内地域世界貢献する抜粋)」とある。 国内では文化財保護法文化芸術基本法一定の役割果たしている。一方で遺産と創造性実現するための人材足りていない現実がある。これに関し安倍内閣は「女性活躍」(ウーマノミクス)を政策として掲げたが、京都府立大学宗田好史は「女性こそ文化遺産魅力理解しており、創造ビジネス活躍できる」としており女性果た役割期待しているまた、伝統と革新具現化したパラソフィア京都国際現代芸術祭や、その一環として開催されWikipedia ARTSのようにインターネット環境による市民参加型の文化芸術情報発信注目される遺産と創造性市民によるエンパワーメント望まれる日本では第二芸術論情操教育としての習い事のように一般人でも芸術芸道触れ創作活動関与できる機会背景があり、鑑賞するだけでなく参加することでの創造性拡張可能性もある。

※この「推進力」の解説は、「遺産と創造性」の解説の一部です。
「推進力」を含む「遺産と創造性」の記事については、「遺産と創造性」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「推進力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

推進力

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:24 UTC 版)

名詞

推進 すいしんりょく

  1. 物を前方押し進める
  2. 物事推し進め実行させる力。

発音(?)

す↗いし↘んりょく

類義語

語義1

翻訳

語義1


「推進力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



推進力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「推進力」の関連用語

推進力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



推進力のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの推力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのNS級軟式飛行船 (改訂履歴)、X-15 (航空機) (改訂履歴)、ボーグ・キューブ (改訂履歴)、遺産と創造性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの推進力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS