桶川ストーカー殺人事件とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 事件・事故 > 事件・事故 > 平成時代の殺人事件 > 桶川ストーカー殺人事件の意味・解説 

桶川ストーカー殺人事件

読み方:おけがわストーカーさつじんじけん

埼玉県桶川市1999年に起きたストーカーによる殺人事件。「桶川女子大生ストーカー殺人事件」とも言う。ストーカーという存在認知度高め契機となった事件一つであると共にストーカー被害訴え続けていた被害者にまともな対応をとらなかった警察への非難集中した。主犯には、2006年最高裁無期懲役判決が言い渡されている。

桶川ストーカー殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/02 23:51 UTC 版)

桶川ストーカー殺人事件(おけがわストーカーさつじんじけん)とは、女子大学生が元交際相手の男を中心とする犯人グループから嫌がらせ行為を受け続けた末、1999年平成11年)10月26日埼玉県桶川市JR東日本高崎線桶川駅前で殺害された事件。警察捜査上の名称はJR桶川駅西口女子大生路上殺人事件[1]桶川事件とも呼ばれる[2]。本件の発生が契機となり、2000年に「ストーカー規制法」が制定された。


  1. ^ 鳥越・小林(2002)pp.42-43
  2. ^ a b c 『朝日新聞縮刷版』2003年2月、pp.1343
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 鳥越・小林(2002)pp.50-58
  4. ^ a b c d e f 清水(2004)pp.64-69
  5. ^ a b 清水(2004)pp.112-125
  6. ^ a b c d e 清水(2004)pp.70-76
  7. ^ a b c d 清水(2004)pp.79-88
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m 鳥越・小林(2002)pp.59-70
  9. ^ a b c d e 鳥越・小林(2002)pp.84-92
  10. ^ 鳥越・小林(2002)pp.103-109
  11. ^ 清水(2004)pp.90-95
  12. ^ a b c d 清水(2004)pp.125-137
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m 鳥越・小林(2002)pp.24-35
  14. ^ a b c d e f g h i j 鳥越・小林(2002)pp.6-17
  15. ^ a b c d e f g 鳥越・小林(2003)pp.233-234
  16. ^ a b c 鳥越・取材班(2000)pp.21-31
  17. ^ 鳥越・小林(2003)pp.128-132
  18. ^ 清水(2004)pp.303-306
  19. ^ a b c d 梓沢(2007)pp.70-76
  20. ^ a b c d e f 鳥越・取材班(2000)pp.37-47
  21. ^ 鳥越・取材班(2000)pp.88-91
  22. ^ 清水(2004)pp.35-36
  23. ^ a b c 鳥越・取材班(2000)pp.269-274
  24. ^ a b 清水(2004)pp.362-363
  25. ^ 鳥越・取材班(2000)p.109
  26. ^ 佐野(2005)pp.26-27
  27. ^ 鳥越・取材班(2000)pp.281-282
  28. ^ 清水(2004)pp.168-175
  29. ^ a b 清水(2004)pp.211-223
  30. ^ 清水(2004)pp.224-232
  31. ^ a b 清水(2004)pp.183-193
  32. ^ a b c d 清水(2004)pp.260-271
  33. ^ a b c 鳥越・取材班(2000)pp.27-37
  34. ^ 鳥越・取材班(2000)pp.47-49
  35. ^ 鳥越・取材班(2000)p.62
  36. ^ 鳥越・取材班(2000)pp.130-132
  37. ^ a b 鳥越・取材班(2000)pp.160-171
  38. ^ 鳥越・取材班(2000)pp.179-188
  39. ^ 鳥越・取材班(2000)pp.189-210
  40. ^ a b c d e f 鳥越・取材班(2000)pp.220-236
  41. ^ a b c d e f 鳥越・取材班(2000)pp.241-253
  42. ^ 鳥越・取材班(2000)pp.300-307
  43. ^ 『朝日新聞』夕刊、2000年4月6日付1面(第4版)
  44. ^ a b 清水(2004)pp.404-408
  45. ^ 日本記者クラブ賞受賞者”. 日本記者クラブ. 2016年5月1日閲覧。
  46. ^ a b 鳥越・小林(2003)pp.164-169
  47. ^ a b c d e 鳥越・小林(2003)pp.146-163
  48. ^ a b c d e f g h i 清水(2004)pp.389-403
  49. ^ 『朝日新聞縮刷版』2005年12月、p.1131
  50. ^ 『朝日新聞縮刷版』2006年9月、p.363
  51. ^ a b 鳥越・小林(2003)pp.122-123
  52. ^ 『朝日新聞縮刷版』2006年4月、p.35
  53. ^ a b c 鳥越・取材班(2000)pp.307-322
  54. ^ a b c d e 『朝日新聞縮刷版』2003年2月、pp.1400-1401
  55. ^ a b c d e 『朝日新聞縮刷版』2005年1月、p.1391
  56. ^ a b 『朝日新聞縮刷版』2006年8月、p.1501
  57. ^ 鳥越・取材班(2000)p.287
  58. ^ a b 蒲(2013)pp.203-205
  59. ^ なぜ家族まで ~検証・長崎ストーカー殺人~” (2012年1月24日). 2016年5月7日閲覧。
  60. ^ a b c 『朝日新聞縮刷版』2006年4月、p.607
  61. ^ 週刊文春2003年5月29日号『「消えない謎 桶川ストーカー事件」捜査員連続自殺の怪』
  62. ^ a b 進藤(2007)pp.406-407
  63. ^ a b 進藤(2007)pp.415-416


「桶川ストーカー殺人事件」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「桶川ストーカー殺人事件」の関連用語

桶川ストーカー殺人事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



桶川ストーカー殺人事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの桶川ストーカー殺人事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS