暴力団とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 集団 > 暴力団の意味・解説 

暴力団

原題:
製作国:日本
製作年:1963
配給:東映
スタッフ
監督:小沢茂弘 オザワシゲヒロ
脚本:村尾昭 ムラオアキラ
企画:岡田茂 オカダシゲル

矢部恒 
撮影:仲沢半次郎 ナカザワハンジロウ
音楽:小杉太一郎 コスギタイチロウ
美術:藤田博 フジタヒロシ
編集:祖田富美夫 ソダフミオ
録音:岸勇 キシイサム
スチール:遠藤努 エンドウツトム
照明:森沢淑明 モリサワトシアキ
キャスト(役名
鶴田浩二 ツルタコウジ (桜木譲)
梅宮辰夫 ウメミヤタツオ (松永英雄)
小川守 オガワマモル (弟次郎
多々良純 タタラジュン (宮部常次)
志村喬 シムラタカシ (浜本恒夫)
稲葉義男 イナバヨシオ (志村刑事
高千穂ひづる タカチホヒヅル (三沢リエ
本間千代子 ホンマチヨコ (宮田澄子
須藤健 スドウケン (父甚
春日俊二 カスガシュンジ (清次)
南廣 ミナミヒロシ (富島
金子信雄 カネコノブオ (河津
三島雅夫 ミシママサオ (三好
安藤三男 アンドウミツオ (佐川
沢彰謙  (毛利
宗方祐二 ムナカタユウジ (氷室
室田日出男 ムロタヒデオ (戸張
日尾孝司 ヒオコウジ (竜)
八名信夫 ヤナノブオ (早川
八方ゆり  (情婦
桐島好夫 キリシマヨシオ (用心棒A)
野口泉 ノグチイズミ (用心棒B)
山之内修  (ケン
三重街恒二 ミエマチコウジ (ジョージ
岡部正純 オカベマサズミ (運転手
解説
最後の顔役(1963)」の村尾昭オリジナル・シナリオを、「用心棒市場」の小沢茂弘監督したギャングもの。撮影は「陸軍残虐物語」の仲沢半次郎
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
刑期を終えた桜木舎弟分の松永宮部連れ富島賭場を襲って売上金を奪った。三人隅田川スラム街に育った男達で、ある程度の金をためてヤクザ足を洗うつもりだ。富島兄弟分河津三好共謀し、桜木刑務所へ送った男だ。桜木お礼参りに、河津三好もやられた。三好等は九州から殺し屋呼び、まず宮部を殺させた。怒った桜木は、殺し屋二人を倒した。桜木子供の時から知っている志村刑事は、桜木仕業と知る。その証拠を握るため桜木執拗に追いまわした。それを知った桜木恋人リエは、桜木と彼女の田舎北海道に行くことを進めるのだが、桜木うけつけなかった。スラム街町医者浜本も、桜木一本気性格愛しているが、彼の悪に染まってい態度に腹を立てていた。そんな頃、松永三好一味に暗殺された。松永の弟次郎少年院帰り気性が荒く、兄の仇とばかり三好を狙った。次郎桜木足手まといだったが、桜木単身三好富島を倒した。次郎はすっかり桜木に、憧れてしまった。そんな次郎をみて志村刑事は、第二桜木がまたこのスラムから生まれると心配し、浜本に相談した。これを聞いた浜本は、次郎改心させるには、桜木しかないと、彼に次郎改心させるよう頼みこんだ。しかし、桜木はてんでうけつけよとしなかった。そこへ、河津から次郎人質とした、という電話かかった桜木河津の罠の裏をかき、河津を倒して次郎を救ったが、彼も傷を負った。傷の深いことを知った桜木は、次郎のみている前で、臆病者のように死んでいった。桜木は浜本の願を最後に聞きとげていったのである

暴力団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/11 15:36 UTC 版)

暴力団(ぼうりょくだん)は、「暴力あるいは暴力的脅迫によって自己の私的な目的を達しようとする反社会的集団[1]日本を活動の中心地とし、その構成員は主に「組員、構成員、暴力団員」などと称され、映画などの娯楽作品の影響などで日本国外においても「YAKUZA」(ヤクザ)として知られている。政治団体(いわゆる右翼団体街宣右翼)や合法的な企業(いわゆる企業舎弟)などを傘下に組織することもある。




注釈

  1. ^ 2017年現在は約34万人。

出典

  1. ^ 百科事典マイペディア. “暴力団”. コトバンク. 2013年12月27日閲覧。
  2. ^ a b 溝口敦「ヤクザと暴力団員」『暴力団新潮社新潮新書〉、2011年、13頁。ISBN 978-4-10-610434-3
  3. ^ a b c 溝口敦「ヤクザと暴力団員」『暴力団新潮社新潮新書〉、2011年、14頁。ISBN 978-4-10-610434-3
  4. ^ 溝口敦「ヤクザと暴力団員」『暴力団新潮社新潮新書〉、2011年、15頁。ISBN 978-4-10-610434-3
  5. ^ a b c d e f 警察庁組織犯罪対策部組織犯罪対策企画課 (2019-03) (PDF). 平成30年における組織犯罪の情勢【確定値版】 (Report). https://www.npa.go.jp/sosikihanzai/kikakubunseki/sotaikikaku04/h30.sotaijousei.pdf 2019年3月29日閲覧。. 
  6. ^ デジタル大辞泉. “ぼうりょくだんかんけいしゃ【暴力団関係者】の意味”. goo辞書. 2013年12月27日閲覧。
  7. ^ a b “半グレを「準暴力団」と規定 警察庁 東京、大阪で暗躍か”. MSN産経ニュース. (2013年3月7日). オリジナルの2013年3月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130315001144/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130307/crm13030712150005-n1.htm 
  8. ^ 氏家幹人『サムライとヤクザ:「男」の来た道』筑摩書房〈ちくま新書〉、2007年、228-230頁。ISBN 978-4-4800-6381-6
  9. ^ 1) 暴力団”. 暴力団ミニ講座. 松江地区建設業暴力追放対策協議会. 2015年11月5日閲覧。
  10. ^ “塚本みずほ銀会長辞任、佐藤頭取は報酬半年返上”. ロイター. (2013年10月28日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE99R06B20131028 
  11. ^ a b c 週刊FLASH 2015年9月29日・10月6日号
  12. ^ Salvatore Lupo Antony Shugaar訳 (2009). History of the mafia. Columbia University Press. ISBN 978-0-2311-3134-6. [要ページ番号]
  13. ^ "貧困暴力団”が新たな脅威に". クローズアップ現代. NHK総合. 2018年5月28日放送. 2018年11月26日閲覧。
  14. ^ “「助けてください」携帯代も払えません…組離脱者の悲痛な叫び、就労支援は暴力団“弱体化”のカギ”. 産経WEST・産経新聞. (2016年4月10日). https://www.sankei.com/west/news/160410/wst1604100017-n2.html 
  15. ^ 警察庁 (2015). 平成27年警察白書 特集 組織犯罪対策の歩みと展望 第1節 組織犯罪情勢の推移 (Report). https://www.npa.go.jp/hakusyo/h27/honbun/html/rf111000.html 2018年11月26日閲覧。. 
  16. ^ 法務省 (1989). 平成元年版犯罪白書 第4編 昭和の刑事政策 第2章 犯罪の動向 第5節 暴力団犯罪の動向 5 世代交代と変動の時代(昭和50年代後半~現在) IV-18表 暴力団関係者の年齢別構成比の推移(昭和41年~62年) (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/30/nfm/n_30_2_4_2_5_5.html#H004018-1H 2018年11月29日閲覧。. 
  17. ^ 溝口敦「「暴力団関係者」って誰?」『暴力団新潮社新潮新書〉、2011年、35頁。ISBN 978-4-10-610434-3
  18. ^ 溝口敦「「暴力団関係者」って誰?」『暴力団新潮社新潮新書〉、2011年、34頁。ISBN 978-4-10-610434-3
  19. ^ 溝口敦「共生者と企業舎弟」『暴力団新潮社新潮新書〉、2011年、36頁。ISBN 978-4-10-610434-3
  20. ^ 東京都暴力団排除条例 Q&A”. 警視庁 (2016年7月4日). 2018年3月17日閲覧。
  21. ^ “暴力団の預貯金口座、59行が解約…読売調査”. 読売新聞. (2018年9月4日). オリジナルの2018年9月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20180904154004/https://www.yomiuri.co.jp/national/20180903-OYT1T50169.html 2018年9月4日閲覧。 
  22. ^ “暴力団隠し不動産の仲介契約、山口組の直系組長逮捕”. 産経WEST・産経新聞. (2016年4月27日). http://www.sankei.com/west/news/160427/wst1604270077-n1.html 2018年3月17日閲覧。 
  23. ^ “組員の身分を隠し高級外車を購入 弘道会会長専用車に 山口組系組長ら3人を詐欺容疑で逮捕”. 産経WEST・産経新聞. (2015年6月5日). オリジナルの2015年6月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150605225135/http://www.sankei.com/west/news/150605/wst1506050025-n1.html 2018年3月17日閲覧。 
  24. ^ “組員の身分隠しホテル宿泊、詐欺容疑で任侠系組員逮捕”. 産経WEST・産経新聞. (2017年10月30日). http://www.sankei.com/west/news/171030/wst1710300077-n1.html 2018年3月18日閲覧。 
  25. ^ 鈴木 智彦; 溝口 敦 (2019年1月16日). “自力で無罪を勝ち取った組長も?日本国憲法を熟読するヤクザの狙い” (日本語). NEWSポストセブン: pp. 4. https://www.news-postseven.com/archives/20190116_846073.html 
  26. ^ 植松安太郎『人間解放をめざして』創樹社、1977年、166頁。NCID BN07199775
  27. ^ 法務省司法法制部 (2019年7月31日). “新受刑者中暴力団加入者の国籍”. 政府統計の総合窓口. 総務省統計局. 2019年8月3日閲覧。
  28. ^ a b 警察庁. 平成元年 警察白書 (Report). 第1章 暴力団対策の現状と課題. http://www.npa.go.jp/hakusyo/h01/h010100.html 2016年3月12日閲覧。. 
  29. ^ 宮崎学 (2010年9月). “「暴力団排除」と言論規制”. PR誌ちくま. 筑摩書房. 2016年3月12日閲覧。
  30. ^ 「ビートたけし「暴力団との交際」すべて語った」『週刊文春』2011年9月29日号、文藝春秋、2011年。
  31. ^ 暴力団対策法”. 知っておこう暴力団対策. 暴力団追放兵庫県民センター. 2015年11月6日閲覧。
  32. ^ “山口組分裂、新組織の指定急ぐ方針 国家公安委員長”. 日本経済新聞. (2015年11月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14H8G_U5A011C1CR8000/ 2015年2月10日閲覧。 
  33. ^ 福岡県警察 (2018年1月). “HP >安全・安心な暮らし > 三大重点目標 > 暴力団の壊滅 >福岡県の暴力団員数について”. 2019年3月29日閲覧。
  34. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 財団法人 岩手県暴力団追放県民会議(現・岩手県暴力団追放推進センター) (2008年12月). “HP>暴力団情勢>指定暴力団の指定状況”. 2019年3月29日閲覧。
  35. ^ “神戸山口組の指定暴力団への指定、15日に官報公示”. 朝日新聞. (2016年4月13日). オリジナルの2016年4月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160413214935/http://www.asahi.com/articles/ASJ4F3QQKJ4FPIHB00F.html 2016年4月14日閲覧。 
  36. ^ “暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第三条の規定に基づき暴力団を指定する件(兵庫県公安委一一七)”, 官報 (国立印刷局) 本紙第6757号: 8, (2016年4月15日), https://kanpou.npb.go.jp/old/20160415/20160415h06757/20160415h067570001f.html 2016年4月16日閲覧。 
  37. ^ “暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第三条の規定に基づき暴力団を指定する件(兵庫県公安委八七)”, 官報 (国立印刷局) 本紙第7227号: 9, (2018年3月22日), https://kanpou.npb.go.jp/old/20180322/20180322h07227/20180322h072270000f.html 2018年3月22日閲覧。 
  38. ^ “暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第三条の規定に基づき暴力団を指定する件(茨城県公安委四三)”, 官報 (国立印刷局) 本紙第7251号: 6, (2018年4月25日), https://kanpou.npb.go.jp/old/20180425/20180425h07251/20180425h072510000f.html 2018年4月28日閲覧。 
  39. ^ “新たな指定、「特定暴力団2件」を発表 改正暴対法”. 佐賀新聞. (2012年1月6日). オリジナルの2013年6月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130611123112/http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2112925.article.html 
  40. ^ “改正暴対法、30日に施行 不当要求、直ちに逮捕”. 47NEWS. 共同通信. (2012年10月30日). オリジナルの2013年5月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130512224829/http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012102901001901.html 
  41. ^ “工藤会・道仁会・誠道会特定指定、さっそく封じ込め”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年12月27日). オリジナルの2012年12月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121230202917/http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20121227-OYS1T00935.htm 2012年12月27日閲覧。 
  42. ^ “特定抗争指定解除、道仁会と浪川睦会”. YOMIURI ONLINE. (2014年6月27日). オリジナルの2017年6月6日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/RGFYW 
  43. ^ “神戸山口組…15日に「指定暴力団」へ(兵庫県)”. NNNドットコム (鹿児島読売テレビ). (2016年4月13日). オリジナルの2016年4月13日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/zyKYz 2016年4月14日閲覧。 
  44. ^ a b 実話時報 2010年2月号
  45. ^ 実話時報 2009年2月号
  46. ^ a b c d e 実話時代 2010年8月号
  47. ^ 実話時代BULL 2009年2月号
  48. ^ 実話時代 2010年7月号
  49. ^ 実話時報 2007年1月号
  50. ^ 実話時報 2008年8月号
  51. ^ 月刊実話ドキュメント 2010年3月号
  52. ^ a b c 実話時報 2008年12月号
  53. ^ 実話時報 2009年10月号
  54. ^ 実話時報 2009年3月号
  55. ^ 実話時報 2009年6月号
  56. ^ a b 実話時報 2009年9月号
  57. ^ 実話時報 2010年3月号
  58. ^ a b c d e f 実話時報 2008年2月号
  59. ^ 暴力団の現状”. 静岡県暴力追放運動推進センター. 2007年2月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月29日閲覧。
  60. ^ a b 新制稲川会総覧
  61. ^ a b c d e 実話時代 2010年10月号
  62. ^ 実話時報2010年10月号
  63. ^ 月刊実話ドキュメント 2010年9月号
  64. ^ 実話時報 2007年7月号
  65. ^ 実話時報 2009年8月号
  66. ^ 実話時報 2009年11月号
  67. ^ 実話時報 2010年1月号
  68. ^ 見世物4号
  69. ^ 博徒名簿 - 兵庫県4”. 『任侠の史跡』. 2010年10月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月29日閲覧。[信頼性要検証]
  70. ^ 博徒名簿 - 兵庫県3”. 『任侠の史跡』. 2010年10月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月29日閲覧。[信頼性要検証]
  71. ^ 緒方健二 (2013年4月9日). “「準暴力団」とは何だ”. WEBRONZA. 2013年5月2日閲覧。
  72. ^ “元暴走族集団の摘発強化へ 「準暴力団」と規定”. 47NEWS. 共同通信. (2013年3月7日). オリジナルの2013年12月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131224092019/http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013030701000954.html 
  73. ^ 組織犯罪対策部 (2016年2月25日). “平成27年の暴力団情勢 (PDF)”. 警察庁. 2016年4月3日閲覧。
  74. ^ 大阪のアウトロー・半グレ集団が「準暴力団認定」された裏事情を探る”. 【RNO!】Real News On-line!【リア・ニュー!】 (2018年4月17日). 2018年12月12日閲覧。
  75. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年4月14日). “半グレを「準暴力団」認定 複数の不良グループ、大阪で初” (日本語). 産経ニュース. 2018年12月12日閲覧。


「暴力団」の続きの解説一覧

暴力団

出典:『Wiktionary』 (2011/05/29 04:51 UTC 版)

名詞

暴力 ぼうりょくだん

  1. 暴力使って私的目的達成ようとする反社会的集団

発音

ぼ↗ーりょく↘だん



暴力団と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「暴力団」の関連用語

暴力団のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



暴力団のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの暴力団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの暴力団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS