環境保全型農業とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 環境 > 環境保全型農業の意味・解説 

環境保全型農業

「環境保全型農業の基本的考え方」(平成6年4月農林水産省環境保全型農業推進本部によれば、「農業の持つ物質循環機能を生かし、生産性との調和留意しつつ、土づくり等を通じて化学肥料農薬使用等による環境負荷軽減配慮した持続的農業」と定義されており、地域慣行地域従来ら行われている方法)に比べ農薬化学肥料使用量を減らしたり、堆肥による土づくりを行うなど、環境配慮した農業をいう。

環境保全型農業

 農業の持つ物質循環機能を活かし、生産性との調和などに留意しつつ、土づくり等を通じて化学肥料農薬使用等による環境負荷軽減配慮した持続的農業(「環境保全型農業推進基本的考え方」(平成6年4月農林水産省環境保全型農業推進本部)。

環境保全型農業

読み方かんきょうほぜんがたのうぎょう
【英】:environmental friendly agriculture

農業の持つ物質循環機能を生かし、生産性との調和などに留意しつつ、土づくり等を通じて化学肥料農薬使用等による環境負荷軽減配慮した持続的農業スラグ原料としたケイ酸カリ肥料など緩効性肥料は、環境保全型農業に適していると考えられている。



環境保全型農業と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「環境保全型農業」の関連用語

環境保全型農業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



環境保全型農業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright:2021 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
農林水産省農林水産省
Copyright:2021 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2021 Nippon Slag Association All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS