ヤマノカミとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > ヤマノカミの意味・解説 

やま‐の‐かみ【山の神】

山を守り支配する神。多く女性神として信仰され、農民狩猟民・鉱業者などに祭られる。→田の神

妻のこと。特に、結婚してから何年もたち、口やかましくなった妻。

カジカ科淡水魚頭部縦扁し、体色黄褐色暗色の横帯が5本あり、産卵期にはしりびれなどが赤色になる。晩秋に川を下って産卵稚魚翌年4、5月ごろ川を上る2年めには16センチくらいになる。食用で、中国では松江鱸魚(しょうこうろぎょ)といい珍重される。日本では有明海付近の川に生息


ヤマノカミ

学名Trachidermus fasciatus 英名:Roughskin sculpin
地方名: 
脊椎動物門硬骨魚綱カサゴ目カジカ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
頭部大きく上下強く押しつぶされた形をしている。成魚では冬に婚姻色あらわれ膜が赤橙色になる。主として河川の中下流域の砂礫底などに生息するが、121月ごろには、有明海湾奥部の干潟等に下り二枚貝空き殻内などに産卵する。オスが卵を守る。稚魚河口付近浮遊生活を過ごした後、4〜6月ごろには河川遡上する。

分布:有明海湾流河川河口付近海域朝鮮半島中国 大きさ:15cm
漁法:  食べ方: 

山之神


山の神

読み方:ヤマノカミ(yamanokami

所在 岩手県花巻市


山ノ神

読み方:ヤマノカミ(yamanokami

所在 福島県喜多方市


山ノ神

読み方:ヤマノカミ(yamanokami

所在 愛知県知多郡武豊町


山ノ神

読み方:ヤマノカミ(yamanokami

所在 徳島県阿波市


山ノ神

読み方:ヤマノカミ(yamanokami

所在 熊本県熊本市


山之神

読み方:ヤマノカミ(yamanokami

所在 山梨県中央市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

ヤマノカミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/16 22:31 UTC 版)

ヤマノカミ(山ノ神、学名 Trachidermus fasciatus )は、スズキ目カジカ科[1]に属する魚の一種。アユカケと同じく「降河回遊」の生活史をもつ中型カジカ類の一種である。東アジアに分布するが、日本での分布は九州有明海奥部とその流入河川に限られる。ヤマノカミ1種でヤマノカミ属を構成する。河口付近に作られた堰により稚魚の遡上が阻害され、生息数が減少している。


  1. ^ 中坊徹次編. 2013. 日本産魚類検索 全種の同定 第三版. 東海大学出版会. 神奈川県平塚市. 2440pp.
  2. ^ 木村清朗; 松井誠一・竹下直彦・鬼倉徳雄 (1992). “有明海とその流入河川におけるヤマノカミの生態学的研究”. ヤマノカミ研究会. http://www.nacsj.or.jp/pn/houkoku/h01-08/h03-no04.html. 


「ヤマノカミ」の続きの解説一覧

ヤマノカミ

出典:『Wiktionary』 (2017/09/10 09:02 UTC 版)

名詞

ヤマノカミ

  1. カサゴ目カジカ科ヤマノカミ属属す一種学名:Trachidermus fasciatus



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヤマノカミ」の関連用語

ヤマノカミのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヤマノカミのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤマノカミ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのヤマノカミ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS