人間との関係とは? わかりやすく解説

人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 02:51 UTC 版)

ポケットモンスター (架空の生物)」の記事における「人間との関係」の解説

技術発展していない時代においてはポケモンは神や精霊どのように畏怖された存在であった思われる記述描写ゲーム本編アニメ漫画などでも見られる伝説のポケモン図鑑内容など)。 また、ゲームやアニメでは古代文明ポケモン協調または力を利用する関係であったと見られる描写もある。文明進んでいなかった時代では、むしろ人間ポケモンたちから知識技術得たという事例も存在している(作中では、コンクリート製法ローブシンから教わったという記録などがある)。また、あくまで昔話であるが、さらに古い時代では人間ポケモン区別存在せず両者間での婚姻なども存在したという表現がある。 ポケモンはその高い戦闘能力ゆえ、一旦服従させれば人間にとって非常に有益な生物であり、自然と使役ポケモン野生ポケモン対抗する手段として用いられた。これが発展してポケモン所有者同士お互いポケモン戦わせる競技誕生したゲームやアニメはじめとする作品としてのポケットモンスター」ではこのような競技バトル主なテーマとなっている。また更に発展しポケモン犯罪利用されたり、戦争テロリズムにおける兵器として用いられたりすることもある。『X・Y』では3000年前のカロス地方ポケモンたちが兵士として駆り出されていた長期戦争が起きていた話が登場しそれ以前からもアニメでも、劇場版にて8作目ミュウと波導の勇者 ルカリオ』や12作目アルセウス 超克の時空へ』で鎧や兜など防具装備したポケモン戦い駆り出され、そのポケモン武装した人間が跨って戦闘を行う場面登場しているなど、戦争歴史とともに古代から軍事目的利用されていたことが確認できる。 これらの活動にはポケモン捕獲し意のまま従わせる者たちの力が必須であり、これを「ポケモントレーナー」と呼ぶ。トレーナーポケモンの関係は基本的に緩やかな支配、被支配構造内包しているが、アニメ主人公サトシとピカチュウのようにほぼ対等に近い関係も存在するまた、トレーナーポケモン間の支配、被支配構造ことさら強調したのがロケット団などである。なお、すべてのポケモントレーナー戦闘主眼としてポケモンの飼育、育成行っているわけではなくペットとしてポケモン飼育する者も多い。育成そのもの目的とした「ブリーダー」と呼ばれる者たちや、「コーディネーター」と呼ばれるポケモンコンテストのためのポケモン育成者存在している。 作品を見る限りポケモン人間社会における使役目的戦闘目的主だが、それ以外にも乳や卵を取るための家畜優れた身体能力生かした労働力としてポケモン飼育したり、ポケモン調査研究生業としたりする者もいる。また、ポケモン食料として狩猟対象とされていたことをにおわせる神話伝わっている。現にカモネギ食用のための乱獲で数が減少しており、チェリンボは味が確認されていることから食べている人がいるとされている。また、オドシシアブソルは角を美術品として狩猟された過去があるという設定があり、実際狩猟同様に食料以外のさまざまな物資目的とした事例存在している。ゲーム中の具体的な描写ではヤドンの尾は栄養にはならないものの食用になり、実際に「おいしいシッポ」と呼ばれるアイテム存在するほかロケット団がこの尾を乱獲するエピソード見られる。これらの活動においても人間ポケモンとの関係は支配、被支配構造を持つことが伺えるが、オーキド博士などその収まりきらない者も存在している。また、アニメにおいてはポケモン世界住人たちは肉や卵を食べず木の実ホットケーキのようなパン類食べているという設定存在する(ただし、ホットドッグなど肉料理登場することもある)。ただしその一方で登場人物コイキング食べようとして未遂終わり、さらにコイキング食用向いていない旨が語られるシーンや、クラブ大きさによっては鍋として食用できること言及されるシーン存在するその際ポケモン食用とすることそのものにはいずれの登場人物忌避反応示していないため、文化的な食のタブーには特に該当するわけではないことがわかる。 この支配関係に対して疑問提示されることも劇中にあり、中には人間から理不尽に扱われポケモンが、人間ポケモンとの支配、被支配関係について自覚的、非自覚的問わず敏感になる場合もある。例えば、『ブラック・ホワイト』の登場人物であるN(エヌ)は幼少期から意図的に虐げられたポケモン見せられてきたため、「人間ポケモン使役することをやめさせ、ポケモン開放し自由にすることが平和に繋がる」と信じて行動していた。また、ミュウツーの逆襲』で描かれ人工ポケモンであるミュウツー起こした行動は、人間ポケモン統治するシステムそのものへの反逆へと通じる面を持っていた。

※この「人間との関係」の解説は、「ポケットモンスター (架空の生物)」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ポケットモンスター (架空の生物)」の記事については、「ポケットモンスター (架空の生物)」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 18:10 UTC 版)

ケンプヒメウミガメ」の記事における「人間との関係」の解説

漁業による混獲(特にエビ漁用の底引き網)、卵の乱獲などにより生息数激減している。1947年におけるランチョヌエボの産卵巣の数は約50,000個と推測されているが、1968年における産卵巣は約5,000個、1980年代における産卵巣の数は約200個と減少している。ランチョヌエボは1966年に本種の卵の採集禁止され1977年には自然保護区指定されている。アメリカ合衆国メキシコでは漁業用の網に規制設けたり、本種が網に入らない装置開発する試み進められている。テキサス州パドレ島に卵を移動し回帰性利用して繁殖地復活させる試みが行われたことがあるが、成果上げていない。

※この「人間との関係」の解説は、「ケンプヒメウミガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ケンプヒメウミガメ」の記事については、「ケンプヒメウミガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/02 08:33 UTC 版)

ヌビアアイベックス」の記事における「人間との関係」の解説

食用や角をハンティングトロフィーにする為の狩猟家畜との食料競合脅威となり、絶滅危惧種指定されている。 かつて棲息していたシリアとレバノンでは既に絶滅しており、残っている固体広域分散して小さな個体群ごとに暮らしているため遺伝的多様性欠如危惧されている。 正確な個体数不明だ1200頭以下と考えられる

※この「人間との関係」の解説は、「ヌビアアイベックス」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ヌビアアイベックス」の記事については、「ヌビアアイベックス」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/24 04:33 UTC 版)

パラワンイノシシ」の記事における「人間との関係」の解説

都市開発農地開発森林伐採などによる生息地破壊食用狩猟などにより、生息数減少している。

※この「人間との関係」の解説は、「パラワンイノシシ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「パラワンイノシシ」の記事については、「パラワンイノシシ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/25 05:40 UTC 版)

アオジタトカゲ属」の記事における「人間との関係」の解説

開発による生息地破壊などにより生息数減少している種もいる。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。オーストラリア野生動物輸出禁止しているため、動物園での展示用や研究用過去海外持ち出され個体からの飼育下繁殖個体流通する。そのためオーストラリア分布する多くの種や亜種流通極めて稀か、流通していない。その影響もあってか、海外国内ともに別種もしくは亜種との交雑頻繁に行われている。生まれた個体生殖機能を持つ場合がほとんどでその種として扱われていた個体純血種あるかの判断遺伝子検査などを行わない限り不可能に近い。飼育にあたって底面積重視した大型ケージ用意する。餌としてはコオロギ果実野菜などを与えるが、雑食爬虫類用の人工飼料にも餌付く。餌に対して事前にカルシウム剤などのサプリメント振りかけ栄養価上げる。餌に反撃されたり逃げられるのを防ぐため、生きた餌の場合は顎や触角後肢潰した折ってから与える。

※この「人間との関係」の解説は、「アオジタトカゲ属」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「アオジタトカゲ属」の記事については、「アオジタトカゲ属」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/26 00:20 UTC 版)

タケネズミ」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では、食用とされることもある。農作物食害する害獣みなされることもある。

※この「人間との関係」の解説は、「タケネズミ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「タケネズミ」の記事については、「タケネズミ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 05:45 UTC 版)

タイワンハブ」の記事における「人間との関係」の解説

台湾ではアマガサヘビ、タイワンコブラ、ヒャッポダタイワンアオハブ、タイクサリヘビ(Daboia siamensis)と共に台湾六大毒蛇」と呼ばれる。 元々はマングースとの決闘ショーハブ酒用のハブ代用品として、日本国内輸入されていた。1990年代に、名護市初め帰化個体発見され以来周辺地域への分布域拡大確認されている。これは、外国産の毒蛇外来種)が初め日本国内帰化定着した例である。また、その個体数年々増加傾向にあり、実際に本種に噛まれる事故発生している。この沖縄本島への帰化定着により、以下の幾つかの問題懸念されている。 新たな毒ヘビ生息により、咬傷被害増加する新たに捕食者移入されたことにより、在来希少な生物の種の存続脅かされる沖縄在来種であるハブヒメハブとの交雑起こりヒメハブとの交雑が起こるかどうか不明だが、ハブとは交雑可能なことが確認されている)、もしも交雑個体普通に子孫を残すことができるか、あるいは交雑繰り返されるならば、その地域特有のハブ純系失われることになる(ただし、現在は交雑個体増加確認されていない)。 ちなみに交雑個体及び本種の毒に対して既存ハブ抗毒素が効くことが確認されており、もし咬まれても治療には特に問題はないと考えられている。ただ、ハブとの雑種噛まれ場合、より多く血清が必要となる。 今後さらに分布域拡大すれば咬傷被害増えることが懸念される沖縄本島では、一刻早い駆除望まれている。

※この「人間との関係」の解説は、「タイワンハブ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「タイワンハブ」の記事については、「タイワンハブ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 23:03 UTC 版)

シバテリウム」の記事における「人間との関係」の解説

シバテリウム化石記録更新世途絶え完新世からは知られていない。しかし先史時代サハラ砂漠岩陰遺跡壁画シバテリウムらしき動物描かれていることが知られている。また、数千年前メソポタミア遺跡からはやはりシバテリウムらしき古代シュメール人の手による小さな青銅像出土している。これらのことから、シバテリウムあるいはその近縁種歴史時代まで僅かではあるが生き延びていた可能性が高いとされる彼等衰退絶滅の原因様々なものが考えられるが(氷河期とその終結に伴う気候変動シカ科ウシ科などの他の偶蹄類などとの競争等)人間による狩猟圧生息環境の変化もその一因となった可能性はある。

※この「人間との関係」の解説は、「シバテリウム」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「シバテリウム」の記事については、「シバテリウム」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 10:20 UTC 版)

テンニンチョウ」の記事における「人間との関係」の解説

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されており、おそらくかご抜けした個体野外観察されている。托卵により繁殖するのだが、托卵対象となるカエデチョウ類も愛玩鳥として輸入され、かご抜けにより野生化しているためか、東京京都では繁殖行動確認されている。

※この「人間との関係」の解説は、「テンニンチョウ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「テンニンチョウ」の記事については、「テンニンチョウ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 10:19 UTC 版)

ミソサザイ」の記事における「人間との関係」の解説

日本では古くから知られているで、古事記・日本書紀にも登場する。なお、古くは「ササキであった時代下りサザキ」または「ササギ」「ミソササギ」等と言った。冬の季語とされている(季語一覧#冬の季語)。江戸時代俳人小林一茶が「みそさざい ちっというても 日の暮るる」の句を詠んでいる。1710年宝永7年)に、蘇生堂主人によるの飼育書の『喚子鳥』で描写されている。 西欧各国の民間伝承においてはしばしば「の王」とされ、各国語における呼称君主や王の意を含んだ単語用いられるグリム童話の『みそさざいと熊』で「王さま」と呼ばれていた。また、ヨーロッパコマドリと対になって現れることも多い。かつてはヨーロッパコマドリオスミソサザイメスだと考えられており、「神の雄鳥」「神の雌鳥」として伝承中では夫婦とされていた。また、イギリスではヨーロッパコマドリ新年の魂を、ミソサザイ旧年の魂を宿しているとして、クリスマスや翌12月26日聖ステファノの日に「ミソサザイ狩りが行われていた。 の王に立候補したミソサザイが、王者イノシシの耳の中に飛び込んで見事にイノシシ倒したものの、だれも小さなミソサザイの王とは認めなかったという寓話が有名である。 また、ミソサザイアイヌ伝承中にも登場する人間食い殺すクマ退治するために、ツルワシ尻込みする中でミソサザイ先陣切ってクマの耳に飛び込んで攻撃をし、その姿に励まされた他のたちも後に続く最終的にサマイクル神も参戦してクマを倒すという内容のもので、この伝承の中では小さいけれども立派な働きをしたと、サマイクルによってミソサザイが讃えられている。『ワシミソサザイ』の童話題材とされている。

※この「人間との関係」の解説は、「ミソサザイ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ミソサザイ」の記事については、「ミソサザイ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 02:31 UTC 版)

シマフクロウ」の記事における「人間との関係」の解説

種小名blakistoniはトーマス・ブラキストンThomas Wright Blakiston)への献名で、英名と同義アイヌ語では、コタン・コㇿ・カムイ (kotan kor kamuy, 「コタン集落)を護るカムイ」の意) など複数呼び方がある。 開発による生息地破壊および針葉樹植林水質汚染漁業との競合交通事故生息地への人間進出による繁殖妨害などにより、かつてより生息数激減した行動繊細人間活動の影響を受けやすい。餌不足で突然餓死したり、繁殖期人間近づくだけで繁殖放棄したりする場合がある。 日本では1971年に国の天然記念物1993年種の保存法施行に伴い国内希少野生動植物種指定されている。また1980年代から巣箱設置冬季生け簀による給餌生息地保護区保護林指定するなどの保護対策進められている。 フェンス設けて飛行高度上げるように仕向け交通事故避けさせる取り組み行われている。環境省釧路湿原野生生物保護センターでは、傷病個体治療野生復帰行っている。民間では日本野鳥の会民有林購入企業との協定により保護区設けており、2021年12月時点10カ所(面積合計189.3ヘクタール)に13ペア生息確認されている。 繁殖成功数は増加しているものの、生息地多く消失しているため生息数上昇傾向にはないとされてきたが、環境省調査による推定では、北海道内生息数一時100程度から165羽(2018年時点)へ増えたK. b. blakistoni シマフクロウ 絶滅危惧IA類 (CR)(環境省レッドリスト現状では個体群4つ生息域知床半島根釧地域大雪山系日高山系)でそれぞれ孤立している。遺伝的多様性確保するため相互に行き来できる回廊確保課題であると環境省専門家指摘している。

※この「人間との関係」の解説は、「シマフクロウ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「シマフクロウ」の記事については、「シマフクロウ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 18:17 UTC 版)

クロテン」の記事における「人間との関係」の解説

非常に古くから高級な毛皮を持つ動物として知られてきた。なお毛皮動物としての本種は、クロテンより英名をそのまま読んだセーブルの名で呼ばれることが多い。高級水彩用筆としても使われる日本では平安時代から高級毛皮として知られており、渤海中国東北部経由輸入され皇族貴族鎌倉時代初期まで愛用された。『源氏物語』の『末摘花』にも、当時若い女性には珍しく本種の毛皮着用していた旨の記述があり、実際着用例としては醍醐天皇元服前の皇子重明親王毛皮を何重に重ね着して渤海使会ったという記録などがある。 近代至り中国清朝興ると、同王朝発祥の地がかつて渤海のあった地であったこともあって、日本同様皇族高官の間で珍重されるうになる。また交易品として江戸時代の日本北海道アイヌ通じて輸出され乱獲されるようになる。やがてアイヌは本種の毛皮求めて沿海州樺太進出するうになる。 またこの頃になると帝政ロシアシベリアロシアのシベリア征服進出本格化し、得られ毛皮ヨーロッパ各国輸出されもてはやされた。当時ロシアでは捕獲した本種の毛皮40頭分を1単位として流通させており、その影響現在のロシア語の40(сорок)に残っているといわれる(他のヨーロッパ言語異なり40のみ4(четыре)から派生したのではない独自の単語になっている)。こうしたロシア東方征服歴史と共にクロテン捕獲圧東方進み、さらに個体数大きく減らしてきた歴史を持つ。現在でもシベリア産のクロテン毛皮毛皮の中の最高級ロシアンセーブルとして知られる北海道生息するエゾクロテン明治時代初期には全域分布していたが、乱獲されて減少し絶滅危惧されたため、1920年大正9年)に禁猟となった。ただし、エゾクロテン毛皮大陸産の毛皮比べる毛色悪く品質低かった

※この「人間との関係」の解説は、「クロテン」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「クロテン」の記事については、「クロテン」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 07:51 UTC 版)

オオガラゴ」の記事における「人間との関係」の解説

農地開発による生息地破壊などの影響懸念されている。1977年霊長目単位ワシントン条約附属書II掲載されている。

※この「人間との関係」の解説は、「オオガラゴ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「オオガラゴ」の記事については、「オオガラゴ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/06 18:28 UTC 版)

テントセタカガメ」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では食用とされる開発による生息地破壊や、食用採集などにより生息数減少しているとされる。属内では個体数比較的多いとされるペットとして飼育されることがあり、日本にも輸入されている。ワシントン条約付属書II類に掲載されているため流通量少ない。主に亜種ベニマワリセタカガメの野生個体流通し、他の2亜種流通は稀。近年では繁殖個体流通することもある。元々甲板皮膚弱く水質悪化によって容易に皮膚病や甲の腫瘍にかかりやすい上に輸送状態が悪かったため、すぐに命を落としてしまう個体多かった。現在は輸送状態は改善されつつあるが、こなれた日光浴等によって皮膚乾燥できる環境作る必要がある

※この「人間との関係」の解説は、「テントセタカガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「テントセタカガメ」の記事については、「テントセタカガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:08 UTC 版)

サカタザメ」の記事における「人間との関係」の解説

種の分布域は漁業が盛んで大韓民国中華人民共和国日本EEZ内でのエイ・サメ類の漁獲量および台湾EEZ内でのサメ類の漁獲量が、資源量枯渇に伴い1950年代比較して激減していることから、本種の生息数減少していると考えられている。沿岸部生息するため、埋め立てなどによるマングローブ林破壊による影響懸念されている。 底引網漁獲される。魚肉練り製品原料のほか、ふかひれとしても利用される鮮魚関西では刺身もされる湯引き洗いにして酢味噌でも食される

※この「人間との関係」の解説は、「サカタザメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「サカタザメ」の記事については、「サカタザメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:49 UTC 版)

ジュウイチ」の記事における「人間との関係」の解説

俳句では別名のジヒシンチョウ慈悲心鳥)で知られ夏の季語とされる

※この「人間との関係」の解説は、「ジュウイチ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ジュウイチ」の記事については、「ジュウイチ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 23:38 UTC 版)

被甲目」の記事における「人間との関係」の解説

もともとは南アメリカ大陸生物であると思われるが、最近では北アメリカ大陸でも見かけるようになりアメリカ合衆国南部では一般的に見かけられるようになってきている。また、ペットとして飼育される事例多く意外と人になつく生き物でもある。一方穴を掘るという性質から、農地や庭を荒ら害獣認識され駆除対象ともなる。前述通り野生では地下に穴を掘って巣を作りその中で寝ているが、飼育下では無防備にあお向けになって寝る。 南米では、アルマジロの肉を食用としているほか、甲羅チャランゴなどの楽器材料使われている。アンデス地方先住民族であるケチュア族言葉ではケナガアルマジロを「キルキンチョ(quirquincho / kirkincho)」もしくは「キルキンチュ(quirquinchu / kirkinchu)」と呼びボリビアペルーではこの名前で呼ばれることが多い。フォルクローレの里として有名なボリビアオルロでは、自分たちのことを「キルキンチョ」と自称するほど親しまれ動物である。 オルロラパスなどのアンデス地方都市カルナバルカーニバル)の際によく踊られる「モレナダ」と呼ばれる踊りでは、手にアルマジロ胴体作ったリズム楽器を持つことがあり、この楽器は「マトラカ(matraca)」と呼ばれる中に鉄板をはめ込んだアルマジロ胴体に棒をつけ、棒を持って振り回す鉄板ガリガリと音を出すようになっている近年カルナバルでは、本物アルマジロを使う代わりに同様のものを木などで作ることの方が多い。[要出典]踊り手たちが所属するグループを示すものの形をしたマトラカ運送業者グループならばトラック型のマトラカなど)を持って踊ることもある。 アルマジロ人間以外の自然動物唯一ハンセン病感染発症する動物であるため、ハンセン病研究用いられてきた。 アルマジロテキサス州州の動物である。 テネシー州では野生アルマジロ増えすぎてしまい、狩猟免許持っていれば狩猟して食肉として食べて良いことになっている中国では犰狳とよばれ、「犰」という文字と同じ特定の動物一種だけを表す漢字であり、一文字だけでアルマジロ意味して山海経東山経二経に妖怪として載っている。 日本でも個人ペットとして飼育することが可能である。特に法令による規制受けていないので、許可や登録などの義務は無い。ツチノコ正体という説がある。

※この「人間との関係」の解説は、「被甲目」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「被甲目」の記事については、「被甲目」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 14:39 UTC 版)

トド」の記事における「人間との関係」の解説

網にかかった漁獲物を奪ったり、漁具破壊することから漁業関係者からは嫌遠されることもある。日本での1992年以降の本種による漁業損失額は年あたり十億以上に達する。北海道日本海側での被害が多いが、2000年以降青森県でも被害発生している。主に底刺網被害多く、7割以上を占め次いで定置網や底建網での被害もある。以前キタオットセイゴマフアザラシによる漁業被害も本種によるもの混同されることが多かったが、2009年以降北海道庁により区別されるようになっている一方で漁業被害増加反して生息数自体減少しており、これは食物減少による競合激化、本種が漁網から食物を奪うことに慣れたことも原因だと考えられている(後述)。 日本では漁業被害を防ぐため1959年以降駆除対象としている。1994年以降は年あたり116頭の駆除頭数制限設けられている。 漁業との競合害獣としての駆除などにより、生息数減少した1990年代以降は、生息数増加傾向にある。アメリカ合衆国ロシアでは、保護対象とされている。1989年における生息数は、116,000頭と推定されている。2015年における生息数は、160,867頭と推定されている。 日本 根室海峡には1970年代は3,000 - 5,000頭が回遊していたが、2000年代には100 - 200頭と激減している。2005 - 2009年航空調査による冬季北海道周辺への回遊個体は、最大5,000とされる準絶滅危惧NT)(環境省レッドリスト2016年現在IUCNでは以下の亜種認めそれぞれ亜種単位でもレッドリスト判定している。 E. j. monteriensis ENDANGERED (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001)) E. j. monteriensis LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001)) 北海道漁業関係者からは「海のギャング」と呼ばれ有害鳥獣目されていた。1960年代には、有害鳥獣駆除として航空自衛隊F-86戦闘機による機銃掃射や、陸上自衛隊12.7mm重機関銃M2、7.62mm小銃M1などによる実弾射撃が行われていた。また、トド生息地沿岸漁民が行トド猟または駆除トド撃ち)は主に繁殖期である春に行われていたため、かつてはNHKローカルニュースにて「春の風物詩」として毎年報道されていた。フォーク歌手友川かずき当時ニュース見てトドを殺すな』という曲を作っている(1976年アルバム肉声』に収録)。 基本的に海洋哺乳類捕食するために漁業関係者害獣扱いされ駆除される事が多い。2000年代には農林水産省駆除環境省保護という真っ向から相反する政策取られたこともあった。これは、環境省評価基準IUCN国際自然保護連合)と同じ基準に基づくのに対し農林水産省では独自の基準採用しているためである。北海道知床世界遺産登録されたことから、トド駆除に関して議論起こっている。トド世界的に見れば個体数の減少により保護叫ばれている。例えば、1960年代には2万頭ちかく来遊していたトド2000年以降5,000頭ほどまでに減少している事実がある。そういった事実からアメリカロシアでは絶滅危惧種指定されており、前述のように日本によるトド駆除非難されている。それに対して漁業被害深刻なことから漁業関係者らは駆除継続求めている。もっとも、漁業被害トド減少始めた1960年代から悪化し個体数減少して被害増加するという悪循環に陥っている。これは漁業資源乱獲による自体減少に伴い、網にかかった魚類捕食する個体増えた事が被害増加原因とされる北海道版レッドデータブック -希少種 なお、"トド"という和名は、アイヌ語の"トント"に由来し、これは「無毛毛皮」つまり「なめし革」を意味するトドそのものは、アイヌ語でエタシペと呼ばれる日本各地トド岩という地名散見されるが、過去においては日本ではトドアシカニホンアシカ)は必ずしも区別されておらず、アシカトドと呼ぶ事も度々みられ、本州以南トド岩の主はアシカであったようである。 「トドカレー」は北海道土産物として、「熊カレー」「えぞ鹿カレー」と並んで広く知られている

※この「人間との関係」の解説は、「トド」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「トド」の記事については、「トド」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 14:27 UTC 版)

アイアイ」の記事における「人間との関係」の解説

名前の由来とされるheh hehはマダガスカルいくつかの現地語で「知らない」の意もあり、本種の呼称尋ねられ原住民が「知らない」と答えたのを呼称勘違いしたとする説もある他には本種の鳴き声からつけられたという説もある。マダガスカルでの呼称はhay-hay、ahay、aiayがある。 生息地では縁起の悪いもの、悪魔使いみなされることもある。ココヤシ・マンゴー・ライチなどを食害する害獣みなされることもある。 木材採取などによる生息地破壊食用狩猟不吉象徴作物害獣としての駆除などにより生息数減少している。1975年ワシントン条約発効時から、ワシントン条約附属書I掲載されている。 日本では1962年発表され童謡アイアイ』(相田裕美作詞・宇野誠一郎作曲)によって知られ親しまれている。2001年恩賜上野動物園来園し飼育されている。

※この「人間との関係」の解説は、「アイアイ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「アイアイ」の記事については、「アイアイ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 21:01 UTC 版)

イイジマムシクイ」の記事における「人間との関係」の解説

森林伐採道路工事による繁殖地破壊などにより生息数減少している。主要な繁殖地であった三宅島では2000年の噴火により約60%の森林消失あるいは影響を受け、本種への影響懸念されている。繁殖地よりも、不明である越冬地環境破壊の方が生息数減少原因となっている可能性考えられている。日本では1975年に国の天然記念物指定されている。 絶滅危惧II類 (VU)(環境省レッドリスト

※この「人間との関係」の解説は、「イイジマムシクイ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「イイジマムシクイ」の記事については、「イイジマムシクイ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 04:36 UTC 版)

シナイモツゴ」の記事における「人間との関係」の解説

人為的に移入されオオクチバスやブルーギル・アメリカザリガニによる捕食人為的に移入されモツゴとの交雑による遺伝子汚染などにより生息数減少している。関東地方では1940年代までに、ほぼ絶滅したとされる長野県では2006年に県の希少野生動植物種指定している。 絶滅危惧IA類 (CR)(環境省レッドリスト

※この「人間との関係」の解説は、「シナイモツゴ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「シナイモツゴ」の記事については、「シナイモツゴ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 18:15 UTC 版)

ジャコウネコ科」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では食用とされることもある。一部の種の性器の周辺にある臭腺会陰腺)から分泌される液は、香水補強剤や持続剤として利用されている。この液は制汗剤催淫剤皮膚病として用いられることもあった。英語圏本科多く構成種に対して用いられる呼称civetシベット)は、アラビア語会陰腺から分泌される液およびその臭いを指すzabādに由来する農作物家禽食害する害獣みなされることもある。ネズミ駆除目的移入された種もいる。 森林伐採農地開発採掘などによる生息地破壊麝香目的も含む狩猟などにより生息数減少している種もいる。 インドネシアなどのコーヒー農園において、パームシベットの糞から得られるコーヒー豆利用されている。 希少な高級コーヒーであるコピ・ルアクは、ジャコウネコ科動物に一旦コーヒー果実食べさせ、排泄物の中から未消化の種を利用したのである

※この「人間との関係」の解説は、「ジャコウネコ科」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ジャコウネコ科」の記事については、「ジャコウネコ科」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 08:04 UTC 版)

オタテヤブコマドリ」の記事における「人間との関係」の解説

農地開発都市開発による影響懸念され減少傾向にあるとみなされることもあるが、分布が非常に広域絶滅のおそれは低い(IUCNVulnerableしきい値となる10年または3世代で30 %以上減少する範囲には到達していない)と考えられている。ヨーロッパ繁殖個体群230,000 - 623,000ペア460,000 - 1,250,000羽相当)と推定されている。ヨーロッパ分布域は全分布域の約10 %相当するため全生息数は約4,600,000 - 12,500,000羽と推定されている。広範な分布域はおよそ430万平キロメートル136万平マイル)とされ、個体数ヨーロッパで推定96000羽から288000羽といった大規模な個体群をもつ。ヨーロッパ分布域全体4分の1から半分の間にあるとして、全個体数196000羽から115万羽におよぶとも考えられる個体群規模安定しているようである[要検証ノート]。

※この「人間との関係」の解説は、「オタテヤブコマドリ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「オタテヤブコマドリ」の記事については、「オタテヤブコマドリ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 15:44 UTC 版)

ズグロミゾゴイ」の記事における「人間との関係」の解説

日本では林縁農耕地民家の庭でも見られることがある開発による生息地破壊などにより生息数減少している。人為的に移入され野犬野良猫による捕食懸念されている。 絶滅危惧II類 (VU)(環境省レッドリスト

※この「人間との関係」の解説は、「ズグロミゾゴイ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ズグロミゾゴイ」の記事については、「ズグロミゾゴイ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/06 23:54 UTC 版)

ニュウナイスズメ」の記事における「人間との関係」の解説

本種の和名の由来については以下の三説が有名である。 スズメ見られる頬の黒斑を欠くことから、ほくろの古名であるにふ(斑)が無い雀、ということで斑無雀。 新嘗雀(にいなめすずめ)がなまったのであるとする柳田國男の説。 平安時代陸奥守として東北地方左遷され現地恨み抱いたまま死去した貴族藤原実方が本種に転生し宮中入り込み納税された米を食い荒らしたという伝説がある。宮中内廷)に入る雀、ということ入内雀後ろの二説にも関連するが、長い間本種は晩夏から初秋にかけて田に大群押し寄せイネ未熟果を食い荒らす大害信じられていた。目にする機会少ないにもかかわらず鳥獣保護法スズメと共に狩猟鳥指定されているのはそれゆえである。

※この「人間との関係」の解説は、「ニュウナイスズメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ニュウナイスズメ」の記事については、「ニュウナイスズメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 00:24 UTC 版)

ヤマナメクジ」の記事における「人間との関係」の解説

本種は畑地などには出現しないため、他のナメクジのような害虫として働きはしない。ただしシイタケ食害する例がある。また見かけ大きいだけにそれ以上グロテスクであるので、見かける嫌われる山間新興住宅地では遭遇する頻度も高いともいう。 島根県津和野町ではナメクジ食用油につけたものが虫さされとして今も活用されており、使われているのは本種であった由。

※この「人間との関係」の解説は、「ヤマナメクジ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ヤマナメクジ」の記事については、「ヤマナメクジ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 01:39 UTC 版)

タカ科」の記事における「人間との関係」の解説

開発による生息地営巣地破壊狩猟などにより生息数減少している種もいる。 飼い慣らして狩猟用いることもある。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。しかし鋭い嘴と爪により人間危害加え可能性があることから、一部の種は特定動物指定されている。

※この「人間との関係」の解説は、「タカ科」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「タカ科」の記事については、「タカ科」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/31 02:30 UTC 版)

スローロリス」の記事における「人間との関係」の解説

N. coucangの種小名coucang は、マレー語インドネシア語での呼称由来する1975年ワシントン条約発効時からスローロリスN. coucangとして(1977年以降霊長目単位で)ワシントン附属書II掲載され2007年には属単位ワシントン条約附属書I掲載されている。本附属書Iは、商業的な取引により絶滅の可能性さらされている動物1200種が掲載されており、スローロリスもその一つである。 スローロリスペットとして需要があり、180万円という高値取引されることもある。野生個体数減少傾向にあり、絶滅危機晒されている。保護されている霊長類の中では、東南アジアにおいて最もよく取引されている種である。ペットとして売られる時は、飼い主を傷つけないように歯を抜かれてしまうことが多い。抜歯歯牙感染引き起こすおそれがある。しかも感染による致死率90%以上と非常に高い。歯を失ったスローロリス野生帰ることは不可能である。捕えられることのストレスや、本来野生では食べることのない果物おにぎりなどを与えられるといった不適切栄養状態飼育環境感染症などのために、捕獲されスローロリス死亡率はとても高く代替確保するために多くスローロリスが捕えられる加えて非合法な伝統医療利用するためにスローロリス乱獲されている。その毛皮創傷癒すのに使われ、その肉体てんかん治療使用され、目は惚れ薬使われ、肉は喘息胃の疾患治療使われる作物荒ら害獣として駆除されることもある。生息域減少によっても個体数大きく減らしている。スローロリスインドネシアの法律でも保護されているが、そこまで厳格な取締はされていないようである。

※この「人間との関係」の解説は、「スローロリス」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「スローロリス」の記事については、「スローロリス」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 00:21 UTC 版)

サイイグアナ」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では食用とされることもある。 木炭採取農地開発観光開発過放牧採掘などによる生息地破壊人為的に移入されたイヌ・ネコ・マングース・ブタによる捕食などにより生息数減少している。1977年にツチイグアナ属単位ワシントン条約附属書II1981年にツチイグアナ属単位ワシントン条約附属書I掲載されている。

※この「人間との関係」の解説は、「サイイグアナ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「サイイグアナ」の記事については、「サイイグアナ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 10:10 UTC 版)

ゴマモンガラ」の記事における「人間との関係」の解説

浅いサンゴ礁などに生息するため、スノーケリングダイビング時によく遭遇する性質荒く、特に繁殖期には攻撃的になって、巣に近づいた場合などに人に向かってくる。鋭い歯を持ち噛まれる外傷を負うこともある。また、にも棘があるこのように人間にとっては危険なだが、肉は赤身筋肉質食用になる。沖縄では一般的な食用魚として食卓に並ぶことも多い。

※この「人間との関係」の解説は、「ゴマモンガラ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ゴマモンガラ」の記事については、「ゴマモンガラ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/21 07:50 UTC 版)

ウッカリカサゴ」の記事における「人間との関係」の解説

延縄釣りトロール漁などで漁獲される。漁獲量について統計はないが、カサゴ区別され流通していると考えられる。肉は淡白な白身で、煮付けや鍋、ブイヤベース刺身塩焼きなどにするほか、小型個体唐揚げにもする。

※この「人間との関係」の解説は、「ウッカリカサゴ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ウッカリカサゴ」の記事については、「ウッカリカサゴ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 15:43 UTC 版)

タイセイヨウセミクジラ」の記事における「人間との関係」の解説

近年は本種を対象とした捕鯨行われていないが、漁業による混獲船舶との衝突により生息数減少している。2017 - 2019年人間による原因少なくとも30頭が死亡しており、26頭は混獲、2頭は船舶との衝突原因とされる1975年ワシントン条約発効時から、セミクジラ属単位掲載時はBalaena属)でワシントン条約附属書I掲載されている。2018年における生息数409頭と推定されそのうち成獣250未満推定されている。 捕鯨9世紀ごろからバスク人によって始まったビスケー湾沖合い現れセミクジラ高台から見張り小舟漕ぎ出して銛で突く沿岸捕鯨である。当時ヨーロッパで漁獲したセミクジラからの鯨油対す需要があった。また鯨肉食用にもなり、特に舌は珍味とされた。のひげはコルセットなどに加工された。今日でも「」を意味するフランス語単語baleineは、「ワイヤー」や「(傘などの)骨」という意味に使われている。次第捕獲海域大西洋拡大され1560年代にはラブラドル海域開発するなどバスク人捕鯨最盛期迎えたその後オランダイギリスなど参入してバスク人独占状態崩れ、さらにアメリカなども本種の捕鯨開始した捕鯨技術進歩し、かつ組織的に行なわれたため、その漁獲はより大規模となった。この乱獲のため、19世紀までに個体数激減した1937年関係国協定世界的に捕鯨禁止となり、現在は保護対象となっている。 近年では航行中船舶衝突したり、漁具からまったりして死傷する事故増加している。餌場の環境悪化などもあり、依然として絶滅危惧されている状況変わりはない。年平均増加率はおよそ2%低く現在の群れ規模350前後である。また、生息数激減により起こりうる近親交配、それによる遺伝子多様性縮小化などによる諸問題懸念され1990年代には、200年内に絶滅する予測されていた。[リンク切れ] また2017年には20年以内絶滅予測された。

※この「人間との関係」の解説は、「タイセイヨウセミクジラ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「タイセイヨウセミクジラ」の記事については、「タイセイヨウセミクジラ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 15:08 UTC 版)

タマカイ」の記事における「人間との関係」の解説

沖縄県での方言名としてアーラーミーバイがある。アーラミーバイは大型ハタ類の総称である。 食用魚で鍋や刺身おいしく沖縄では高級料理にも用いられる。 オーストラリア・クイーンズランド州の海を象徴するである。食用にする沖縄県では、他の食用魚ヤイトハタとともにタマカイ種苗生産技術研究する沖縄県2011年には日本国内初め人工授精成功している。 人を襲ったという正確な記録存在しないが、オセアニア一部地域では、「タマカイダイバー丸飲みにしてしまう」として恐れられている。また、NHKでも「人を襲い、頭を丸のみした怪物」と放送している。 日本輸入もされている。東京築地市場にまれに入荷する一方台湾では養殖され市場出たり輸出なされる台湾では「ハタの王」、「ボス」と称されている。 分布域全体でもまれな種で、食用薬用乱獲飼育施設での展示目的での採集などによる影響懸念されている。日本でも元々まれな種とされていたが近年成魚確実な確認捕獲例がほぼなく、さらに減少することが懸念されている。2017年現在沖縄県レッドリストでは絶滅危惧IA類と判定されている。オーストラリア幾つかの州では釣り規制対象となっている[出典無効]。 絶滅危惧IA類 (CR)(環境省レッドリスト現代繁栄している魚類の中では最もシーラカンス似た形態習性を持つとされている。そのため、水族館アクアマリンふくしまでは、シーラカンスロボットとともにタマカイ展示している。

※この「人間との関係」の解説は、「タマカイ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「タマカイ」の記事については、「タマカイ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 15:02 UTC 版)

オマキニシキヘビ属」の記事における「人間との関係」の解説

ベーレンニシキヘビ生息地一部では神として崇められている。 アメジストニシキヘビ日本では特定動物指定されている。アメジストニシキヘビ細身で飼育下ではまず巨大化することは無いが、大型鳥類捕食しまた性質神経質なために指定されていると思われる性質総じて荒い種が多くカーペットニシキヘビ大人しい個体も多いが、立体的なレイアウトにすると気が荒くなるとされる。)前述のように顎の筋肉発達しているため、あまり触れ合いを楽しむタイプ動物ではない。

※この「人間との関係」の解説は、「オマキニシキヘビ属」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「オマキニシキヘビ属」の記事については、「オマキニシキヘビ属」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/08 17:11 UTC 版)

ハナアブ」の記事における「人間との関係」の解説

ハエ仲間としては成虫衛生害虫となるような活動をほとんどしないため、直接的に人間との利害持たない種が多い。ナミハナアブやシマハナアブなど、オナガウジ型のナミハナアブ族の幼虫一部は生活廃水流れ込む溝や家畜排泄物流れ込む水溜りといったごく汚い住み、その姿が目立っていて気味悪がられることが多い。この類の成虫ミツバチきわめてよく似ており、アリストテレスミツバチがどぶの汚水から生まれるとしているのは、これと見誤ったからではないかと言われるヒラタアブ亜科のものはアブラムシ天敵として重要である。 累代飼育容易なシマハナアブは、温室栽培作物受粉用に人工増殖して用いられたこともある。 例外的に農業害虫として性質報告されているのがマドヒラタアブ族にいくつか知られている。植物の地下部分幼虫食い荒らすもので、スイセンなどの球根食害するスイセンハナアブや、タマネギ食害するハイジマハナアブといったものである

※この「人間との関係」の解説は、「ハナアブ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ハナアブ」の記事については、「ハナアブ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/09 14:23 UTC 版)

クーズー」の記事における「人間との関係」の解説

ジンバブエ国章2頭のクーズー描かれている 革はバッグなどに、角は楽器材料などに使われユダヤ角笛ショファー主な原材料として用いられるクーズー以外の角でもショファー原材料になることはある)。南アフリカサッカーファン応援吹き鳴らすことで有名になったブブゼラは、クーズー角笛起源とも言われている。現地では肉を食用にもするため、それらを目的にした密猟者後を絶たないジンバブエの国章デザインには、2頭のクーズー用いられている。2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会記念コインにも、開催都市であるムプマランガ州象徴としてクーズー描かれている。 アメリカ刃物メーカーコールドスチールcoldsteel)社の発売している折り畳みナイフ一つには、「Kudu」の商品名つけられている。 アフリカでは極端に珍しい動物というわけではないが、日本動物園では1頭も飼育されていないために、日本では知る人少ない。

※この「人間との関係」の解説は、「クーズー」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「クーズー」の記事については、「クーズー」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 05:30 UTC 版)

トウキョウサンショウウオ」の記事における「人間との関係」の解説

宅地開発ゴルフ場道路建設による生息地破壊により生息数減少し1990年代以降谷津田放棄による繁殖地乾燥化人為的に移入されアライグマアメリカザリガニによる捕食ペット用乱獲などによっても生息数減少している。東京都日の出町では、町の天然記念物指定されている。生息地では、有志によるビオトープ造成などの保護対策進められているところもある。2020年種の保存法によって国内希少野生動植物種のうち特定第二種国内希少野生動植物種指定され販売頒布目的での捕獲譲渡禁止されている。 絶滅危惧II類 (VU)(環境省レッドリスト

※この「人間との関係」の解説は、「トウキョウサンショウウオ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「トウキョウサンショウウオ」の記事については、「トウキョウサンショウウオ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 20:25 UTC 版)

ブンチョウ」の記事における「人間との関係」の解説

ペットとして飼育されることもあり、日本でも生産繁殖および輸入されている。鳥籠庭籠飼育される水浴びを好むため水容器設置し汚れやすいため不衛生ならないように毎日取り替える。餌としてアワやキビ・ヒエなどの穀物青菜ボレイ粉、配合飼料などを与える。孵化5 - 18日で雛を親鳥から離しヘラスポイトなどで給餌して育てた個体人馴れし、訓練すれば手に乗せることも可能である(手乗り文鳥)。1997年に、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約附属書II掲載されている。一方で遺棄脱走により移入定着している地域もある。

※この「人間との関係」の解説は、「ブンチョウ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ブンチョウ」の記事については、「ブンチョウ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 13:59 UTC 版)

ダイオウイカ」の記事における「人間との関係」の解説

分布が非常に広いこと・人間の影響を受けにくい深海生息すること・本種を対象とした漁業が無いことから、生息数不明であるが、2014年時点では「種として絶滅のおそれは低い」と考えられている。

※この「人間との関係」の解説は、「ダイオウイカ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ダイオウイカ」の記事については、「ダイオウイカ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 02:05 UTC 版)

カワセミ科」の記事における「人間との関係」の解説

開発による生息地破壊水質汚染狩猟などにより生息数減少している種もいる。

※この「人間との関係」の解説は、「カワセミ科」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「カワセミ科」の記事については、「カワセミ科」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 03:24 UTC 版)

アメリカアカシカ」の記事における「人間との関係」の解説

本種は様々な民族文化史において重要な役割負っていた。アジア新石器時代岩絵には角のない雌のワピチ描かれ再生維持象徴解釈されている。青銅器時代初期には、生活における狩猟重要性の低下と時を同じくしてワピチ岩絵少なくなっていったアメリカインディアン社会では、米国南西部古代プエブロ人も本種をピクトグラムなどに表している。近代スー族社会精神文化にとってもアメリカアカシカ重要な存在であったスー族男子誕生すると、長寿願って本種の体の中でも最も腐朽しにくい部分である歯を与えられた。映画ダンス・ウィズ・ウルブズ』で「拳を握って立つ女」がジョン・ダンバーと結婚する時に用意され衣服も本種の歯で装飾されている。アメリカアカシカの雄は力、勇気精力性愛象徴とされ、本種を夢に見た若い男性求婚用の衣服に本種を描くことを許された 。 狩猟対象であり、狩猟目的とした牧場存在する北米ニュージーランドでは、ワピチ牧場珍しくない。肉は牛肉鶏肉比べて脂肪分が少なく蛋白質が豊富である。鉄分リン亜鉛豊富だが、コレステロール分が高い。角と袋角漢方薬韓方薬素材として用いられ、角は工芸品家具などの素材にも用いられる中央アジア東アジア漢民族テュルク民族ツングース族モンゴル族朝鮮民族は、アジア分布するワピチを角をとるために飼育していた。近代のクーテナイ族、クリー族オジブワ族、ポーニー族などインディアン部族多くは本種の皮革からティピー掛け布や衣類履物作っていた。現代皮革製品実用品よりも装飾的な役割持ったものが多いが、靴、手袋ベルトなどは今でも珍しくないロッキー山脈ワピチC. canadensis nelsoni)はユタ州象徴する動物とされている。 北アメリカの大イエローストーン生態系生息する個体群は、ブルセラ症病原菌感染源になることが知られている。ウシ感染する不妊流産、乳分泌低下起こしヒト感染するインフルエンザ似た症状何年も続くことがある感染源としてはアメリカバイソンの方が重要であるが、米国ワイオミング州では本種から馬が、アイダホ州では本種から牛がブルセラ症感染した例がある。現在ワクチン個体群管理通した本種からのブルセラ症根絶試みられている。 コロラド州エステス・パークにおいては街中に度々出没し公園などにて人間恐れず休息する光景見られる

※この「人間との関係」の解説は、「アメリカアカシカ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「アメリカアカシカ」の記事については、「アメリカアカシカ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 06:18 UTC 版)

キツツキ科」の記事における「人間との関係」の解説

前近代から「舌が長い」として認識されており、江戸期の『和漢三才図会』第42巻に、和名「牙良豆豆木ケラツツキ)」と共に舌長と)記述見られる日本では、「ケラが頭(上)で鳴く天気悪くなる」とする類の俗信が、青森県・秋田県群馬県岐阜県福井県和歌山県見られる鈴木棠三日本俗信辞典 動物編』 角川ソフィア文庫2020年258頁。)。また、赤土包んで焼くと、中で黒い粉になるから、1週間ほど飲むと頭痛治る」(石川県)、「キツツキ黒い粉肺結核になる」(高知県)とする俗信があり(前同 258頁)、青森県三戸郡では、「デデッコッコ(キツツキ)は井戸神御使いゆえ、中に入れる」とする(前同 258頁)。 史実かは別として、近世期軍記物である『甲陽軍鑑』では、川中島の戦い武田勢が山にこもった上杉勢を動かすために取った戦法として、「キツツキ戦法」が記述される

※この「人間との関係」の解説は、「キツツキ科」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「キツツキ科」の記事については、「キツツキ科」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 10:11 UTC 版)

カモ科」の記事における「人間との関係」の解説

肉、卵、羽毛利用され、数種は飼いならされ家禽アヒルガチョウバリケンなど)として飼育される。また野生個体狩猟対象とされる。雁(異字)は、ガン亜科水鳥のうち、カモより大きくハクチョウより小さ一群総称)とは、カモ科鳥類のうち、雁に比べて体が小さく首があまり長くないものの総称分類学上のまとまった群ではない。

※この「人間との関係」の解説は、「カモ科」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「カモ科」の記事については、「カモ科」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 22:04 UTC 版)

ウバザメ」の記事における「人間との関係」の解説

歴史的に泳ぎ遅さ非攻撃的な性質、そして以前豊富な個体数のために、漁業の主要産物であった商業的にさまざまな形利用され、肉は食品魚粉に、皮膚皮革に、スクアレン成分含有量が高い肝臓は油に用いられた。アイスランドでは、肉を発酵させたものをハウカットル呼んで珍重しており、サメ独特のアンモニア臭が特徴である。現在では、主にふかひれ)を取るために捕獲されている。体の一部軟骨など)は伝統中国医学や、日本では媚薬としても用いられている。 急速に個体数減少した結果、現在ではウバザメ保護種に指定され生産品交易多くの国で規制されている。イギリスマルタフロリダおよびアメリカ合衆国内の湾、そして大西洋においては完全に捕獲禁じられている。ニュージーランドでは、ウバザメ目的としての漁は違法行為である。 自分近づく船やダイバーに対して寛容で、ダイバー周り旋回することさえあり、ウバザメ頻繁に見られる地域での観光ダイビング目玉として人気呼んでいる。 死骸腐敗する下顎脱落したりして、生きている時と違う生物のように見えるほど変形することもある。そのような状態で海岸流れ着くと、体が大きいこともあって海の怪物首長竜生き残りなどとしばしば人を騒がせる1977年ニュージーランド発見されニューネッシーどのように、かつてシーサーペントプレシオサウルスのものである考えられ死骸いくつかが、後に腐敗した本種の死骸であろう結論づけられている。 日本三重県大王崎波切の港ではかつて突きん棒呼ばれる、銛を使ったウバザメが行われていた。しかしこの漁が盛んだったのは1970年代までである。これに関して千葉県立中央博物館の宮正樹NHKの取材班のインタビューに対してウバザメのかつての生息圏がメガマウス移っているとの考え述べている。

※この「人間との関係」の解説は、「ウバザメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ウバザメ」の記事については、「ウバザメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 15:20 UTC 版)

ヒジリガメ」の記事における「人間との関係」の解説

仏教寺院の池に放され放生飼育されることもあり、和名や英名(temple=寺院)の由来になっている。旧属名Hieremysも「聖なるカメ」の意。 生息地中国圏では食用されたり薬用になると信じられていることがある農地開発河川開発湿地開発による生息地破壊水質汚濁食用薬用放生用の乱獲などにより生息数減少している。2003年ワシントン条約附属書II掲載された。タイミャンマーでは、法的にカメ類商業目的輸出禁止されている。 ペット用飼育されることもあり、日本にも輸入されている。生息数の減少ワシントン条約掲載などにより、流通量減少している。主に野生個体流通するアクアリウム飼育される。半水棲大型種活発に動くため、可能な限り大型ケージ用意する熱帯域分布するため低温弱く冬季保温する。陸場を設け局所的な熱源照射し体を乾かせる環境設置す。飼育下では動物質食べ配合飼料などにも餌付く一方で幼体から植物質与えず配合飼料含めた動物質が多い餌のみを与え続けると、甲の成長異常や代謝性の骨障害などを引き起こす可能性がある。そのためリン少なくカルシウム多く含まれた、植物性食物与えるようにする。

※この「人間との関係」の解説は、「ヒジリガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ヒジリガメ」の記事については、「ヒジリガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 15:22 UTC 版)

アシポチヤマガメ」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では食用薬用されたり民芸品材料とされることもある。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。1960年代から輸入されているが、流通量減少している。主にガイアナスリナムから、野生個体流通する

※この「人間との関係」の解説は、「アシポチヤマガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「アシポチヤマガメ」の記事については、「アシポチヤマガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/27 04:26 UTC 版)

ミューレンバーグイシガメ」の記事における「人間との関係」の解説

種小名muhlenbergiiはGotthilf Heinrich Ernst Muhlenbergへの献名開発による生息地破壊水質汚染ペット用採集などにより生息数減少している。生息地では法的に採集規制されているが、密猟されることもある。生息地一部国立公園保護区指定されている。1992年ワシントン条約附属書I掲載された。

※この「人間との関係」の解説は、「ミューレンバーグイシガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ミューレンバーグイシガメ」の記事については、「ミューレンバーグイシガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 15:13 UTC 版)

アンナンガメ」の記事における「人間との関係」の解説

中華人民共和国ベトナムでは食用薬用とされることもある。 開発による生息地破壊水質汚染食用薬用ペット用乱獲などにより生息数激減している。2003年ワシントン条約附属書II掲載された。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。1990年代後半流通量増加したこともあったが、流通量少ない。以前野生個体流通していたが、近年は飼育下繁殖個体幼体がまれに流通する

※この「人間との関係」の解説は、「アンナンガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「アンナンガメ」の記事については、「アンナンガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 15:14 UTC 版)

オオヤマガメ」の記事における「人間との関係」の解説

生息地中華人民共和国では食用薬用とされることがある開発による生息地破壊水質汚染食用乱獲などにより生息数減少している。2003年ワシントン条約附属書II掲載された。タイミャンマーラオスでは商業目的輸出厳しく規制されている。 ペット用飼育されることもあり、日本にも輸入されている。流通量多くはなかったが、ワシントン条約掲載されたことにより流通量減少している。アクアテラリウムか、テラリウム飼育される大型種の上成長早いため、大型ケージ用意できない場合一般家庭での飼育は向かない。飼育下では配合飼料にも餌付くカルシウム少な動物質の餌のみを与え続けると、急激に成長するものの発育異常や突然死引き起こす可能性がある。また飼育下だとスペース上の関係から肥満しやすい傾向があるため注意が必要。そのため葉野菜水草などの植物質を、成長に伴い多く与えるようにする。協調性悪く(特に発情したオス同種他種問わず噛みつく個体もいるため、基本的に単独飼育する

※この「人間との関係」の解説は、「オオヤマガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「オオヤマガメ」の記事については、「オオヤマガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 22:38 UTC 版)

ニシキセタカガメ」の記事における「人間との関係」の解説

種小名kachugaヒンズー語カメを表すkachuaや、ヒンドゥスタン語カメを表すkachovaに由来する生息地では卵も含めて食用とされることもある。 食用乱獲などにより生息数減少していると考えられている。河川改修による産卵場の破壊水質汚染漁業による混獲人間による攪乱などによる影響懸念されている。2003年セタカガメ属単位で、2013年から種としてワシントン条約附属書II掲載された。生息地では法的に保護対象とされ、狩猟輸出規制されている。インドでは孵化直後幼体飼育しある程度成長させてから、再び野生放すという試みが行われている。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。2000年以前流通例は不明だが、2001年流通した例がある。

※この「人間との関係」の解説は、「ニシキセタカガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ニシキセタカガメ」の記事については、「ニシキセタカガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 22:44 UTC 版)

ハイチスライダー」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では食用とされることもある。 開発による生息地破壊水質汚染食用乱獲などにより生息数減少している。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。欧米から飼育下繁殖個体流通し流通量少ない。

※この「人間との関係」の解説は、「ハイチスライダー」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ハイチスライダー」の記事については、「ハイチスライダー」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 22:37 UTC 版)

クロムネヤマガメ」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では食用薬用されたり民芸品材料とされることもある。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。生息地では野生カメ輸出厳しく制限されているため、国際的に流通量非常に少ないアクアテラリウム飼育される。飼育下でも果実を好むが昆虫や肉も食べ植物質の多いリクガメ用の配合飼料動物質の多い水棲ガメ用の配合飼料にも餌付く

※この「人間との関係」の解説は、「クロムネヤマガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「クロムネヤマガメ」の記事については、「クロムネヤマガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 22:50 UTC 版)

ヒラタヤマガメ」の記事における「人間との関係」の解説

食用薬用ペット用乱獲森林伐採農地開発野火による生息地破壊などにより、生息数減少している。2003年オオヤマガメ属単位ワシントン条約附属書II掲載され2013年には野生個体輸出割当が0とされた。。ミャンマーではカメ類商業目的輸出厳しく制限されており、さらに本種は保護対象とされ生息地保護区指定するなどの保護対策進められている。一方で密猟密輸が行われているとされ、中華人民共和国食用薬用として持ち込まれ個体一部ペット用欧米日本輸出されていると考えられている。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入された。奇形成長不良オオヤマガメが、本種の名前で流通したこともあった。

※この「人間との関係」の解説は、「ヒラタヤマガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ヒラタヤマガメ」の記事については、「ヒラタヤマガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 22:40 UTC 版)

オルダムマルガメ」の記事における「人間との関係」の解説

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。東部個体群タイ2013年現在爬虫類輸出停止)、ベトナムラオスなどから、スジクビマルガメとして輸入していて、西部個体群ミャンマーから輸入されていると考えられている。

※この「人間との関係」の解説は、「オルダムマルガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「オルダムマルガメ」の記事については、「オルダムマルガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 22:47 UTC 版)

カントンクサガメ」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では食用とされる生息地破壊や、食用ペット用乱獲などにより生息数激減していると考えられている。2005年ワシントン条約附属書III掲載された。2013年ワシントン条約附属書II掲載された。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されていた。1960年代より流通し、特に頭部四肢に赤い虫食い状の斑紋多く入った個体珍重され高値販売されていた。ワシントン条約掲載したため流通量減少し、飼育下繁殖個体少数流通するアクアテラリウム飼育される。やや皮膚病になりやすい傾向があるため、水質注意した日光浴させるか適切な陸場を設けて体を乾かせるように局所的に熱源照射する

※この「人間との関係」の解説は、「カントンクサガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「カントンクサガメ」の記事については、「カントンクサガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 22:52 UTC 版)

ホオジロクロガメ」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では食用とされることもある。 開発による生息地破壊食用乱獲などにより生息数減少している。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。主に野生個体流通する以前輸送状態の悪さから、飼育の非常に難しい種とされた。近年ワシントン条約掲載されたことにより流通量激減し逆に輸送状態が改善されたため飼育は以前よりは易しくなった。アクアリウムアクアテラリウム飼育される低温に弱いため(特に幼体体調不良個体水中ヒーターなどを設置し保温する。飼育下では日光浴を行うため流木レンガ市販水棲カメ専用プラスチック製浮島などで陸地用意し屋内飼育する場合局所的に強い暖房器具等で皮膚甲羅を乾かすことのできる環境作る必要がある。飼育下では人工飼料乾燥飼料にも餌付く。餌を食べるのが遅いため、他種複数飼育は薦められない。協調性はよく複数飼育でも問題起こりづらいが、発情したオスメス追いまわすので単独飼育するのが望ましい。

※この「人間との関係」の解説は、「ホオジロクロガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ホオジロクロガメ」の記事については、「ホオジロクロガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 04:55 UTC 版)

ヨツメイシガメ」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では食用とされることがある乱獲や、ダム建設水力発電などによる生息地破壊により生息数激減している。以前食用として需要大きくなかったが、2012年頃から価格高騰し需要高まっていると考えられている。2005年中華人民共和国個体群ワシントン条約附属書III掲載され2013年ワシントン条約附属書II掲載された。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。野生個体少数流通していたが、まれに欧米での飼育下繁殖個体流通する事もあった。平成初期には流通量多かったものの輸送状態が悪く原虫による感染症により状態を崩していたり腹甲潰瘍ができている個体多く、飼育の難しい種とされていた。

※この「人間との関係」の解説は、「ヨツメイシガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ヨツメイシガメ」の記事については、「ヨツメイシガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/28 08:43 UTC 版)

コシジロウミツバメ」の記事における「人間との関係」の解説

日本では1951年大黒島北海道)が「大黒島海鳥繁殖地」として他種含め繁殖地が国の天然記念物指定されている。

※この「人間との関係」の解説は、「コシジロウミツバメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「コシジロウミツバメ」の記事については、「コシジロウミツバメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 04:48 UTC 版)

サラドロガメ」の記事における「人間との関係」の解説

ペットとして飼育されることがあり、日本にも輸入されている。メキシコ国内分布する爬虫類輸出法律により厳しく制限されているため、流通極めてまれ。

※この「人間との関係」の解説は、「サラドロガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「サラドロガメ」の記事については、「サラドロガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 04:45 UTC 版)

ケララヤマガメ」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では食用とされることもある。 森林伐採野火山火事農地開発による生息地破壊により生息数減少している。インドでは法的に採集一部現地民族による自家採集を除く)、学術目的除いた飼育、州間の移動輸出禁止されている。2013年ワシントン条約附属書II掲載された。

※この「人間との関係」の解説は、「ケララヤマガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ケララヤマガメ」の記事については、「ケララヤマガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 09:43 UTC 版)

アカミミガメ」の記事における「人間との関係」の解説

開発による生息地破壊や、ペット用乱獲などにより生息数減少している。アメリカ合衆国では分布する多くの州、メキシコは国全体で、野生個体採集制限もしくは禁止されている。 その一方生息地以外ではペットとして移入定着し生態系への影響アメリカ合衆国内では亜種交雑による遺伝子汚染)が懸念されている。種としてIUCN世界の侵略的外来種ワースト100日本では亜種ミシシッピアカミミガメ日本生態学会により日本の侵略的外来種ワースト100指定されている。欧州連合大韓民国では、輸入規制されている。

※この「人間との関係」の解説は、「アカミミガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「アカミミガメ」の記事については、「アカミミガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 09:44 UTC 版)

アゴブチクジャクガメ」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では卵も含めて食用とされることもある。 開発による生息地破壊水質汚染食用乱獲等により生息数減少している。現在、野生個体輸出厳しく制限されている。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。以前アカミミガメ等と区別されミドリガメとして野生個体大量に流通していたが、1970年頃に生息地保護されるようになり流通量激減した。主に欧米日本国内繁殖された基亜種少数流通しコロンビアでの養殖個体流通した例もある。アクアテラリウム飼育される。活発でやや大型になるため大型ケージが容易できない場合一般家庭での飼育には向かない成体性質荒くなる傾向があり、他個体噛みつくこともあるため基本的に単独飼育になる。餌付き良く人工飼料乾燥飼料等も食べる。

※この「人間との関係」の解説は、「アゴブチクジャクガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「アゴブチクジャクガメ」の記事については、「アゴブチクジャクガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 09:42 UTC 版)

ジャマイカスライダー」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では食用とされる事もある。種小名terrapenはアルゴンキン語族言語で「食用ガメ」を指すtoropeに由来する開発による生息地破壊水質汚染食用乱獲などにより生息数激減している。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。欧米から主に北西部個体群由来する考えられている飼育下繁殖個体少数流通するアクアリウムアクアテラリウム飼育される。飼育下では野菜水生植物食べ人工飼料にも餌付く

※この「人間との関係」の解説は、「ジャマイカスライダー」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ジャマイカスライダー」の記事については、「ジャマイカスライダー」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 01:06 UTC 版)

インドクジャク」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では神聖なとして保護されている。 ヨーロッパで食用とされたこともある。羽毛装飾品とされることもある。 ペットとして飼育されることもあり、動物園などの施設では放し飼いされることもある。白化個体累代飼育により固定されている。 観賞用に飼育されていた個体遺棄、あるいは脱走し世界各地帰化している。日本でも沖縄県先島諸島宮古列島宮古島伊良部島八重山列島石垣島小浜島黒島新城島与那国島)に定着しており、トカゲ等の小型固有種捕食し問題となっているため、生態系被害防止外来種指定され駆除進められている。 八重山列島では、最初に新城島導入され1979年小浜島リゾートホテル持ち込まれたものが観賞用として各地寄贈され広まった黒島では、1980年代観賞用として持ち込まれたものが脱走し天敵がいないために異常繁殖して2013年時点では数千羽以上が生息する推定されている。 新城島では、2006年から2009年にかけて集中的に駆除が行われ、累計116羽が捕獲されてほぼ完全に排除された。2013年には、黒島箱罠により1,479羽が、また、小浜島銃器により160羽がそれぞれ駆除されており、その後黒島小浜島銃器による駆除探索による繁殖卵の駆除続けられている。 農業でも農作物踏み荒らされ被害出ている。警戒心強く、人が視界に入ると物陰隠れてしまうため、植物状の偽装を使うハンターもいる。身体頑丈で、頭や首といった急所以外に銃弾当たって倒れないことが多い。南西諸島以外に本州各地福島県埼玉県三重県滋賀県)でも見つかるようになっている

※この「人間との関係」の解説は、「インドクジャク」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「インドクジャク」の記事については、「インドクジャク」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 02:46 UTC 版)

ヒクイドリ」の記事における「人間との関係」の解説

食用とされることもあり、成鳥は銃などによって狩猟され、雛は捕えて生育してから食べられることが多い。 森林伐採農地開発による生息地破壊食用狩猟などにより生息数減少している。一方で近年の調査では生息数従来考えられていたよりも多いと推定され2017年現在絶滅のおそれは低いと考えられている。オーストラリアではサイクロンによる影響サイクロンの後は本種の交通事故増加するという報告もある)も懸念されている。 日本ではひくいどり科(ヒクイドリ科単位特定動物指定されている。

※この「人間との関係」の解説は、「ヒクイドリ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ヒクイドリ」の記事については、「ヒクイドリ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 04:40 UTC 版)

シジュウカラ科」の記事における「人間との関係」の解説

市街地でも見かけられ餌台に集まったり、樹洞に巣を作るため巣箱利用することから観察対象とされることも多い。

※この「人間との関係」の解説は、「シジュウカラ科」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「シジュウカラ科」の記事については、「シジュウカラ科」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 07:05 UTC 版)

キンイロジャッカル」の記事における「人間との関係」の解説

サトウキビ・スイカ・トウモロコシ類・家畜などを食害する害獣みなされることもある。

※この「人間との関係」の解説は、「キンイロジャッカル」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「キンイロジャッカル」の記事については、「キンイロジャッカル」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 07:12 UTC 版)

ミヤイリガイ」の記事における「人間との関係」の解説

岡山県井原市高屋川流域)での方言名として、「ナナマキガイ」がある。 日本住血吸虫中間宿主となり、ヒトがこの吸虫侵入されると肝硬変などを引き起こし高い確率死亡する日本では後述する日本住血吸虫撲滅させるための活動として本種の駆除殺貝剤散布火炎放射器による焼却水路三面コンクリート舗装など)が進められたことにより、1980年代まで日本住血吸虫症発症例なくなった。 本種の駆除活動一つである水路コンクリート舗装により、ミヤイリガイ駆除されたが、一方で水田などに生息する他の貝類生息数減少したという弊害もある。 1920 - 1960年代にかけて行われた日本住血吸虫撲滅させるための活動により、多く生息地では絶滅したまた、日本住血吸虫症の撲滅後も、生息地破壊河川改修水田乾田化・宅地などへの開発)、農薬汚染影響受けて減少していると考えられている。 広島県では近年記録がなく、絶滅した考えられている。福岡県では1980年代以降発見例がなく絶滅した考えられ最後生息地であった久留米市宮ノ陣宮瀬には宮入貝供養碑建てられている。千葉県では小櫃川流域木更津市牛袋)を除き絶滅した可能性があり、唯一の生息地でも2014年以降確認が困難となっている。岡山県では1955年以降記録がなく絶滅したとされ、2020年時点岡山県レッドリストでも絶滅判定されている。静岡県では2010年ごろに最後生息地富士川西岸)が改修暗渠化され、2019年版レッドデータブックでは絶滅種とされている。茨城県では1950年代干拓事業によって生息地破壊され絶滅した考えられている。 絶滅危惧I類 (CR+EN)(環境省レッドリスト山梨県立富士湧水の里水族館山梨県南都留郡忍野村)では、2020年令和2年2月3日から本種の生体常設展示されている。

※この「人間との関係」の解説は、「ミヤイリガイ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ミヤイリガイ」の記事については、「ミヤイリガイ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/28 09:36 UTC 版)

モーリシャスチョウゲンボウ」の記事における「人間との関係」の解説

近年巣箱利用する開発による生息地破壊人為的に移入され動物カニクイザルクマネズミネコマングースなど)による卵や雛の捕食競合などにより生息数激減した飼育下での繁殖および飼育下繁殖個体再導入巣箱設置外敵駆除などの対策が行われている。1974年における生息数は4羽(飼育個体含めても6羽)だったが、1994年における生息数は229-286羽、1998年における生息数540羽まで増加した

※この「人間との関係」の解説は、「モーリシャスチョウゲンボウ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「モーリシャスチョウゲンボウ」の記事については、「モーリシャスチョウゲンボウ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/22 15:36 UTC 版)

アイスポットシクリッド」の記事における「人間との関係」の解説

食用 原産地では他の魚と同様、食用魚として漁獲される。 釣魚 いわゆるバス」類の一種として、ゲームフィッシング対象として利用されている。本来の生息地以外にもグアム・フロリダ半島ハワイ東南アジアなど温暖な地域移植されている。 動かない物、動きの鈍い物にあまり反応しないため、疑似餌には専らハードルアー用いられる観賞魚 アクアリウムにおいてポピュラーシクリッド一つである。養殖されたものが5cm-10cmの若魚の状態で流通する。特にオセラリスは東南アジア盛んに養殖されているため最も安価に出回っている。一方ある程度成長し色彩美しく発現し野生個体にも人気がある。闘争性の強さ遊泳性の高さから、水槽広さ同居する相手には注意が必要である。 先述のように動いている以外に興味示さないため、人工飼料その他の死餌に餌付けするのには時間要する成長期過ぎて久しい場合個体によっては一生餌付かない場合もある。

※この「人間との関係」の解説は、「アイスポットシクリッド」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「アイスポットシクリッド」の記事については、「アイスポットシクリッド」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/14 09:59 UTC 版)

トウブシシバナヘビ」の記事における「人間との関係」の解説

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。抱卵した野生個体採集しその個体から産まれ繁殖個体少数流通し野生個体稀に流通するケージ脱走されないような物を用いる。床材としてウッドチップやウッドシェイブ、メンテナンス性重視するならキッチンペーパー等を用いるがこまめに交換するようにする。多く個体ヘビ用の餌として専門店等でコンスタント入手できるマウスに餌付いていないことが多く、またマウス餌付きにくい。餌の面から属内でも飼育の難しい種とされ、累代飼育繁殖例もほとんど知られていない唾液には毒があるが、人に対して威嚇等で噛みついてくることはない。しかし給餌中に餌と間違えて噛みつくことがあるため注意が必要。長時間噛まれた際に患部腫れあがった例があるため、長めピンセット用いたり夜間に置き餌をする等してなるべく給餌中の接触避ける。

※この「人間との関係」の解説は、「トウブシシバナヘビ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「トウブシシバナヘビ」の記事については、「トウブシシバナヘビ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/14 09:59 UTC 版)

シシバナヘビ属」の記事における「人間との関係」の解説

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。主にセイブシシバナヘビの飼育下繁殖個体流通するナンブシシバナヘビ流通は稀で高価セイブシシバナヘビにおいては亜種交配選別交配により様々な品種作出されている。ケージ脱走されないような物を用いる。床材としてウッドチップやウッドシェイブ、メンテナンス性重視するならキッチンペーパー等を用いるがこまめに交換するようにする。水入れ生体トグロ巻いて全身が漬かれるような大きさで、ある程度重さがありひっくり返されない物を用いる。また深さがあり表面滑りやすいと特に幼体溺れることもあるため、水深浅く水入れ入っても外に出られるような物を選ぶ。水入れの中の清潔にし、また水入れがあっても気付かないこともあるので飲んでいるかどうか確認する初めカエルしか食べない個体でもカエルピンクマウスの皮や汁をつけて与え、それを食べるようならピンクマウスカエル粘膜や皮をつけて与える等の段階経てマウス餌付けることはできる。しかしトウブシシバナヘビ本属中でもカエルの専食傾向強いたマウスへの餌付け難しい。唾液には毒があるが、人に対して威嚇等で噛みついてくることはない。しかし給餌中に餌と間違えて噛みつくことがあるため注意が必要。長時間噛まれた際に患部腫れあがった例があるため、長めピンセット用いたり夜間に置き餌をする等してなるべく給餌中の接触避ける。

※この「人間との関係」の解説は、「シシバナヘビ属」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「シシバナヘビ属」の記事については、「シシバナヘビ属」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/21 22:44 UTC 版)

クロソイ」の記事における「人間との関係」の解説

釣り対象となる。ほぼ周年日本全国沿岸部釣れるが、特に北日本に多い。

※この「人間との関係」の解説は、「クロソイ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「クロソイ」の記事については、「クロソイ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/19 02:10 UTC 版)

ミノカサゴ」の記事における「人間との関係」の解説

優雅に泳ぐさまとは対照的に攻撃的なで、ダイビング時水中撮影などでしつこく追い回す激昂、人に向かってくることがあるので要注意刺され場合激痛伴って患部腫脹、人によってはめまい吐き気起こすことも。 煮付けなど食用として加熱する料理使われることもあるが、狙って釣れるようなではなく、数が揃いにくいため市場には出回らない

※この「人間との関係」の解説は、「ミノカサゴ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ミノカサゴ」の記事については、「ミノカサゴ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/19 23:34 UTC 版)

クロサイ」の記事における「人間との関係」の解説

角は薬用になると信じられていたり、イエメン北部などではジャンビーヤ短剣)の柄に用いられる角目的の乱獲により、生息数激減した1975年ワシントン条約発効時にはワシントン条約附属書II掲載され1977年にはサイ科単位ワシントン条約附属書I掲載されている。1960年生息数100,000頭と推定されていたが、1960年代から1995年にかけて生息数が約98 %減少した1996年における生息数は、2,408頭と推定されている。地域別ではジンバブエ1980年代における生息数は1,400 - 1,754頭、1990年における生息数は1,700頭、1993年における生息数381頭、1996年における生息数315頭と推定されている。タンザニアでの1980 - 1984年における生息数は3,130 - 3,795頭、1996年における生息数32頭と推定されている。 国際サイ基金によると、クロサイ生息数徐々に回復しつつあり、2003年には3610頭、2007年には4180頭、2013年には5055頭,2018年には5630頭となっている。しかし、上記通り依然としてサイ密猟横行しており、現在も決し楽観できる状況ではない[要出典]。 D. b. bicornis 2010年における基亜種生息数は1,920頭。 VULNERABLE (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001)) D. b. longipes 2006年以降確認例がなく、絶滅した考えられている。 EXTINCT (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001)) D. b. michaeli、D. b. minor 2010年における亜種D. b. michaeliの生息数740頭、亜種D. b. minor生息数は2,220頭。 CRITICALLY ENDANGERED (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001)) 日本では2020年時点日本ではさい科(サイ科単位特定動物指定されており、2019年6月には愛玩目的での飼育が禁止された(2020年6月施行)。2005年時点で、240頭(亜種D. b. michaeli171頭、亜種D. b. minor69頭)が飼育されていた。世界中動物園等の飼育施設では、飼育下での繁殖によって個体数増やす努力続けられている[要出典]。

※この「人間との関係」の解説は、「クロサイ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「クロサイ」の記事については、「クロサイ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/16 01:47 UTC 版)

エロンガータリクガメ」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では食用とされることもある。 開発による生息地破壊食用ペット用乱獲などにより生息数激減している。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。主にマレーシア産の野生個体流通するが、生息数の減少に伴い流通量減少している。飼育下繁殖例もあり、飼育下繁殖個体流通することもある。野生個体が多いため体内寄生虫を持つ可能性が高いため、輸入直後個体はやや高温適切な湿度維持した環境飼育し駆虫を行うことが薦められる。極度乾燥弱く乾燥させる床材シェルター潜り不活発になるため、全身が浸かれる容器湿った床材敷いたシェルターなどを設置する極度高湿度でも雑菌繁殖し体調崩しやすくなるため注意が必要。餌として葉野菜果実キノコなどを与える。

※この「人間との関係」の解説は、「エロンガータリクガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「エロンガータリクガメ」の記事については、「エロンガータリクガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 16:11 UTC 版)

ターポン」の記事における「人間との関係」の解説

肉に毒などはなく食べられる小骨がやたらと多い上にのような血の臭みがあり、食用には適さないとされていて水産的な利用も殆どされていない概して巨大であり家庭用まな板乗りきらないことや身の自己消化作用強く釣り場から家庭に届くまでの死後数時間トロトロに身が崩れてしまい三枚おろしすらままならず食味不評原因たる小骨処理や血抜き処理自体出来なくなることが余計にターポン不味い釣魚という評価拍車をかけているが、下処理出来たものは十分に賞味できるターポンは別名「シルバー・キングSilver King)」の名で知られその大きさ手軽な生息地だけでなく、かかった時の抵抗強さなどのために、生息地域釣り人の間では海水域で最もすばらしゲームフィッシュGameFishスポーツフィッシング対象魚)の一つと見なされており、日本からも、多く釣り人ターポン釣り目的として南米などの生息地訪れている。 夜間ダイバー潜水していると、光に引き寄せられ集まった小魚などを狙ってターポンが急接近し、その体の大きさもあってダイバー驚かせることもある。 大型肉食魚だが、意図的に人間を襲うことはなく、人が被害受けたという例はない。 だが、ニカラグアの川周辺は200kg-300kgの超巨大なターポン存在するというが信憑性定かではない。その超巨大ターポンは、とても凶暴と言われており、漁師死亡事故も度々報告されている。主に死亡原因突進して頭突き食らわせるというようなものである

※この「人間との関係」の解説は、「ターポン」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ターポン」の記事については、「ターポン」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 20:27 UTC 版)

カンムリクマタカ」の記事における「人間との関係」の解説

ザンビア登校中の7才の少年カンムリクマタカ襲われる事件起きた少年は、頭や胸に深い傷を受けた

※この「人間との関係」の解説は、「カンムリクマタカ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「カンムリクマタカ」の記事については、「カンムリクマタカ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 02:14 UTC 版)

イトマキエイ」の記事における「人間との関係」の解説

食用されたり皮革利用されることもある。板が漢方薬になると信じられていることもある。 食用薬用目的漁業漁業による混獲などにより、生息数減少している。沿岸開発による幼魚成育場所の破壊海洋汚染原油流出船舶との衝突気候変動などによる影響懸念されている。2017年イトマキエイ単位で、ワシントン条約附属書II掲載されている。

※この「人間との関係」の解説は、「イトマキエイ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「イトマキエイ」の記事については、「イトマキエイ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/28 07:11 UTC 版)

ニュージーランドアシカ」の記事における「人間との関係」の解説

毛皮や油目的乱獲などにより生息数激減した1970年代における生息数は3000-4000頭と推定されている。 現在、南島などに棲息しているのは亜南極諸島からの移住個体の子孫であり、遺伝的に異なる本来のアシカ北島南島チャタム諸島 などでマオリ族狩猟によって絶滅した。同じ理由絶滅したワイタハペンギンも、後に亜南極諸島から移住したキンメペンギンによってニッチ再現された。

※この「人間との関係」の解説は、「ニュージーランドアシカ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ニュージーランドアシカ」の記事については、「ニュージーランドアシカ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 02:04 UTC 版)

マルミミゾウ」の記事における「人間との関係」の解説

象牙目的狩猟人口増加に伴う農地開発などによる生息地破壊などにより、生息数激減している。 日本では2021年時点でぞう科(ゾウ科単位特定動物指定され2019年6月には愛玩目的での飼育が禁止された(2020年6月施行)。 人間慣れないアフリカゾウ違いある程度人間慣れるため、北アフリカでは家畜化(主に戦象として使用)された時代もあった。

※この「人間との関係」の解説は、「マルミミゾウ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「マルミミゾウ」の記事については、「マルミミゾウ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 07:25 UTC 版)

ベイラ (動物)」の記事における「人間との関係」の解説

開発による生息地破壊旱魃狩猟家畜との競合などにより生息数減少している。

※この「人間との関係」の解説は、「ベイラ (動物)」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ベイラ (動物)」の記事については、「ベイラ (動物)」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/07 22:24 UTC 版)

ハナガメ」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では食用とされることもある。 生息地破壊食用乱獲などにより生息数激減している。2005年中華人民共和国ワシントン条約附属書III掲載したペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されていた。主に幼体流通していた。ワシントン条約掲載されたため流通量減少したが、日本国内での飼育繁殖個体流通していた。水場広く取ったアクアテラリウム飼育される日本では寒冷地除いて成体なら屋外越冬可能なため、屋外の池で飼育されることもあった。幼体低温水質悪化弱く真菌による皮膚病にかかりやす傾向がある。そのため流木レンガ市販水棲カメ専用プラスチック製浮島等で体を乾かすための陸地用意し日光浴をさせたり屋内飼育する場合局所的にに強い暖房器具等で皮膚甲羅を乾かすことのできる環境作る必要がある。飼育下では配合飼料にも餌付く一方でメス成体動物質の餌を与えすぎると肥満突然死原因となるため、成長に伴い植物質の餌を多く与えるようにする。日本では2016年10月特定外来生物指定(クサガメ・ニホンイシガメ・ミナミイシガメとの種間雑種も含む)され、飼養保管運搬放出輸入などが規制された。

※この「人間との関係」の解説は、「ハナガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ハナガメ」の記事については、「ハナガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/07 22:26 UTC 版)

ミナミイシガメ」の記事における「人間との関係」の解説

亜種ヤエヤマイシガメ亜種小名kamiは、八重山諸島方言で「カメ」の意。 中華人民共和国では食用薬用とされることもある。 道路建設宅地開発農地開発護岸工事による生息地破壊生活排水による水質汚染食用薬用ペット用乱獲などにより生息数激減している。2003年ワシントン条約附属書II掲載された。 M. m. kami ヤエヤマイシガメ 絶滅危惧II類 (VU)(環境省レッドリスト近畿地方個体群は1920 - 1930年代台湾から移入され記録があること、形態類似することから台湾産の個体由来する可能性が高いとされる各地逃亡遺棄されたと思われる亜種ヤエヤマイシガメ発見例があり、在来種との交雑による遺伝子汚染懸念されている。移入個体群である可能性は高いものの1983年京都市では天然記念物指定され採集・飼育は厳しく制限されている。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。主に亜種ヤエヤマイシガメ野生個体流通する。基亜種流通少なく滋賀県産の野生個体流通することもあるが、ワシントン条約附属書II掲載されてからは輸入がほぼ停止したため飼育下繁殖個体少数流通する水場広く取ったアクアリウム飼育される野生では夜行性だが、飼育下では昼間にも活動する餌付きやすい個体多く、飼育下では配合飼料にも餌付く産卵数少ないが、飼育下繁殖例も少なくない協調性悪く個体噛みついたり、特にオス雌雄他種問わず強引に交尾を迫るため基本的に単独飼育する

※この「人間との関係」の解説は、「ミナミイシガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ミナミイシガメ」の記事については、「ミナミイシガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 06:49 UTC 版)

シュバシコウ」の記事における「人間との関係」の解説

分布が非常に広く生息数も多いと考えられており、2016年時点では絶滅のおそれは低いと考えられている。一部地域では生息数減少しているものの、2016年時点では種全体として生息数増加傾向にあると考えられている。一方で湿原開発河川改修ダム建設汲み上げなどによる生息地破壊干ばつ砂漠化農薬使用による獲物減少農薬食肉類用の毒餌による中毒狩猟送電線との衝突死などによる影響懸念されている。 日本では1964年大阪市天王寺動物園が、初めて飼育下繁殖成功した縁起が良いとして危害加えられないため、人をそれほど恐れないリトアニア国鳥である。

※この「人間との関係」の解説は、「シュバシコウ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「シュバシコウ」の記事については、「シュバシコウ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 15:45 UTC 版)

フンボルトペンギン」の記事における「人間との関係」の解説

グアノ採掘による産卵地の破壊漁業による食物競合混獲、卵も含む食用漁業の餌用の狩猟などにより生息数減少している。エルニーニョ繁殖地での人間による攪乱や巣の踏み付け人為的に移入されイヌ(雛はクマネズミ・ドブネズミも)による捕食原油流出などによる影響懸念され生息数減少したことでクルペオギツネカモメ類・コンドル類といった在来種捕食脅威となっている。1982年以前生息数16,000 - 20,000羽、1987年における生息数10,000羽と推定されている。一方で2003年におけるチリのチャニャラール島の生息数成鳥22,000羽・未成熟個体117羽・雛3,600羽という報告例があり、生息数減少していることは確かであるが繁殖協調性がないため生息数把握することが困難とされている。1981年に、ワシントン条約附属書I掲載されている。 本来の生息地である南米では、産卵場の環境破壊、餌の乱獲など人為的影響エルニーニョなどにより個体数の減少している。 日本では1915年初め恩賜上野動物園寄贈され個体飼育され、これは日本国内ではペンギン目全体としても初の飼育例とされる第二次世界大戦以前ペンギン目に関する飼育記録限られるが、本種の飼育繁殖には成功していたとされる第二次世界大戦以降では1953年東山動物園が飼育下繁殖成功したとされる日本では1996年現在、70施設で1,162羽(ペンギン目全体での飼育個体数は約2,400羽)が飼育されている。 野生種2005年には約1万羽にまで減少したとされる国際自然保護連合 (IUCN) のレッドリスト絶滅危機増大している「危急」 (VU - Vulnerable) に指定されている。またワシントン条約付属書Iに指定されており、取引厳しく制限されている。 フンボルトペンギンは、南アメリカ沿岸地域温帯生息しており、日本の気候飼育しやすいため、水族館動物園見かけることが多い。日本でもっとも飼育頭数の多いペンギンであり、飼育頭数70上の施設1600羽を超えているといわれ、日本での飼育頭数が全生息数の約1割を占める。この数は世界的にみても大きな数である。飼育しやすい日本の気候加え孵卵器で雛を孵す技術病気の治療法確立させ、順調に繁殖させてきた背景がある。 絶滅危惧種である一方で日本動物園では増えすぎが問題となっている。そのため、現在は産卵された卵の9割を石膏紙粘土などで作った擬卵すりかえ繁殖抑制する事態になっているという。もっとも、他の国々では飼育しにくいペンギンであるといわれ、日本様に大量に増えて飼われている国の方が珍しい。このような経緯で、2006年現在ではチリの飼育担当者来日して研修受けたりチリ孵卵器送ったり、など、日本繁殖技術南米移植する動き出ている。

※この「人間との関係」の解説は、「フンボルトペンギン」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「フンボルトペンギン」の記事については、「フンボルトペンギン」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 14:27 UTC 版)

キンシコウ」の記事における「人間との関係」の解説

中国名金絲猴体毛コートなどに利用され、肉や骨が薬用になると信じられている。 農地開発による生息地破壊密猟観光による撹乱などにより生息数減少している。1975年ワシントン条約発効時にはワシントン条約附属書II1977年からは霊長目単位ワシントン条約附属書II)、1985年シシバナザル単位ワシントン条約附属書I掲載されている。 日本ではリノピテクス属(シシバナザル属)単位特定動物指定されている。日本では神戸市立王子動物園初めて(中華人民共和国外でも初めて)飼育下繁殖成功し東山動植物園金沢動物園ズーラシア熊本市動植物園2018年10月現在、日本唯一飼育)でも繁殖成功例がある。

※この「人間との関係」の解説は、「キンシコウ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「キンシコウ」の記事については、「キンシコウ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 03:38 UTC 版)

エジプトリクガメ」の記事における「人間との関係」の解説

灌漑事業過放牧による生息地破壊ペット用乱獲などにより生息数激減している。1975年ワシントン条約発効時にはチチュウカイリクガメ属単位で、1977年にはリクガメ科単位ワシントン条約附属書II掲載されていた。1995年ワシントン条約附属書I掲載された。IUCNレッドリストでは、2003年時点で本種にウェルナーリクガメを含めていない判定がされている。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されていた。1980年代からエジプト産の個体安価大量に流通していた。

※この「人間との関係」の解説は、「エジプトリクガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「エジプトリクガメ」の記事については、「エジプトリクガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 23:00 UTC 版)

ツノゼミ科」の記事における「人間との関係」の解説

ほとんどの種は人間に対して無害であるが、ムラサキウマゴヤシ食害する Spissistilus festinus や、リンゴなどの果樹を主に食害するStictocephala bisonia などは、害虫として知られている。また、Oxyrachis tarandusという種が、ハーブとして利用されるアシュワガンダ (Withania somnifera) を利用していることが、2011年インド発見された。

※この「人間との関係」の解説は、「ツノゼミ科」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ツノゼミ科」の記事については、「ツノゼミ科」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 02:11 UTC 版)

カスミサンショウウオ」の記事における「人間との関係」の解説

森林伐採道路砂防ダム建設による生息地破壊ペット用乱獲などにより生息数減少している。 絶滅危惧II類 (VU)(環境省レッドリスト

※この「人間との関係」の解説は、「カスミサンショウウオ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「カスミサンショウウオ」の記事については、「カスミサンショウウオ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/28 07:18 UTC 版)

クロウチワキジ」の記事における「人間との関係」の解説

生息地自然保護区指定されている地域もあるため、生息数少数ながら安定していると考えられている。しかし開発による生息地破壊による生息数の減少懸念されている。

※この「人間との関係」の解説は、「クロウチワキジ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「クロウチワキジ」の記事については、「クロウチワキジ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 02:18 UTC 版)

アマミハナサキガエル」の記事における「人間との関係」の解説

開発による生息地破壊水質汚染などにより、生息数減少している。 絶滅危惧II類 (VU)(環境省レッドリスト鹿児島県では指定天然記念物となっている。

※この「人間との関係」の解説は、「アマミハナサキガエル」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「アマミハナサキガエル」の記事については、「アマミハナサキガエル」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 09:03 UTC 版)

ベッコウサンショウウオ」の記事における「人間との関係」の解説

森林伐採およびそれに伴う土砂渓流への流出採取水力発電による渇水林道建設植林などによる生息地破壊などにより生息数減少している。食用ペット用採集懸念されている。熊本県天然記念物鹿児島県および宮崎県指定希少野生動植物指定されている。 絶滅危惧II類 (VU)(環境省レッドリスト

※この「人間との関係」の解説は、「ベッコウサンショウウオ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ベッコウサンショウウオ」の記事については、「ベッコウサンショウウオ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/18 23:42 UTC 版)

クールトビヤモリ」の記事における「人間との関係」の解説

ペット用として流通することもあり、日本にも安価大量に輸入されているため、入手は容易である。主に野生個体流通する入荷時の状態が悪く、立ち直らずに死ぬ個体が多いため、購入の際は壁面しっかりと張り付いている個体選択する一度状態が落ち着けば飼育は難しくなく、物陰などに隠れることもあまりない

※この「人間との関係」の解説は、「クールトビヤモリ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「クールトビヤモリ」の記事については、「クールトビヤモリ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 00:41 UTC 版)

ヒレアシ科」の記事における「人間との関係」の解説

開発による生息地破壊などにより生息数減少している種もいる。

※この「人間との関係」の解説は、「ヒレアシ科」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ヒレアシ科」の記事については、「ヒレアシ科」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 07:53 UTC 版)

トキ科」の記事における「人間との関係」の解説

開発による生息地破壊農薬使用狩猟害鳥としての駆除などにより生息数減少している種もいる。

※この「人間との関係」の解説は、「トキ科」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「トキ科」の記事については、「トキ科」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 07:53 UTC 版)

ヒバリ」の記事における「人間との関係」の解説

大伴家持万葉集で『うらうら照れる春日雲雀上がり心悲し独りし思へば』と詠っている。松尾芭蕉永き日囀り足らぬひばりかな)や与謝蕪村などの句で、のどかな日本田園風景春の風物詩として多数詠われており、春の季語ともなっている。囀り日本語置き換えた表現聞きなし)として「日一分、日一分、利取る、利取る、月二朱、月二朱」というものがあり、この聞きなし飛翔しながら囀る生態から太陽金貸しをしているという民話もある。春季縄張り主張するために鳴き声挙げることから春の風物詩とされることもあり、本種をモチーフにした詩(例としてパーシー・ビッシュ・シェリーの「ひばりに寄せて」)などもある。イギリスレイフ・ヴォーン・ウィリアムズ作曲したヴァイオリンによるヒバリさえずり模擬した『揚げひばり』の楽曲がある。またハイドン弦楽四重奏曲67番は、第1楽章冒頭旋律ヒバリさえずり似て聞こえるため『ひばり』の名で呼ばれるようになった日本では飼い慣らしたヒバリ放ち、そのさえずりと高さを競わせる揚げ雲雀」と呼ばれる遊びがあった。現在は鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律によりヒバリ愛玩目的の飼育は認められていない近年世界的に減少傾向にあり、ヨーロッパでは春播き小麦から秋播き小麦への転換草丈高くなることによる生息適地減少年間繁殖回数減少、また農耕大規模化にともなう環境均質化原因として考えられている。日本の東京では、畑地面積大きく減少しており、畑地小面積化も進んでいる。作付け作物ヒバリにとっての生息適地となる麦から野菜へと変化しており、このような畑地減少質的な変化ヒバリ減少大きく影響していると考えられている。

※この「人間との関係」の解説は、「ヒバリ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ヒバリ」の記事については、「ヒバリ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/18 06:38 UTC 版)

カンムリカイツブリ」の記事における「人間との関係」の解説

イギリスでは19世紀帽子羽根飾りや、皮ごと手を暖めるマフ (Muff) にするため大量に捕獲され激減したことがある兵庫県西宮市回収されカンムリカイツブリから、2011年平成23年3月2日高病原性鳥インフルエンザウイルス・強毒タイプ確認された。

※この「人間との関係」の解説は、「カンムリカイツブリ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「カンムリカイツブリ」の記事については、「カンムリカイツブリ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/15 16:05 UTC 版)

ニホンウサギコウモリ」の記事における「人間との関係」の解説

営巣木の減少に伴う影響懸念されている。近畿地方以西愛媛県岡山県徳島県奈良県三重県・和歌山県といった地域では報告例限られている上に分布域分断されていて、地域個体群絶滅懸念されている。 絶滅のおそれのある地域個体群環境省レッドリスト2002年平成14年3月に『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 -レッドデータブック- 1 哺乳類』が作成された際には絶滅危惧II類(VUであったが、2007年平成19年8月3日発表されレッドリスト2007年版)では、生息確認地点数の増加広範囲での分布確認理由に、ランク外とされた。

※この「人間との関係」の解説は、「ニホンウサギコウモリ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ニホンウサギコウモリ」の記事については、「ニホンウサギコウモリ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/16 14:51 UTC 版)

アブラヨタカ」の記事における「人間との関係」の解説

雛は成鳥よりも体重重く太っており、原住民は雛を捕らえて煮詰めて油を絞り照明用や調理用利用していた。このことが英名Oilbird由来である。現在では多く生息地保護されており、この習慣はほとんど見られなくなった生息数は多いものの、生息地環境破壊影響懸念されている。

※この「人間との関係」の解説は、「アブラヨタカ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「アブラヨタカ」の記事については、「アブラヨタカ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/16 14:09 UTC 版)

ウサギコウモリ」の記事における「人間との関係」の解説

2020年時点では、種として絶滅のおそれは低いと考えられている。一方で森林伐採による営巣木の減少、ねぐらとしている人工建造物改修工事による営巣地破壊閉鎖農業林業による獲物減少交通事故などによる影響懸念されている。

※この「人間との関係」の解説は、「ウサギコウモリ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ウサギコウモリ」の記事については、「ウサギコウモリ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/28 07:19 UTC 版)

ミミキジ」の記事における「人間との関係」の解説

卵が食用とされることもある。 開発による生息地破壊食用乱獲などにより生息数減少している。

※この「人間との関係」の解説は、「ミミキジ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ミミキジ」の記事については、「ミミキジ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/16 22:31 UTC 版)

ヤマノカミ」の記事における「人間との関係」の解説

日本では特に利用しないが、中国では食用とされる小説『三国志演義』登場する松江鱸魚」(スンジャンルユイ)は本種のことで、高級食材1つにも挙げられている。 古くから「松江鱸魚」,「四」として詩文などにもうたわれて有名である。

※この「人間との関係」の解説は、「ヤマノカミ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ヤマノカミ」の記事については、「ヤマノカミ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/17 05:01 UTC 版)

ヒョウモンガメ」の記事における「人間との関係」の解説

放牧農地開発による生息地破壊野焼き干ばつによる乾燥化土壌塩類蓄積食用ペット用採集などにより生息数減少している。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。2000年代アフリカから飼育下繁殖個体養殖個体(卵を採集し飼育下で孵化させる)の流通量増加し2006年以降アフリカウガンダザンビアタンザニア南アフリカ共和国モザンビークなど)やエルサルバドルから主に飼育下繁殖個体養殖個体輸入されている。飼育下でも甲長40センチメートル以上に達す大型種のため、極めて大型ケージおよびそのケージ内の温度維持する保温器具など用意できない限り一般家庭での飼育には向かない

※この「人間との関係」の解説は、「ヒョウモンガメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ヒョウモンガメ」の記事については、「ヒョウモンガメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/17 04:54 UTC 版)

オジロヌー」の記事における「人間との関係」の解説

家畜との競合などにより生息数激減し野生個体20世紀前半絶滅した。しかしレソト西部などの農場にいた個体保護され生息数増加傾向にある。

※この「人間との関係」の解説は、「オジロヌー」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「オジロヌー」の記事については、「オジロヌー」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/17 04:54 UTC 版)

オニプレートトカゲ」の記事における「人間との関係」の解説

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。ほぼ野生個体のみが安価流通し流通量も多い。性格大人しく大型化しない等の理由からトカゲ飼育の入門種として紹介されることもある。テラリウム飼育される。餌としてコオロギやジャイアントミルワーム、ピンクマウス果実野菜等を与える。飼育下では雑食トカゲ用の人工飼料等にも餌付く。餌に対してカルシウム剤等のサプリメント振りかけ栄養価上げる。飼育下での繁殖例はあるものの、繁殖方法未だ確立していない。

※この「人間との関係」の解説は、「オニプレートトカゲ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「オニプレートトカゲ」の記事については、「オニプレートトカゲ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/14 00:01 UTC 版)

ワモンベニヘビ」の記事における「人間との関係」の解説

イワサキワモンベニヘビは個体数極端に少なく、タイワンワモンベニヘビも稀産種であるが大陸産種は概して普通種で、それゆえIUCNによる位置づけがされていない。イワサキワモンベニヘビの原産地である石垣島西表島にはフニンダマハブの地方名がある。なお和名のイワサキ学名亜種名 iwasakii は発見者である気象技師岩崎卓爾にちなんでいる。 コブラ科であるため日本では特定動物指定されているが、イワサキワモンベニヘビに限っていえばこれまで被害例はない。そもそもイワサキワモンベニヘビは、外敵襲われても尾端相手突き立て威嚇する(これは口が小さく上手く噛むことのできない同属ハイヒャンも行う)だけで咬むことはなく、ゆえに咬まれ記録からして皆無である。 また上述したようにこれまで発見されたイワサキワモンベニヘビは概して小型毒性それほど強くはなく、口も小さいため物理的に人を咬むのは難しいとされており、ゆえに危険視されていない。ただし東南アジア分布する種の毒性はかなり強くタイでは咬傷による死者出ている。であるが、海外でも咬まれ記録は稀である。 この項目は、動物関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(Portal:生き物と自然/プロジェクト:生物)。

※この「人間との関係」の解説は、「ワモンベニヘビ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ワモンベニヘビ」の記事については、「ワモンベニヘビ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 23:45 UTC 版)

アマゾンカワイルカ」の記事における「人間との関係」の解説

網にかかった魚類を奪うこともある。 ダム建設による生息地分断化、金採掘による水銀中毒漁業による混獲爆発物による漁法誘き寄せるための殺害害獣としての駆除などによる影響懸念されている。1979年鯨目現在のCetacea下目単位ワシントン条約附属書II掲載されている。 アマゾンカワイルカは、多くカワイルカ絶滅危機瀕している中において最も安定して生息している種である。とはいえIUCNレッドリスト1994年平成6年)版、2000年平成12年)版、2006年平成18年)版)では、「脆弱」 (VU:Vulnerable) に分類されている。ヨウスコウカワイルカインドカワイルカ生息域急速に縮小してしまったのとは対照的に生息域長期間渡って比較安定している。したがって2008年平成20年)版ではDDに分類されている。生息域熱帯雨林であり、近づきいために完全な調査行われてはいないが、全生息数数万頭であると見積もられている。このうちI. boliviensisの個体数は属内でもっとも多く25,000頭以上が生息しているとみられている。 直接的に漁(捕鯨)の対象となったことはないが、漁師漁具保護する目的で時々殺すことがあったことは知られている。ただし、この行為が群としてのアマゾンカワイルカ生息を脅かすほどの影響あったかどうかは明確ではない。また、1988年昭和63年以降ブラジルボリビア全域ペルーベネズエラコロンビア保護区において、この行為法律的に禁止されている。

※この「人間との関係」の解説は、「アマゾンカワイルカ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「アマゾンカワイルカ」の記事については、「アマゾンカワイルカ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/14 04:49 UTC 版)

ウミガメ科」の記事における「人間との関係」の解説

卵も含めて食用とされることもある。 漁業による混獲海洋汚染食用や皮、鼈甲目的乱獲等により生息数激減している。科単位ワシントン条約附属書I掲載され商業目的での国際取引禁止されている。各国保護活動進められているものの、生態の不理解(例を挙げると卵を掘り出した際に上下変える発生停止する孵化した幼体昼間放流する天敵捕食される可能性高くなる等)から問題もある。 日本においても、アカウミガメ・アオウミガメ・タイマイの3種生息するが、埋め立て護岸工事による砂浜破壊により産卵地がほとんど消滅しており、近い将来絶滅予想される

※この「人間との関係」の解説は、「ウミガメ科」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ウミガメ科」の記事については、「ウミガメ科」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 05:34 UTC 版)

グリーンバシリスク」の記事における「人間との関係」の解説

同属他種違い目立つ体色のためか、TV等で単にバシリスク紹介されるのは本種であることが多い。ペット用として流通されることがあり、日本にも輸入されている。主に繁殖個体流通する。属内ではノギハラバシリスクと共に流通量多く他種異な体色知名度もあるため人気が高い。飼育され個体はあまり帆びれが発達しないとされる。 驚くとケージ内を走り回り吻端を潰してしまうため、飼育には広いケージ落ち着いた環境が必要。幼体から飼育すれば人や環境慣れることもあるが、場合によってはケージ暗幕で覆う等の対処をして外部から刺激受けないようにする。また水辺高温多湿環境を好むため全身浸かる事の出来容器や、ケージ全体保温する設備必要になる

※この「人間との関係」の解説は、「グリーンバシリスク」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「グリーンバシリスク」の記事については、「グリーンバシリスク」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/16 16:38 UTC 版)

アゴヒゲアザラシ」の記事における「人間との関係」の解説

20世紀初頭オホーツク海には23生息していたといわれるが、ソ連捕獲し減少した。獲頭数規制設けた結果1980年代初めに19頭にまで回復したとしている。 2002年東京都多摩川オスアゴヒゲアザラシ出没しタマちゃん名付けられブーム起こったまた、2005年11月頃から徳島県那賀郡那賀川町(現・阿南市)の那賀川アゴヒゲアザラシナカちゃん現れブームになるも2006年8月末に中州死んでいるのが見つかった日本では、「日本動物」として海洋堂食玩チョコQフィギュア商品化された。

※この「人間との関係」の解説は、「アゴヒゲアザラシ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「アゴヒゲアザラシ」の記事については、「アゴヒゲアザラシ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/20 04:54 UTC 版)

チュウサギ」の記事における「人間との関係」の解説

上記のように BirdLife International およびそれを出典としたIUCNレッドデータでは亜種全て独立種として扱っているため、分類表内の判定および後述内容本項採用した分類では基亜種対す内容となる。生息数減少傾向にあるが、分布が非常に広いため絶滅のおそれは低いと考えられている。世界的に安定している。 日本 E. i. intermedia チュウサギ 環境省レッドリスト採用している分類にあわせる以前日本でのサギ類のコロニー優占種だったが1970年代以降減少した減反政策による獲物減少農薬による汚染営巣木の伐採などが影響した考えられている。1991 - 1992年調査では秋田県以南25都道府県109か所のコロニーで2,569羽(サギ全体の9.9 %)が確認されている。日本でも過去多数繁殖。しかし繁殖適地減少田畑での農薬使用に伴う捕食対象減少などにより、渡来数が漸減した。観察数は1970年代コサギ逆転した準絶滅危惧NT)(環境省レッドリスト

※この「人間との関係」の解説は、「チュウサギ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「チュウサギ」の記事については、「チュウサギ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 18:26 UTC 版)

スンダオオコウモリ属」の記事における「人間との関係」の解説

森林伐採による生息地破壊などにより、生息数減少している種もいる。

※この「人間との関係」の解説は、「スンダオオコウモリ属」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「スンダオオコウモリ属」の記事については、「スンダオオコウモリ属」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/28 06:22 UTC 版)

カンムリキツネザル」の記事における「人間との関係」の解説

生息地では食用とされる事もある。 開発放牧による生息地破壊食用狩猟などにより生息数減少している。

※この「人間との関係」の解説は、「カンムリキツネザル」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「カンムリキツネザル」の記事については、「カンムリキツネザル」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 09:55 UTC 版)

ニセタカサゴ」の記事における「人間との関係」の解説

世界的に漁業上、重要な漁獲対象とならない。ただし沖縄県ではタカサゴ合わせてグルクン」と呼ばれ漁獲対象として重視される。アギヤーと呼ばれる袋網魚群追い込む伝統的な漁法のほか、釣り旋網定置網でも獲れる1年中漁獲できるが、旬は産卵期の春から夏である。 沖縄県では小麦粉付けて丸ごと揚げ食べるのが一般的で、鮮度良ければ刺身にもできる。塩焼き煮付けムニエルなどにも使う。 国際自然保護連合IUCN)のレッドリスト記載はない。

※この「人間との関係」の解説は、「ニセタカサゴ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「ニセタカサゴ」の記事については、「ニセタカサゴ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 16:29 UTC 版)

オオワニザメ」の記事における「人間との関係」の解説

本種を対象とした漁業はないと考えられているものの、深海漁業拡大に伴う混獲による影響懸念されている。2年ごとに2匹稚魚を産むと考えられ出産間隔長く産仔数が少ないと考えられていることから生息数減少する回復するのも困難だ考えられている。 情報不足(DD)(環境省レッドリスト)。

※この「人間との関係」の解説は、「オオワニザメ」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「オオワニザメ」の記事については、「オオワニザメ」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 15:49 UTC 版)

オーブリーフタスッポン」の記事における「人間との関係」の解説

卵も含めた食用狩猟・採集により生息数減少しペット用採集による影響懸念されている。2017年に、ワシントン条約附属書II掲載された。 ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。日本には2003年輸入されたのが初めての例とされ、2014年時点では主にコンゴ共和国から野生個体流通する。飼育には保温がいきとどき、豊富な水量のあるアクアリウムが必要とされる

※この「人間との関係」の解説は、「オーブリーフタスッポン」の解説の一部です。
「人間との関係」を含む「オーブリーフタスッポン」の記事については、「オーブリーフタスッポン」の概要を参照ください。


人間との関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 15:25 UTC 版)

アカズボンインコ」の記事における「人間との関係」の解説

主にクマネズミによる捕食により生息数減少した考えられ森林伐採道路建設ネズミ類の侵入