認知件数とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 認知件数の意味・解説 

認知件数


認知件数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/02 06:28 UTC 版)

認知件数とは、警察等捜査機関によって犯罪の発生が認知[1]された件数をいう。認知件数と実際の発生件数は一致しないことが多いが(その差を暗数という。)、 公的に認知された発生件数という意味において、認知件数は単に発生件数ともいう(昭和56年版「犯罪白書」)。


  1. ^ 犯罪統計細則(昭和46年10月6日警察庁訓令第16号 平成26年5月改正) (PDF) 2条4号に「認知」の定義がある。
    (「(4)認知 犯罪について、被害の届出若しくは告訴・告発を受理し、犯罪捜査規範(昭和32年国家公安委員会規則第2号)第69条第1項若しくは第78条第1項による事件の移送(以下「事件の移送」という。)を受け、又はその他の端緒によりその発生を確認することをいう。ただし、事件を移送する場合を除く。」)
  2. ^ a b 浜井浩一著「犯罪統計入門」P15
  3. ^ “記者の目 刑法犯認知全国1位の大阪 「不良債権」の清算で急増”. 毎日新聞. (2002年2月22日). http://web.archive.org/web/20040217001719/http://www.mainichi.co.jp/eye/kishanome/200202/22.html 
  4. ^ 桶川ストーカー殺人事件
  5. ^ 栃木リンチ殺人事件
  6. ^ “殺人:警視庁の「捜査怠慢」訴訟 都の敗訴確定 - 毎日jp(毎日新聞)”. 毎日新聞. (2011年6月2日). http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110602k0000e040042000c.html 
  7. ^ “女性死亡で警視庁の敗訴確定 最高裁、上告を退ける社会(TOKYO Web)”. 東京新聞. (2011年6月2日). http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011060201000291.html 
  8. ^ “東京地裁「怠慢捜査で死亡」認定 警視庁を批判、請求通り2千万円 - 47NEWS”. 47NEWS. (2011年6月2日). http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008110701000573.html 
  9. ^ 宝島社別冊宝島」『全国警察力ランキング』p.2
  10. ^ 宝島社別冊宝島」『全国警察力ランキング』p.19
  11. ^ 当直中の事件、10件超なら強制残業…厚木署YOMIURI ONLINE読売新聞
  12. ^ 「当直中の事件が10件超だと「残業」 神奈川県警厚木署」(イザ!)
  13. ^ 当直中の事件認知10件超えたら「残業」、厚木署が課す-神奈川県警神奈川新聞社
  14. ^ 警察庁:09年分の交通事故統計を訂正 佐賀県警未計上で毎日jp毎日新聞
  15. ^ 佐賀県警:人身交通事故1033件隠蔽 歴代部長が指示毎日jp毎日新聞
  16. ^ 佐賀県警:謝罪や反省の言葉なく 人身交通事故隠蔽毎日jp毎日新聞
  17. ^ 人身事故少なく処理、佐賀県警交通部ぐるみYOMIURI ONLINE読売新聞
  18. ^ 佐賀県警が交通事故件数を過少計上 元交通部長が指示、警察庁が統計を訂正MSN産経ニュース産経新聞


「認知件数」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「認知件数」の関連用語

認知件数のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



認知件数のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの認知件数 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS