クラスメイトとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > クラスメイトの意味・解説 

classmate

別表記:クラスメイト

「classmate」の意味・「classmate」とは

「classmate」とは、同じクラス学年所属する学生のことを指す英語の単語である。学校教育文脈使用され、特に学生間の関係性を表す際に頻繁に用いられる。たとえば、同じ学年生徒同士であれば「classmate」、異な学年生徒同士であればschoolmate」というように、その関係性明確に示すことができる。

「classmate」の発音・読み方

「classmate」の発音は、IPA表記では /ˈklæs.meɪt/ となる。カタカナ表記では「クラスメイト」と読む。日本人発音する際のカタカナ英語では「クラスメート」が一般的である。この単語発音によって意味や品詞が変わるものではない。

「classmate」の定義を英語で解説

「classmate」は、"a student who is in the same class or course at school"と定義される。これは、「同じ学校クラスコース所属する学生」を意味する。この定義は、学校教育文脈でのみ適用される

「classmate」の類語

「classmate」の類語としては、「schoolmate」や「peer」がある。「schoolmate」は同じ学校の生徒指し、「peer」は同じ年齢層地位の人を指す。ただし、「classmate」が特定のクラスコース学生を指すのに対し、「schoolmate」や「peer」はより広範な範囲を指すため、使用する文脈によって選択する必要がある

「classmate」に関連する用語・表現

「classmate」に関連する用語表現としては、「classroom」や「school」などがある。「classroom」は「教室」を意味し、「school」は「学校」を意味する。これらの単語は、「classmate」が使用される学校教育文脈頻繁に登場する

「classmate」の例文

1. "I studied with my classmate for the final exam."(私は期末試験のためにクラスメート一緒に勉強した。)
2. "My classmate is very good at math."(私のクラスメート数学がとても得意だ。)
3. "She is a classmate from my high school."(彼女は私の高校時代クラスメートだ。)
4. "I ran into an old classmate at the reunion."(同窓会で昔のクラスメートに出くわした。)
5. "He is not just a classmate, but also a good friend."(彼はただのクラスメートではなく良い友人でもある。)
6. "We are classmates in the English course."(私たちは英語のコースクラスメートだ。)
7. "I often have lunch with my classmates."(私はよくクラスメート一緒に昼食をとる。)
8. "She was my classmate in college."(彼女は私の大学時代クラスメートだった。)
9. "My classmate helped me understand the difficult concept."(私のクラスメート難し概念理解するのを助けてくれた。)
10. "I have a classmate who is from another country."(私には他の国から来たクラスメートがいる。)

クラスメート【classmate】

読み方:くらすめーと

同じクラスで学ぶ生徒。同じクラス友達


クラスメイト

作者小室みつ子

収載図書あなたがいるから
出版社角川書店
刊行年月1995.8


クラスメイト

作者丹羽あさみ

収載図書開拓の子
出版社日本民主主義文学同盟
刊行年月2001.6
シリーズ名民主文学自選叢書


クラスメイト

作者佐藤正午

収載図書スペインの雨
出版社光文社
刊行年月2001.9
シリーズ名光文社文庫


クラスメイト

作者光野桃

収載図書実りを待つ季節
出版社新潮社
刊行年月2002.5
シリーズ名新潮文庫


クラスメイト

作者小池昌代

収載図書感光生活
出版社筑摩書房
刊行年月2004.6

収載図書感光生活
出版社筑摩書房
刊行年月2007.11
シリーズ名ちくま文庫


クラスメイト

作者矢口敬子

収載図書おとななんてクソ食らえ!
出版社日本文学館
刊行年月2005.10
シリーズ名ノベル倶楽部


クラスメイト

作者角田光代

収載図書クリスマス・ストーリーズ
出版社角川書店
刊行年月2005.11


クラスメイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/23 05:33 UTC 版)

classmateクラスメイトクラスメート)とは英語で同じクラス(学級)の学生生徒のこと。




「クラスメイト」の続きの解説一覧

クラスメイト(小学校編)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 18:21 UTC 版)

オレが私になるまで」の記事における「クラスメイト(小学校編)」の解説

石井 真由(いしい まゆ) 瑠海の友人で、髪留め真ん中分けた前髪特徴少女鼻の左脇に小さなホクロがある。アキラとも仲良くなりたい思っており、積極的に話しかけてきているが、そのぐいぐいくる性格からアキラには少し苦手意識持たれている。クラスメイトの男子中曽根交際始めるが、目撃した菊池たち男子冷やかされた。 中学ではクラス別々だ体育授業同じだったテスト勉強集まったりと交友続いている。菊池今でも恨んでおり、その心境同性としてアキラに時々口走り困らせることがある佐原 翔馬(さはら しょうまツンツンした髪型開いているのか閉じているかわからない細目特徴男子男子に対して女子に対して気遣いのできる性格で、アキラかばった際に菊地 優斗殴られても冷静にしていたりと、クラス男子の中では比較大人びている。中学上がってから男子としては早め思春期突入したようで、アキラ意識しアキラ好きなカードゲーム始めたりしているが、ルール把握していないなど空回りしている。アキラ利用している理髪店おばちゃんの甥。 蛯原 江梨花えびはら えりか) 翔馬と幼馴染で、江梨花自身それ以上感情持っているアキラと瑠海の仲がこじれた際にはちゃんと本音を言うように注意し、瑠海と直接話ができるよう取り計らった一方で翔馬がアキラ近づくことは嫌っており、アキラと瑠海の仲直り労をとる時に取引で翔馬に近づかないようお願いしている。中学1年生の秋、学園祭で翔馬に告白する玉砕した経緯理由描かれていない)。 菊池 優斗(きくち ゆうと) 背が高く活発な男子交際始めた真由相手中曽根冷やかし諌めた諫めようとして殴ってしまった)アキラ暴力振るいかけて、庇った翔馬を殴ってしまう。後日アキラには謝ったが、真由にも謝ったかどうか定かでなく、上記通り真由からは未だに恨まれている。中学生編で、その時同種の出来事に、今度止める立場関わることになる。 桝川ますかわアキラ小学校時代担任の先生アキラ進学先薦めたり、合唱コンクール衣装スカート姿を「自分選んだのだから変じゃない」と評価するなど、優しく対応した

※この「クラスメイト(小学校編)」の解説は、「オレが私になるまで」の解説の一部です。
「クラスメイト(小学校編)」を含む「オレが私になるまで」の記事については、「オレが私になるまで」の概要を参照ください。


クラスメイト(中学校編)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 18:21 UTC 版)

オレが私になるまで」の記事における「クラスメイト(中学校編)」の解説

三浦 詩音みうら しおん) 中学で同じクラスになった女子本作における典型的なマウント女子立場を取る役割決し自慢したがりではないが他の女子達と差をつけたがる傾向にはある。良くも悪くもといったキャラアキラ嫌っているわけではないが、瑠海との仲を割いたりした事件がある(中学校入学当初)。その後アキラ達と和解はしたがアキラ納得していない。 東京などの大都市憧れあるようで、地元イベント敬遠する傾向もある。正月餅つきイベント分かったことだが、小学校時に祖母入院した病院アキラワンピース詩音買ったのだが、サイズが合わなかったもの)を譲ってくれたおばちゃんの姪ッ子。 藤木 葵(ふじき あおい) 中学で同じクラスになった女子アキラからは「あおちゃん」と呼ばれる決闘王(作中カードゲーム)を嗜むなど男子遊びを好む子で、そこから想像出来通りの、大雑把ガサツ性格(髪をきちんと整えることすらしない)。アキラ意気投合するが、それによって瑠海との関係がこじれたその後、瑠海とも友達になってお願いされて仲良くなる。光汰という弟がいる。 なお彼女の「女らしさ押し付けられることを拒否する発言により、それまで女の子になったんだから女らしくしなきゃいけないと、自分言い聞かせてきた」アキラ心境に、変化生ずることになる。 九十九 一樹(つくも かずき) 中学で同じクラスになった男子目つき鋭く一見不良少年見えるが、それは外見喧嘩早さのためで、根は純真ドッヂボールが大好きで翔馬と授業中に本気で投げ合いをしている。すぐカッとなる自分変えたい思っている。家庭科授業1人実習参加せずサボっている(実は何していいかわからないだけの)時にアキラから声をかけてもらい、その時から少しずつアキラ意識し始めている。 氷見 大智(ひょうみ だいち) 中学で同じクラスになったスポーツ刈り色黒男子津田 夏美(つだ なつみ) 中学で同じクラスになった女子九十九と同じ小学校出身九十九怖がらない性格明るく元気で、胸が大きいことを自慢している。

※この「クラスメイト(中学校編)」の解説は、「オレが私になるまで」の解説の一部です。
「クラスメイト(中学校編)」を含む「オレが私になるまで」の記事については、「オレが私になるまで」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「クラスメイト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「クラスメイト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クラスメイト」の関連用語

クラスメイトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クラスメイトのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクラスメイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオレが私になるまで (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS