山葵とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 山葵 > 山葵の意味・解説 

わさび【山葵】

読み方:わさび

アブラナ科多年草日本特産渓流砂礫(されき)地に生える。根茎は太い円柱形多数の跡があり、緑色根際から長い柄をもつ心臓形葉が出る。春、高さ約30センチ伸ばし、白い4弁花を総状につける根茎香辛料とし、すりおろす酵素働いて鼻につんとくる香気辛味生じ刺身・そば・握りずしなどに用いる。山間地栽培もされる。《 春 花=夏》「おもしろう―に咽ぶ泪かな/召波


わさび (山葵)

アブラナのほかの用語一覧
ヤマハタザオ:  浜旗竿  深山旗竿  清白草  白山旗竿
ワサビ:  山葵  百合山葵
ワサビダイコン:  西洋山葵

山葵

読み方:ワサビwasabi

アブラナ科多年草深山渓流自生する水生植物で、栽培行なわれる根茎辛みがあり、薬味などに使う

季節

分類 植物


ワサビ

(山葵 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/19 02:23 UTC 版)

ワサビ山葵、山萮菜[1])は、アブラナ科ワサビ属の植物。日本原産[2]。中国の近縁種とは、約500万年前に分化したと推定される[2]。山地の渓流湿地で生育し、春に4弁の白い小を咲かせる。根茎は食用となり、強い刺激性のある香味を持つため薬味調味料として使われる。加工品はセイヨウワサビのものと区別するため本わさびと呼ぶこともある。


  1. ^ 「わさび」/三省堂百科辞書編輯部編『新修百科辞典』(三省堂、1934年)2128頁
  2. ^ a b 山根京子, 杉山泰昭, 魯元学, 律娜, 丹野研一, 木村衣里, 山口裕文、【原著論文】日本のワサビ属植物(Eutrema japonicum and E. tenue)と中国の近縁野生種(E. yunnanense)における遺伝的分化,分子系統解析および民族植物学的研究『The Horticulture Journal』2016年 85巻 1号 p.46-54, doi:10.2503/hortj.MI-065
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 主婦と生活社編 2007, p. 70.
  4. ^ a b c d e 大嶋敏昭監修 2002, p. 438.
  5. ^ 植物遺伝育種学 ワサビ属植物系統保存 岐阜大学植物遺伝育種学研究室HP
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n 馬場篤 1996, p. 117.
  7. ^ 강원도민일보 (2017年6月29日). “[로컬푸드를 찾아서 1. 드라마틱 철원 샘통 물고추냉이]” (朝鮮語). 강원도민일보. 2019年5月15日閲覧。
  8. ^ 飛鳥京跡苑池遺構第3次調査(飛鳥京跡第145次調査)現地説明会資料”. 奈良県立橿原考古学研究所 (2001年7月7日). 2012年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月5日閲覧。
  9. ^ 【ぐるっと首都圏・食べる・つながる】静岡市葵区 静岡ワサビ/世界に伝統と味伝えたい 畳石式栽培で手間かけ毎日新聞』朝刊2019年5月23日(東京面)2019年6月10日閲覧
  10. ^ 江戸時代後期、19世紀の『守貞謾稿』にはにぎりずしにかんする記述のなかで「刺身及ビコハダ等ニハ飯ノ下肉ノ上ニ山葵ヲ入ル」とある。
  11. ^ とれたてぴちぴち伊豆育ち。ふるさとの特産品をご紹介 伊豆市(2012年11月2日閲覧)
  12. ^ 地域森林景観 山間に広がる美しい棚田~中伊豆ワサビ田~ 東京大学(2012年11月2日閲覧)
  13. ^ 野本寛一『庶民列伝』(白水社 2000年4月10日発行 ISBN 4560022461)201頁
  14. ^ 青木幸代「伊豆天城地方におけるワサビ栽培の地域的展開」『地理空間』2009年 2巻 1号 pp.17-31, doi:10.24586/jags.2.1_17
  15. ^ a b 近藤修一、坂井崇人、刀祢茂弘 ほか:ワサビ新品種「徳育1号」の育成経過と品種特性『山口県農業試験場研究報告』(53), 73-74, 2002-03
  16. ^ a b 信州花めぐり♪安曇野でわさびの花を味わう JA長野
  17. ^ 地域の特産物(わさび)天城山麓 静岡県 東部農林事務所
  18. ^ 株式会社シームスの2011年イグノーベル賞受賞について” (日本語). 消防庁消防大学校 消防研究センター (2011年11月24日). 2015年7月3日閲覧。
  19. ^ 「英で日本のワサビ栽培・販売、欧州初 仏料理にも採用」MSN 産経ニュース(2012年12月28日16:55版)
  20. ^ “静岡の伝統的ワサビ栽培、世界農業遺産に 徳島の急傾斜地農耕も”. 中日新聞. (2018年3月9日). http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018030901002329.html 2018年3月10日閲覧。 
  21. ^ a b ワサビの栽培 (PDF) - 愛媛県、2012年11月2日[リンク切れ]
  22. ^ 【産地からの手紙 旬菜物語】ワサビ/静岡・JA伊豆の国 伝統と湧水が育む味 「畳石式」技術時代に『日本農業新聞』2019年6月8日9面
  23. ^ 東京都立農業高校 神代農場 ワサビ栽培
  24. ^ 築地録太郎、鈴木正、ワサビ栽培の基礎調査 (1)温度調査について『日本林学会誌』Vol.38 (1956) No.10 p.415-418, doi:10.11519/jjfs1953.38.10_415
  25. ^ 中田正彦「ワサビの害虫スジグロチョウの幼虫,蛹の天敵について」『日本応用動物昆虫学会誌』Vol.7 (1963) No.4 p.348-349
  26. ^ 西東力、杉山泰昭、芳賀一 ほか「ワサビにおける総合的病害虫管理 4. 静岡県におけるスジグロシロチョウの寄生性天敵相」『関西病虫害研究会報』Vol.52 (2010) p.135-137
  27. ^ 西島卓也「ワサビ栽培における病害虫対策 (PDF) 」静岡県農林技術研究所伊豆農業研究センターわさび科
  28. ^ ワサビの総合的作物管理(ICM)マニュアル (PDF) 』島根県
  29. ^ 竹内純、竹内浩二、鍵和田聡ほか「東京都奥多摩地域のワサビ栽培における病害の発生状況」『関東東山病害虫研究会報』Vol.2008 (2008年) No.55 pp.39-44
  30. ^ 外側正之、芳賀一、杉山泰昭ほか「ワサビにおける総合的病害虫管理 8 ワサビ白さび病菌のアブラナ科植物に対する病原性」『関西病虫害研究会報』Vol.52(2010年) pp.87-88
  31. ^ 奥尚、有江麻美、岸良日出男「ワサビうどんこ病(新称)」『日本植物病理学会報』1993年 59巻 5号 pp.601-606, doi:10.3186/jjphytopath.59.601
  32. ^ 山田員人, 春木和久「ワサビの茎頂培養による大量増殖法」『島根県農業試験場研究報告』第26号、島根県農業試験場、1992年、 85-95頁、 ISSN 0388-905X
  33. ^ 畑ワサビ栽培の実証(森林環境教育) 奈良県 農林部
  34. ^ 畑わさび(ハウス)JA全農やまぐち
  35. ^ 田中逸夫、舟橋芳仁、嶋津光鑑:【原著論文】ワサビの人工光栽培に関する研究『Eco-Engineering』Vol.20 (2008年) No.3 pp.119-124, doi:10.11450/seitaikogaku.20.119
  36. ^ ワサビ属植物系統保存 岐阜大学 植物遺伝育種学、2010年
  37. ^ 真妻わさび[リンク切れ][特集]発祥の地、和歌山、Vol.23(2014年)
  38. ^ 「ダルマ種」について 北村わさび(2010年)
  39. ^ ワサビ新品種'ふじだるま'について」『静岡県農業試験場研究報告』(19), 64-69, 1974年10月, NAID 40017854084
  40. ^ 吉田正温「ワサビ属の細胞学的研究(II) : ワサビ 島根3号」『島根大学農学部研究報告』8, 49-50, 1974年12月15日, NAID 120005583092
  41. ^ 「世界から愛される和食に不可欠なワサビの危機」山根京子(2015年)
  42. ^ 上部明広, 佐々木仁, 菅原誠司, 山村三郎, 西原昌宏, 中塚貴司、「畑ワサビクローン選抜の有効性」日本森林学会 第117回 日本森林学会大会 doi:10.11519/jfsc.117.0.570.0
  43. ^ 園芸作物等の取扱苗一覧(全品種受注生産)長野県原種センター
  44. ^ 東京ワサビ 残そう在来種「三鷹大沢」DNA鑑定でルーツ判明●宅地化で激減/株が老化、絶滅の恐れ『日本農業新聞』2021年11月5日13面
  45. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  46. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  47. ^ a b c d e f 主婦の友社編 2011, p. 255.
  48. ^ 鈴木正、長島善次、内山正昭「ワサビ無機成分の時期別変化について」『日本林学会誌』Vol.41 (1959年) No.5 pp.180-183
  49. ^ 大鶴勝, 花山和美、「わざびの生育期間中における辛味生成因子の変動」『日本農芸化学会誌』Vol.56 (1982年) No.10 pp.935-937
  50. ^ 金印わさび機能性研究所 「わさびスルフィニル」 / 「わさびスルフィニル」とは
  51. ^ 村田充良、宇野みさえ、永井陽子ほか「わさびおよび加工わさび製品中の6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート含量」『日本食品科学工学会誌』Vol.51 (2004年)No.9 pp.477-482
  52. ^ 七山征子、橋本明子、新井輝義ほか「調味料と香辛料が腸炎ビブリオの生存に及ぼす抗菌作用 I. 醤油と沢わさび, しょうが, にんにくの共働抗菌作用」『日本食品微生物学会雑誌』Vol.11 (1994-1995年) No.3 pp.173-178
  53. ^ 小野晴寛、足立圭子、福家洋子ほか「沢わさびの胃がん細胞増殖抑制成分の精製と構造解析」『日本食品科学工学会誌』Vol.43 (1996年) No.10 pp.1092-1097
  54. ^ 「※記事名不明※」『中日新聞』2008年12月18日
  55. ^ 「※記事名不明※」『静岡新聞』2010年2月18日
  56. ^ 【産地からの手紙 旬菜物語】ワサビ丼/おろしたて 香り抜群『日本農業新聞』2019年6月8日8面
  57. ^ 池波正太郎『男の作法』(新潮文庫 1981年)p.83
  58. ^ 『星岡』1933年
  59. ^ a b c d e 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 61.
  60. ^ 金印グループ 西洋わさびについて]”. 2015年2月22日閲覧。
  61. ^ ハウス食品 粉わさび”. 2015年2月22日閲覧。
  62. ^ テレビ朝日「島根・益田市 ~単身移住でワサビ栽培~」2016年2月17日閲覧
  63. ^ 岩泉産業開発主に茎を利用する「畑わさび」で、現在では練りワサビの原料として日本一の生産量 2016年2月17日閲覧
  64. ^ 【チューブわさび】「本わさび使用」や「本わさび入り」と書かれていますが、どのように違うのでしょうか。|Q&A・お問い合わせ”. ヱスビー食品. 2019年5月29日閲覧。
  65. ^ 鈴木棠三 『日本俗信辞典 植物編』〈角川ソフィア文庫〉KADOKAWA、2020年、525頁。ISBN 9784044005917 
  66. ^ 鈴木棠三 『日本俗信辞典 植物編』〈角川ソフィア文庫〉KADOKAWA、2020年、524頁。ISBN 9784044005917 



山葵

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 00:41 UTC 版)

(さんき[1]

  1. 生薬としての)わさび

和語の漢字表記

  1. わさび 参照

「山葵」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



山葵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山葵」の関連用語

山葵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山葵のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2023, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2023 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワサビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの山葵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS