ソハールとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > ソハールの意味・解説 

ソハール

学名Acanthurus sohal 英名:Sohal
地方名: 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目ニザダイ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
サンゴ礁外縁の潮の流れの強い浅いところに生息する。近縁のニジハギに似るが大型美しい。鑑賞魚として人気がある。

分布:紅海 大きさ:40cm
漁法:  食べ方: 

ソハール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/11 12:56 UTC 版)

ソハールアラビア語: ‏صحار‎‎、Sohar/Suhar)は、オマーン都市北バーティナ地方最大の都市で、同地方の首府に定められている。 イスラーム世界の重要な港湾都市だったソハールはかつてのオマーンの中心都市であり [1]シンドバッド伝説ゆかりの地として挙げられている[2] [3]


  1. ^ Agius, Dionisius A. (2008). Classic Ships of Islam: From Mesopotamia to the Indian Ocean. Brill. p. 85. ISBN 9789004158634. http://books.google.ca/books?id=RP2uHT06zYgC&pg=PA85&lpg=PA85&source=bl&ots=BDTY7gCJ6U&sig=sqGCy4rJSCK6KQkIy1uowHo9UaY&hl=en&sa=X&ei=0YqqU5rCHoqayASqjILACA&ved=0CCYQ6AEwAQ#v=onepage&q&f=false 2014年6月25日閲覧。. 
  2. ^ a b c d 松本「ソハール」『世界地名大事典』3、560頁
  3. ^ Tourist Information”. Port of Sohar. 2011年12月2日閲覧。
  4. ^ timesofoman.com”. timesofoman.com. 2011年6月12日閲覧。
  5. ^ Encyclopedia of Islam. "Oman". E. J. Brill (Leiden), 1913.
  6. ^ a b 遠藤『オマーン見聞録』、15頁
  7. ^ 福田安志「ペルシア湾と紅海の間」『イスラーム・環インド洋世界』収録(岩波講座世界歴史14, 岩波書店, 2000年3月)、135-136頁
  8. ^ Majis Climate Normals 1980-1990”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2013年1月15日閲覧。
  9. ^ Sohar Climate”. www.world-climates.com. 2013年1月15日閲覧。
  10. ^ 遠藤『オマーン見聞録』、216頁


「ソハール」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ソハール」の関連用語

ソハールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カツオ

アシシロハゼ

ボラ

シマイサキ

シオマネキ

ワカサギ

ヒラ

ハタタテダイ





ソハールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソハール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS