ハレとケとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ハレとケの意味・解説 

ハレとケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/17 13:57 UTC 版)

ハレとケとは、柳田國男によって見出された、時間論をともなう日本人の伝統的な世界観のひとつ。


  1. ^ 明治時代の民間では、花嫁衣装として黒縮緬紋付裾文様の振袖も着られた。
  2. ^ “江戸時代の食事”を再現した人が登場し、ツイッターで注目 - お漬物、汁物……そして塩? 本人に話を聞いてみた (1)” (日本語). マイナビニュース (2020年7月14日). 2021年6月19日閲覧。
  3. ^ a b 柳田 (1993) p.29。柳田は、明治以降の庶民の生活の変化について、「褻と晴の混乱、すなわちまれに出現するところの昂奮というものの意義を、だんだんに軽く見るようになったこと」と説明している。
  4. ^ その成果として、桜井ほか『共同討議 ハレ・ケ・ケガレ』青土社、1984年。これには桜井のほか、谷川・坪井・宮田・波平の発言が収録されている。
  5. ^ 桜井ほか (1984) pp.23-25
  6. ^ 波平 (1985) p.32
  7. ^ 山本幸司 (2009). 穢れと大祓 増補版. 解放出版社. p. 13. ISBN 978-4-7592-5253-8 
  8. ^ 桜井ほか (1984)。なかでも・谷川・坪井・宮田がデュルケームの聖俗論との対応関係を認めている。


「ハレとケ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ハレとケのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハレとケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハレとケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS