蕎麦粉とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 料理 > 蕎麦 > 蕎麦粉の意味・解説 

蕎麦粉

読み方:そばこ
別表記:そば粉ソバ粉

蕎麦の実を挽いて作った粉の総称

そば こ [3][2] 【〈蕎麦〉粉】

そばの実をひいて作った粉。練って、蕎麦搔き蕎麦切りなどにして食べる。

蕎麦粉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/15 08:33 UTC 版)

蕎麦粉(そばこ)は、タデ科の一年草ソバ(実)を挽いた。一番粉(更科粉)、二番粉、三番粉、末粉、ひきぐるみなどの種類がある。


  1. ^ 小谷村そば乾燥調整・製粉施設「車屋」
  2. ^ 木曽町開田高原そば製粉・製麺工場及びそば乾燥施設条例
  3. ^ 収穫後の乾燥調製や保蔵条件がそばの品質に及ぼす影響
  4. ^ ソバの機械収穫乾燥技術[リンク切れ]
  5. ^ 香りに優れ、安定多収栽培のためのそばの収穫時期と仕上げ水分 農業・食品産業技術総合研究機構
  6. ^ 小出章二, 福士祥代、「低温貯蔵におけるソバの水分収着等温線」 『日本食品保蔵科学会誌』 2007年 33巻 3号 p.127-130, doi:10.5891/jafps.33.127, 日本食品保蔵科学会
  7. ^ 早期収穫ソバの生産と品質向上技術
  8. ^ 低温倉庫 信濃屋そば製粉株式会社
  9. ^ 川上いずみ, 村山伸樹, 川崎貞道, 伊賀崎伴彦, 林田祐樹、「そば粉の風味に及ぼす保存温度の影響」 『日本食品科学工学会誌』 2008年 55巻 11号 p.559-565, doi:10.3136/nskkk.55.559, 日本食品科学工学会
  10. ^ 長島製粉のプライド 蕎麦Web
  11. ^ リパーゼ活性はソバ粉の脂質劣化に重要な役割を果たしている
  12. ^ 農産物検査法 信濃屋そば製粉株式会社
  13. ^ 農産物検査規格の見直しについて
  14. ^ ソバ交付金見直し 信州そば文化の振興に対策を 長野日報2014年2月9日
  15. ^ 農産物検査規格検討会
  16. ^ 農産物検査規格の見直しについて
  17. ^ 農産物検査規格検討会
  18. ^ 産官研連携による東北ソバ研究会のソバ品質評価の試み 東北農業研究センター
  19. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  20. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)


「蕎麦粉」の続きの解説一覧

蕎麦粉

出典:『Wiktionary』 (2012/06/26 21:51 UTC 版)

名詞

そばこ

  1. 蕎麦の実の粉。蕎麦麺などの食品加工する。

関連語




蕎麦粉と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蕎麦粉」の関連用語

蕎麦粉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



蕎麦粉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蕎麦粉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの蕎麦粉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS