ソバとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 蕎麦 > ソバの意味・解説 

そば【側/傍】

読み方:そば

空間隔たりあまりない所。近く。「駅の―の交番

その動詞の表す動作・状態時間隔たりがないことを表す語。すぐそのあと。するとすぐ。「作る―から食べる」

[用法] そば・わき――「そば」は、その物から全方向の距離を示すが、「わき」はその物から左右の距離を示すしたがって、「わき」が「そば」に含まれてしまう場合には、たとえば「歩いている人のそば(わき)を自転車通り過ぎた」のように相通じ用いられる。◇「先生の家のそばまで来て迷ってしまった」の「そば」は、その物からやや離れた周辺までを意味する。「わき」は、「ポスト売店のわきにある」のように、すぐ横にあること意味する。「耳のわきのほくろ」は、耳の横にあることをいう。◇「近く」は、「そば」とほとんど違いはない。「近く(そば)まで来たので寄ってみた」では、「近くの方が「そば」よりもやや範囲が広いいえよう。◇類似の語「かたわら」は文章語的である


そば【×岨】

読み方:そば

《「稜(そば)」と同語源。古くは「そわ」》山の切り立ったけわしい所。がけ、絶壁など。

ふるはたの―の立木にゐる友よぶ声のすごき夕暮れ」〈新古今・雑中〉


そば【×稜】

読み方:そば

物の角(かど)。りょう。

「石の―の、折敷広さにてさし出でたるかたそばに」〈宇治拾遺・六〉

袴(はかま)のももだち

ねりばかまの―高くはさみ、神璽をわきにはさみ」〈平家一一

ブナ古名

奥山の秋の深さ来て見れば―もまさきも紅葉しにけり」〈経信集〉


そば【蕎麦】

読み方:そば

タデ科一年草。高さ4070センチ赤み帯び心臓形先がとがる。夏または秋、白色淡紅色花びら状の(がく)をもつ小花総状につける。実は三角卵形緑白色乾く黒褐色になり、ひいてそば粉作る中央アジア原産で、古く渡来し栽培されるそばむぎくろむぎ。《 花=秋》「山畠や―の白さぞっとする一茶

《「蕎麦切り」の略》蕎麦粉につなぎを加えでこねて薄く延ばし細く切ったもの。ゆでてつけ汁につけたり、汁をかけたりして食べる。

2似た細長い麺。「中華―」「沖縄―」

蕎麦の画像
蕎麦の畑
蕎麦の画像
ソバの種子
蕎麦の画像
蕎麦の乾麺

蕎麦

読み方:ソバ(soba

タデ科一年草園芸植物薬用植物


読み方:ソワsowa), ソバ(soba

山の斜面険しい所、がけ。


蕎麦

読み方:ソバ(soba

和名類聚抄」に記載がみられ、中世では年貢として上納された。


蕎麦

読み方:ソバ

朝鮮高麗茶碗一種蕎麦茶碗、蕎麦井戸、蕎麦糟などともいわれる素地微量鉄分含んだ粗いざらついた土で白い珪砂粒がある。普通、淡い鼠色だが酸化して黄褐色のものもあり口の広い平らな形。釉に艶がなく、素地の肌や色合いが蕎麦に似ているからこの名がついたという。

ソバ

作者ハンス・クリスチャン・アンデルセン

収載図書アンデルセン童話集 1 新装版
出版社岩波書店
刊行年月2002.6

収載図書人魚姫アンデルセン童話 2
出版社福音館書店
刊行年月2003.11
シリーズ名福音館文庫


ソバ

作者潮田久子

収載図書コンポジション45―花の浮き橋
出版社日本文学館
刊行年月2007.1


蕎麦

読み方:ソバ(soba), スムギ(sumugi)

タデ科一年草園芸植物薬用植物

学名 Fagopyrum esculentum


ソバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/18 14:06 UTC 版)

ソバ(蕎麦、学名 Fagopyrum esculentum、一般の英語 : buckwheat)は、タデ科ソバ属一年草


  1. ^ a b 『日本大百科全書』「ソバ」
  2. ^ 日本におけるソバ育種の現状 (PDF) 日本特産農作物種苗協会
  3. ^ a b 西村美香, 小西あや子, 南峰夫, 根本和洋「種間交雑による普通ソバへの自家和合性の導入」『北陸作物学会報』第35巻、北陸作物・育種学会、2000年、 70-72頁、 doi:10.19016/hokurikucs.35.0_70ISSN 0388-8061NAID 110001784433
  4. ^ 六笠裕治「ソバ属栽培2種(Fagopyrum esculentum Moench, F. tataricum Gaertn.)の新たな育種法と育種に関する研究」『北海道農業研究センター研究報告』第195号、北海道農業研究センター、2011年8月、 57-114頁、 doi:10.24514/00001368ISSN 13478117NAID 120006586511
  5. ^ 佐々木均, 竹田洋介「吸血性アブ類のソバ授粉昆虫としての役割」『日本衛生動物学会全国大会要旨抄録集』第55回日本衛生動物学会大会セッションID: C06、日本衛生動物学会、2003年、 45-45頁、 doi:10.11536/jsmez.55.0.45.0NAID 130006982716
  6. ^ 大西近江, 長久保有之「ソバ,Fagopyrum esculentum Moench,の集団遺伝学的研究-2-日本の栽培集団における矮性遺伝子の頻度 / Population genetics of cultivated common buckwheat, Fagopyrum esculentum Moench.〔英文〕」『遺伝学雑誌』第57巻第6号、日本遺伝学会、1982年、 641-650頁、 doi:10.1266/jjg.57.641ISSN 0021-504XNAID 130000060272
  7. ^ 大西近江, 西本登志「ソバ,Fagopyrum esculentum Moench,の集団遺伝学的研究 (5) : インドおよびネパールヒマラヤにおけるアロザイム変異」『遺伝学雑誌』第63巻第1号、Genetics Society of Japan、1988年2月、 51-66頁、 ISSN 0021-504XNAID 220000044203
  8. ^ 大西近江「ソバ,Fagopyrum esculentum Moench,の集団遺伝学的研究-8- ヨーロッパ,シルクロード集団におけるアロザイム変異 / Population genetics of cultivated common buckwheat, Fagopyrum esculentum Moench. VIII. Local differentiation of land races in Europe and the silk road〔英文〕」『遺伝学雑誌』第68巻第4号、日本遺伝学会、1993年8月、 303-316頁、 doi:10.1266/jjg.68.303ISSN 0021504XNAID 10006700474
  9. ^ 大西近江「<雲南懇話会からの寄稿>栽培ソバの野生祖先種を求めて --栽培ソバは中国西南部三江地域で起原した--」『ヒマラヤ学誌』第19号、京都大学ヒマラヤ研究会、2018年3月、 106-114頁、 doi:10.14989/HSM.19.106ISSN 0914-8620NAID 120006537122
  10. ^ 井上 2019, p. 14-18.
  11. ^ 杉本秀樹、佐藤亨、「:生育時期別過湿処理の差異が夏ソバの子実収量に及ぼす影響」『日本作物学会紀事』 69(2), 189-193, 2000-06-05, NAID 110001742100, doi:10.1626/jcs.69.189
  12. ^ 原貴洋, 手塚隆久, 松井勝弘「ソバ新品種「春のいぶき」の育成とその特性」『九州沖縄農業研究センター報告』第58号、農業技術研究機構九州沖縄農業研究センター、2012年9月、 37-48頁、 doi:10.24514/00002088ISSN 1346-9177NAID 120006587138
  13. ^ 杉本秀樹, 黒野真伸, 高野圭子, 河野靖, 佐藤亨「夏ソバに対する緑肥レンゲの有効性」『日本作物學會紀事』第69巻第1号、日本作物學會、2000年3月、 24-30頁、 doi:10.1626/jcs.69.24ISSN 00111848NAID 110001740003
  14. ^ 磯島誠一, 小泉有生, 藤井義晴, Iqbal Z.「ソバのアレロパシーの検証と作用物質の分析」『雑草研究』第45巻Supplement、日本雑草学会、2000年、 92-93頁、 doi:10.3719/weed.45.Supplement_92ISSN 0372-798XNAID 130003811444
  15. ^ そば|作物の栽培方法 JAつやま 営農情報
  16. ^ 小室康雄, 岡田大「ソバのモザイク病の病原ウイルス」『関東東山病害虫研究会年報』第1973巻第20号、関東東山病害虫研究会、1973年、 21-21頁、 doi:10.11337/ktpps1954.1973.21ISSN 0388-8258NAID 130004240505
  17. ^ そば「とよむすめ」の播種適期と積算気温による収穫適期判定のめやす (PDF) 新潟県農林水産業研究成果集(平成23年)
  18. ^ 小葉田亨, 今木正, 中本一也, 谷口聡「開花後の積算気温とソバ粒色との関係(日本作物学会中国支部講演会)」『日本作物学会中国支部研究集録』第46巻、日本作物学会中国支部、2005年、 30-31頁、 doi:10.24536/cssjchugoku.46.0_30ISSN 0913-4670NAID 110001794622
  19. ^ 芝宏道, 増田治策, 日野亮, 井手上孝, 高木文男, 宮越秀一「ソバのコンバイン収穫」『農業機械学会誌』第31巻第1号、農業食料工学会、1969年、 63-64頁、 doi:10.11357/jsam1937.31.63ISSN 0285-2543NAID 130004121783
  20. ^ そば収穫機械現地検討会開催される (PDF)
  21. ^ a b c d 普通そばの基礎的な栽培方法 (PDF) 新潟県新発田農業普及指導センター
  22. ^ 出原恵三「南四国における弥生集落の成立と展開 ―香長平野とその周辺部を中心として―」『くろしお. 特別号 : 高知大学黒潮圏研究所所報』第11号、高知大学黒潮圏研究所、2001年12月、 59-67頁、 ISSN 0914-7225NAID 120006681842
  23. ^ 三吉秀充「松山平野出土の植物遺存体に関する基礎的研究」『愛媛大学法文学部論集 人文学科編』第32号、愛媛大学法文学部、2012年、 127-147頁、 ISSN 1341-9617NAID 120006524942
  24. ^ 甲元眞之「稲作の伝来」第2巻ドイツで開催された日本先史時代展の解説 2004年から2005年、2005年7月、 NCID BA90621199
  25. ^ 甲元眞之「農耕社会の形成」『青驪』第5巻『熊本歴史フォーラム』2001年6月26日、2008年2月29日、 42-48頁、 NCID BA90621199
  26. ^ 笠原安夫「日本における作物と雑草の系譜 (2)」『雑草研究』第21巻第2号、日本雑草学会、1976年、 49-55頁、 doi:10.3719/weed.21.49ISSN 0372-798XNAID 130003810817
  27. ^ “作付け日本一の幌加内、ソバが開花”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年8月1日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki4/554599.html 
  28. ^ 西南暖地における夏ソバ栽培 :播種期の違いが生育・収量に及ぼす影響 日本作物學會紀事 Vol.68 (1999) No.1 P39-44, doi:10.1626/jcs.68.39
  29. ^ a b 原貴洋, 松井勝弘, 生駒泰基, 手塚隆久「西南暖地の春まき栽培における普通ソバ (Fagopyrum esculentum Moench) の収量関連形質および穂発芽の品種間差異 : 新品種「春のいぶき」を中心として」『日本作物學會紀事』第78巻第2号、日本作物學會、2009年4月、 189-195頁、 doi:10.1626/jcs.78.189ISSN 00111848NAID 10025945398
  30. ^ 原貴洋、照屋寛由、塩野隆弘 ほか、南西諸島冬季の短日環境における普通ソバ(Fagopyrum esculentum Moench)の農業関連形質の品種間差異 日本作物学会紀事 Vol.77 (2008) No.2 P.151-158, doi:10.1626/jcs.77.151
  31. ^ 塩野隆弘、原貴洋、山元伸幸 ほか、草生帯およびソバ栽培導入による営農的赤土流出防止対策 農業農村工学会誌 Vol.75 (2007) No.9 P.817-820,a2, doi:10.11408/jjsidre2007.75.817
  32. ^ 和田陽介:早期収穫ソバの生産と品質向上技術 (PDF) 特産種苗 (10), 52-55,図巻頭1p, 2011-03, NAID 40018778179
  33. ^ 松井勝弘, 原貴洋, 手塚隆久, 森下敏和「暖地・西南暖地向け秋ソバ品種「さちいずみ」の育成」『九州沖縄農業研究センター報告』第59巻、農業技術研究機構九州沖縄農業研究センター、2013年2月、 23-37頁、 doi:10.24514/00002049ISSN 1346-9177NAID 120006587104
  34. ^ 松井勝弘, 手塚隆久, 原貴洋, 森下敏和「自殖性の普通ソバ「そば中間母本農1号」の育成とその特性」『九州沖縄農業研究センター報告』第49号、農業技術研究機構九州沖縄農業研究センター、2008年3月、 11-17頁、 doi:10.24514/00002019ISSN 13469177NAID 120006587079
  35. ^ 足立泰二、相井城太郎、長野美緒:最近におけるソバの育種研究とその展望: 第7回国際ソバシンポジウム (カナダ・マニトバ州) での議論を踏まえて 育種学研究 Vol.1 (1999) No.2 P91-95, doi:10.1270/jsbbr.1.91
  36. ^ a b c d 井上 2019, p. 12.
  37. ^ 世界のそばの生産がさかんな所をおしえてください。”. 農林水産省. 2022年5月13日閲覧。
  38. ^ なおソバは主要作物でないため、各国において必ずしも正しい生産量の調査・統計がなされているとはいえない。特に中国では統計が公表されていないため正確な数量は把握できない[要出典]。日本の農林水産統計は世界的にもその精確さが評価されているが[誰によって?]、ソバ生産量として総計されるのは2007年以降主要11道県の生産量のみとなっており、実生産数から2-3割程度除外された数量が公表される形になっている[要出典]
  39. ^ ロシアのソバの収穫量は100万トンを超えた”. 2021年12月29日閲覧。
  40. ^ “ソバの実輸入 波乱の気配”. 日本経済新聞. (2021年5月18日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO71974690X10C21A5QM8000/ 2022年5月13日閲覧。 
  41. ^ 純情通信第16号 おらほの匠, 第16号(2003年9月号)
  42. ^ 耕作放棄地への導入事例(平成20年2月) 農林水産省 (PDF)
  43. ^ 水田畑地化対策 山形県農林水産部 (PDF)
  44. ^ 平成26年産そばの作付面積及び収穫量 農林水産省 特定作物統計調査
  45. ^ 杉本秀樹、原貴洋、林久喜、道山弘康、森下敏和、手塚隆久:日本作物学会第236回講演会小集会開催報告 「春まきソバ栽培-現状と今後の展開-」 日本作物学会紀事 Vol.83 (2014) No.2 p.173, doi:10.1626/jcs.83.173
  46. ^ a b c 太平物産. “そばの歴史と関わり”. 2008年7月20日閲覧。
  47. ^ 神戸税関 (2005年2月25日). “「うどん、そうめん、そば」の輸出 (PDF)”. 2008年7月20日閲覧。
  48. ^ 髙橋貴與嗣:そばをめぐる情勢 日本特産農作物種苗協会誌 特産種苗 No.10 2011.3 (PDF)
  49. ^ 外山秀一「縄文農耕論と古植物研究」『人文地理』第37巻第5号、人文地理学会、1985年、 407-421頁、 doi:10.4200/jjhg1948.37.407ISSN 0018-7216NAID 130000995676
  50. ^ 小原, 玉置 1996, p. 83.
  51. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  52. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  53. ^ 中村晋、室久敏三郎、気管支喘息の研究 : 第5報.そばアレルギーについて アレルギー 1970年 19巻 9号 p.702-717,728-72, doi:10.15036/arerugi.19.702
  54. ^ 「学校給食の重さ〜ひとつの死をめぐって」”. 学校給食ニュース. 2020年10月4日閲覧。
  55. ^ 外国人観光客へそばアレルギーの認知を拡大!アレルギー・チェックが日本の楽しいお土産体験に!ジャパニーズタトゥー風そばアレルギー・チェッカーPR TIMES 2016年3月23日付
  56. ^ 外国人観光客向けに「そばアレルギーチェッカー」体験イベント 東京・浅草で名代富士そばが開催TRAICY2016年7月9日付
  57. ^ 令和2年度主要農作物奨励品種等特性表 (PDF)”. 長野県. 2021年2月26日閲覧。
  58. ^ そばの栽培技術 日本蕎麦協会1995



ソバ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 06:25 UTC 版)

名詞

ソバ蕎麦

  1. そばの学術的表記

「ソバ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ソバと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソバ」の関連用語



3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||


7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
98% |||||

ソバのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ソバのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2023 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2023, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソバ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのソバ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS