クランベリーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 果樹 > クランベリーの意味・解説 

クランベリー【cranberry】


クランベリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 05:50 UTC 版)

クランベリー (Cranberry) とはツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属 (Oxycoccos) に属する常緑低木の総称。北半球寒帯酸性沼地に見られる。 主な種はツルコケモモ(蔓苔桃)[1]、ヒメツルコケモモ(姫蔓苔桃)、オオミツルコケモモ(大実蔓苔桃)[2]アクシバ(灰汁柴、青木柴)。果実は飲料用、食用、薬用、ヘルスケアに利用され、安息香酸を含有している[1]


  1. ^ a b c d e f g h i 伊藤・野口監修 誠文堂新光社編 2013, p. 54.
  2. ^ 伊藤・野口監修 誠文堂新光社編 2013, p. 84.
  3. ^ History”. Cranberries.org. 2009年11月13日閲覧。
  4. ^ Cranberries”. BC Ministry of Agriculture (2014年). 2014年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月4日閲覧。
  5. ^ United States Department of Agriculture (2010年8月18日). “Wisconsin -Cranberries”. 2011年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月31日閲覧。
  6. ^ Cranberry Terschelling BV”. 2011年11月19日閲覧。
  7. ^ Nutrition facts for raw cranberries”. Nutritiondata.com. Conde Nast (2013年). 2014年1月19日閲覧。
  8. ^ a b Zeldes, Leah A. (2009年11月25日). “Eat this! Cranberries more than a thanksgiving condiment”. Dining Chicago. Chicago's Restaurant & Entertainment Guide, Inc.. 2009年11月25日閲覧。
  9. ^ a b The American Cranberry-Basic Information on Cranberries”. Library.wisc.edu. 2010年10月4日閲覧。
  10. ^ Calvan, Bobby Caina. "Cranberry industry seeks to avoid school ban." Boston Globe, 25 June 2012.
  11. ^ Rocha DMUP, Caldas APS, da Silva BP, Hermsdorff HHM, Alfenas RCG (January 2018). “Effects of blueberry and cranberry consumption on type 2 diabetes glycemic control: A systematic review”. Crit Rev Food Sci Nutr: 1–13. doi:10.1080/10408398.2018.1430019. PMID 29345498. 
  12. ^ Pourmasoumi M, Hadi A, Najafgholizadeh A, Joukar F, Mansour-Ghanaei F (April 2019). “The effects of cranberry on cardiovascular metabolic risk factors: A systematic review and meta-analysis”. Clin Nutr. doi:10.1016/j.clnu.2019.04.003. PMID 31023488. 
  13. ^ a b c クランベリー (ツルコケモモ) - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所) 2018/06/01更新
  14. ^ Howell AB (October 2013). “Updated systematic review suggests that cranberry juice is not effective at preventing urinary tract infection”. Evid Based Nurs 16 (4): 113–4. doi:10.1136/eb-2012-101163. PMID 23604365. https://ebn.bmj.com/content/16/4/113.long. 
  15. ^ 市販品は、クランベリー果汁の含有率は低く大量のブドウ糖等が付加されているものが多いため:出典 ハーブ&サプリメント NATURAL STANDARDによる有効性評価 産調出版株式会社 渡邊昌日本語監修


「クランベリー」の続きの解説一覧

クランベリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/23 09:38 UTC 版)

テルスヘリング」の記事における「クランベリー」の解説

テルスヘリングは、ワッデン海上の島々の中で唯一クランベリー(和名:ツルコケモモ)が育つことで知られる1840年壊血病効果があることから船乗り一杯に詰めていたクランベリーが、遭難した船から島岸に漂着し島民たちは自分たちの航海用に栽培を始めた。 クランベリーは島のあちこちで見つけることができる。現在、クランベリー畑は0.48 km2面積占める。島の飲食店パン屋旅行者相手売られており、容易に味わうことができる。

※この「クランベリー」の解説は、「テルスヘリング」の解説の一部です。
「クランベリー」を含む「テルスヘリング」の記事については、「テルスヘリング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「クランベリー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「クランベリー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



クランベリーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クランベリー」の関連用語

クランベリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クランベリーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2023 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクランベリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのテルスヘリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS